編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

BLコミックレーベル「pirka⋆2(ピリカピリカ)」第一弾!ひかりTVブックでオリジナルコミックス3作品を配信スタート

株式会社NTTぷらら

From: PR TIMES

2020-02-14 13:00



株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:永田勝美)は、2019年11月に設立したBLコミックレーベル「pirka⋆2(ピリカピリカ)」より、第一弾となるオリジナルコミックスを発刊し、Webコミックスとして配信することを決定しました。

このたび発刊するのは、「先生(おれ)の気持ちを答えなさい」(ねじがなめた作)、「暴いて、愛して」(凡乃ヌイス作)、「Give and …?」(小鳥遊 育作)の3作品で、自社が運営する電子書籍サービス「ひかりTVブック」において、2020年2月14日(金)より限定配信します。なお、1話および2話は、無料(期間限定)でご覧いただけます。
[画像: (リンク ») ]

■作品概要

[表1: (リンク ») ]



■配信概要

[表2: (リンク ») ]



■作家について

【ねじがなめた】
[表3: (リンク ») ]


【凡乃ヌイス(ぼんのぬいす)】

[表4: (リンク ») ]


【小鳥遊 育(たかなし いく)】

[表5: (リンク ») ]



■配信開始記念!BL界で活躍する作家からのイラストと応援コメントも
第一弾の配信開始を記念して、BL界で活躍する作家 黒木えぬこ先生、ダヨオ先生、春田先生、みちのくアタミ先生、りーるー先生(※五十音順)より、イラストとお祝いのお言葉をいただきました。イラストは、pirka⋆2(ピリカピリカ)のレーベルのコンセプト「王道×Happy End」をテーマに、各作家が思い描く「私の“王道”カップル」が描かれています。詳細は「pirka⋆2(ピリカピリカ)」特設サイトをご覧ください。

■「pirka⋆2(ピリカピリカ)」について
良い・きれい・美しいなどの意味を持つアイヌ語“pirka”に由来し、「王道×Happy End」をテーマに、ドラマチックなストーリー展開にハラハラドキドキしつつも、最後には読者が幸せな気持ちに満たされて頂きたいという想いを込めたBLコミックレーベルです。詳しくは、特集サイト( (リンク ») )をご覧ください。

■「ひかりTVブック」について
スマートフォンやタブレット端末、パソコン、テレビ画面でお楽しみいただける電子書籍サービスです。「ひかりTVブック」は、カラーコミックや文芸、小説、写真集、絵本など幅広いジャンルの書籍約60万冊*を取り揃え、単品購入もしくは550円(税込)からの月額ポイントプランにご加入いただくことでご利用いただけます。詳しくは、ひかりTVブック( (リンク ») )をご覧ください。
*2020年1月1日現在

※本文に記載されている会社名、レーベル名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]