編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

2020年のバレンタインは「ホロライブ」所属VTuberと「あま~い」ひとときが過ごせる!?「ホロライブ バレンタインボイス」が2月14日(金)17時30分より販売!

カバー株式会社

From: PR TIMES

2020-02-14 18:25

カバー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:谷郷元昭)は、当社が運営する「ホロライブプロダクション」傘下の女性VTuberグループ「ホロライブ」において、「ホロライブ バレンタインボイス2020」を本日17時30分より販売することをお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]

人気沸騰中の「ホロライブ」所属VTuber27名のバレンタインボイスを、本日2020年2月14日(金)17時30分より販売開始いたします。購入特典として各VTuberのデジタルカードが付いてまいります。この機会に、バレンタインの思い出を「ホロライブ」VTuberと作りませんか?



「ホロライブ バレンタインボイス2020」 概要


「ホロライブ」所属Vruber27名による、バレンタインを題材にしたシチュエーションボイスセットです。

<販売チャンネル>
ホロライブプロダクションBOOTH (リンク »)

<商品仕様>
内  容:バレンタインのシチュエーションボイス
個別ボイス価格:2,000円
販売期間:2020年2月14日17:30 ~ 4月17日23:59まで

<購入特典>
「ホロライブ」所属Vtuberからの特製デジタルカード

<参加メンバー>
ときのそら、ロボ子さん、夜空メル、アキ・ローゼンタール、赤井はあと、白上フブキ、夏色まつり、紫咲シオン、百鬼あやめ、癒月ちょこ、大空スバル、AZKi、大神ミオ、さくらみこ、猫又おかゆ、戌神ころね、星街すいせい、兎田ぺこら、潤羽るしあ、不知火フレア、白銀ノエル、宝鐘マリン、桐生ココ、天音かなた、角巻わため、常闇トワ、姫森ルーナ


※バレンタインボイスは購入後、すぐに聞くことができます。
※湊あくあは諸事情のため、本ボイスには出演しておりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ホロライブプロダクションについて
[画像2: (リンク ») ]

「ホロライブプロダクション」は、弊社システムを活用して「YouTube」などで動画投稿やライブ配信を中心に活動する女性VTuberグループ「ホロライブ」、男性VTuberグループ「ホロスターズ」および音楽レーベル「イノナカミュージック」が所属するVTuber事務所です。ライブ配信での応援やTwitterでの交流ができる次世代のバーチャルタレントが所属する事務所であり、精巧な2D・3Dキャラクターモデルを使用した実況・配信を得意としています。
・ホロライブプロダクション公式Twitter: (リンク »)
・ホロライブ公式YouTube: (リンク »)
・ホロスターズ公式YouTube: (リンク »)


■ホロライブについて
[画像3: (リンク ») ]

「ホロライブ」は、弊社システムを活用して「YouTube」などで動画投稿やライブ配信を中心に活動する女性VTuberグループです。ライブ配信での応援やTwitterでの交流ができる次世代の二次元アイドルグループであり、精巧な2D・3Dキャラクターモデルを使用した実況・配信を得意としています。


■カバー株式会社について
[画像4: (リンク ») ]

カバー株式会社は、VR/ARのテクノロジーを活用して、 世界で通用する新しいバーチャルタレントの文化を生み出すことをビジョンとした、コンテンツ×テクノロジー領域のスタートアップです。
・所在地:東京都千代田区
・代表者:代表取締役社長CEO 谷郷 元昭
・コーポレートサイト: (リンク »)
・採用ページはこちら: (リンク »)


■本件に関するお問い合わせ
担当:谷郷(たにごう)/畠野(はたの)
メールアドレス:info@cover-corp.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]