編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

楽天、環境省の「CO2排出量削減効果のある新たなラストワンマイル配送モデルの実証実験」に参加

楽天株式会社

From: PR TIMES

2020-02-05 10:00

- オートロック付マンションにおける置き場所指定配達「置き配」の実証実験を実施 -

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、環境省委託事業で実施する「CO2排出量削減効果のある新たなラストワンマイル配送モデルの実証実験」(以下「本実証実験」)に参加し、東急株式会社(以下「東急」)、Yper株式会社(以下「Yper」)および株式会社ビットキー(以下「ビットキー」)の協力のもと、2月5 日(水)から2月29日(土)の期間中、運営する配送サービス「Rakuten EXPRESS」において、オートロック付マンションに配送される荷物を対象に、住人の希望に応じて置き場所指定配達「置き配」を提供する実証実験を行います。



[画像: (リンク ») ]


 本実証実験では、オートロック付きマンションにおける「置き配」サービスの実現について検証します。東急の運営する神奈川県川崎市にあるオートロック付マンションの住民が、楽天の運営する対象サービス(注1)のお買い物において「置き配」サービスを選択すると、マンションの共用スペースにてYperの提供する簡易宅配ボックス「OKIPPA」で商品を受け取ることが可能です(注2)。配送においては、ビットキーの提供する集合玄関のオートロック向けスマートロック「bitlock GATE(ビットロック ゲート)」に対応する端末をマンションの共有エントランスに設置し、「Rakuten EXPRESS」のドライバーが商品を配達します。また、期間中、本実証実験の「置き配」サービスを利用し、荷物を受け取った住人を対象に、1回の利用につき「楽天スーパーポイント」200ポイントを付与します。

 楽天は、「楽天市場」における包括的な物流・配送サービスを構築する「ワンデリバリー」構想を掲げ、EC物流の健全化に取り組んでおり、これまでも、商品の配送・受け取り方法を多様化し、配送効率の改善を図ってまいりました。本取り組みを通じて、「置き配」の利用シーンの拡大を図り、より環境に配慮した、持続可能な配送サービスの実現を目指します。

 楽天は今後も、より健全で便利な物流・配送サービスを提供してまいります。

(注1)楽天グループで生活用品や日用品を取り扱う「Rakuten24」などの直販店舗、「楽天ブックス」、
    ファッション通販サイト「Rakuten Fashion」および家電ECサイト「楽天ビック」の商品と、
   「楽天市場」出店店舗を対象とする物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」で受託する一部の荷物。

(注2)配送は東急株式会社のホーム・コンビニエンスサービス「東急ベル」が担います。東急株式会社が
    提供する「東急ベル」は、「ベルキャスト」と呼ばれる専門スタッフが、東急グループ各社で
    ご購入いただいた商品を配送し、「家ナカ」での買い物や困りごとの解決を手伝うサービスです。


■「CO2排出量削減効果のある新たなラストワンマイル配送モデルの実証実験」概要
・参画企業: 楽天株式会社、東急株式会社、Yper株式会社、株式会社ビットキー
・実験期間: 2020年2月5 日(水)から2月29日(土)
・実験内容: 東急の運営する神奈川県川崎市にあるオートロック付マンションの住民が、楽天の運営する対象サービス(注1)のお買い物において「置き配」サービスを選択すると、マンションの共用スペースにてYperの提供する簡易宅配ボックス「OKIPPA」で商品を受け取ることが可能です(注2)。配送においては、ビットキーの提供する集合玄関のオートロック向けスマートロック「bitlock GATE(ビットロック ゲート)」に対応する端末をマンションの共有エントランスに設置し、「Rakuten EXPRESS」のドライバーが商品を配達します。また、期間中「置き配」サービスを利用し、荷物を受け取った住人を対象に、1回の利用につき「楽天スーパーポイント」200ポイントを付与します。

・対象商品: 楽天グループで生活用品や日用品を取り扱う「Rakuten24」などの直販店舗、「楽天ブックス」、ファッション通販サイト「Rakuten Fashion」および家電ECサイト「楽天ビック」の商品と、「楽天市場」出店店舗を対象とする物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」で受託する一部の荷物。


【「Rakuten EXPRESS」について】 (リンク »)
「Rakuten EXPRESS」は、楽天の運営する配送サービスです。楽天グループで生活用品や日用品を取り扱う「Rakuten24」などの直販店舗、「楽天ブックス」、ファッション通販サイト「Rakuten Fashion」、家電ECサイト「楽天ビック」の商品に加え、「楽天スーパーロジスティクス」で担う「楽天市場」の出店店舗の一部商品を対象に、34都道府県※で配送サービスを展開しています。再配達においては、24時までの時間指定に対応するほか、不在再配達を減らす取り組みとして、住宅敷地内への置き場所指定配達「置き配」にも対応しています。
※2020年1月時点

【「ワンデリバリー」構想について】  (リンク »)
楽天は、「ワンデリバリー」構想を掲げ、EC店舗向け総合物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」や配送サービス「Rakuten EXPRESS」などの自社物流機能の強化に取り組んでいます。物流・配送の効率化に取り組み、EC店舗に効率性の高い保管・出荷サービスを提供することで、安定したEC店舗運営に寄与します。また、「楽天市場」において、配送追跡情報の通知機能や置き配サービス、当日配送サービスなど、ユーザーにとって利便性の高い配送サービスを提供することで、より多くのお客様にご利用いただける魅力的なマーケットプレイスを実現してまいります。


以 上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]