編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

「F@IT Kids Club」が体験型イベント『Go SOZO Tokyo 2020 Spring presented by SAMSUNG SSD』プレゼン発表会に出場

株式会社富士通ラーニングメディア

From: PR TIMES

2020-02-25 15:45

~子どもの発想で実現したプログラミング作品で受賞~



[画像1: (リンク ») ]

 総合人材育成企業株式会社富士通ラーニングメディア(代表取締役社長:青山昌裕 本社:東京都港区)が運営する、子ども向けプログラミングスクール「F@IT Kids Club(ファイトキッズクラブ)」の受講生2名が、2020年2月11日(火・祝)に開催された、子どもの興味と未来の可能性が広がる体験型エデュテイメントイベント「Go SOZO Tokyo 2020 Spring presented by SAMSUNG SSD(以下Go SOZO)」のプレゼン発表に出場し、SUMSUNG SSD賞を受賞しました。

 Go SOZOは、子どもたちの興味と未来の可能性を広げるリアルな体験ができるイベントで、子どもの多様な興味に応えるワークショップ、アクティビティーが30種類以上を体験できる、巨大エデュテイメントイベントです。2019年9月に開催した第1回目の好評を受け、第2回目であるGo SOZOは、池袋サンシャインシティにて2020年2月11日(火・祝)に開催されました。
 F@IT Kids Clubは、F@IT Kids Club品川校で行った発表会で優勝した人に、さらに高みを目指す場とスクールにとどまらず高みを目指す人と交流する場を提供したいという思いから、Go SOZOの中で実施された、子ども自身が想像したものを作品発表するプレゼン発表会に出場いたしました。プレゼン発表会には各プログラミングスクールで学んでいる厳選された9名が参加し、プレゼンテーションとプログラムの紹介やデモンストレーションを4分間で行い、自作のプログラミングを競い合いました。また、現在IT企業や宇宙事業などで活躍する審査員がプレゼンのテクニックや作品制作に至る着眼点、プログラミングの高度さなど様々な視点から作品を評価し、優秀な作品には審査員賞やSUMSUNG SSD賞など4つの賞が送られました。
 F@IT Kids Clubからは小学1年生の馬 咲希さんと小学3年生の山口 真知さんの2名が出場しました。馬さんはマウスのドラッグ操作で絵を描ける「自由お絵かきマシーン」を、山口さんは猫が冒険する「ネコの冒険」を制作しました。使用者の目線に立ったプログラムや、プログラミングや絵を描くことへの想いが伝わるプレゼンテーションが評価され、馬さんはSUMSUNG SSD賞を受賞しました。

 今後もF@IT Kids Clubは、多くの子どもたちにプログラミングに触れ合える場を提供することで、プログラミングの楽しさを伝えるだけでなく、社会で役に立つプログラミングを身につけられるような活動に取り組んでまいります。

【Go SOZOプレゼン発表会 作品概要】
■自由お絵かきマシーン

[画像2: (リンク ») ]

出場者:馬 咲希(マ サキ)さん
学年 :小学校1年生
コース:スクラッチ ビギナーコース
プログラミング歴:1年

作品詳細:
マウスを使って自由に絵をかけるプログラミング。
「紙よりも何度も、自由に楽しく描ける」ことに注力し、「マウスのドラッグ操作で描ける」「ゴミ箱マークを押したら絵が消える」「数字のキーによりペンの色が変わる」など、描くことをどのように自動化するか意識したプログラミングを作成しました。またプレゼンテーションでは、ポイントを3つに絞って整理しながら説明し、さらにジェスチャーをつけながら、プログラミングと絵を描くことへの想いを力強く伝えました。

審査員からのコメント:
「色を変えたり、描いた絵を消したり、お絵かき中の苦労した点を使用者目線で作られていた」
「プログラミングや絵をかくことが好きということが伝わってくる素晴らしいプレゼンテーションだった」

■ネコの冒険

[画像3: (リンク ») ]

出場者:山口 真知(ヤマグチ マサト)さん
学年 :小学校3年生
コース:スクラッチ ビギナーコース
プログラミング歴:3年

作品詳細:
主人公のネコが途中で武器を手に入れながら、魔王を倒すために冒険をするゲーム。
シューティングゲームとアスレチックを組み合わせたゲームがあれば面白いと思い、作成をしました。ただゲームをクリアしていくだけでなく、魔法の杖を手に入れたり、隠れコマンドを探したりなどのストーリー展開があり、複数の登場人物の膨大な量のプログラムを行っています。また、滑らかな動作を表現したり、敵と主人公のHPを表示したりするためにをするために、変数などの高度なプログラミング技術を駆使しました。

審査員からのコメント:
「ゲームのクオリティが高く細部の動きまでよく練られている。すでにゲームとして成立している。小学校3年生ででこんなゲームが作れるなんて驚いた。」

【Go SOZO Tokyo 2020 Spring presented by SAMSUNG SSD 概要】
■日時:2020年2月11日(火・祝) 10:00~17:00
■会場:池袋サンシャインシティ 展示ホールA1
■住所:東京都豊島区東池袋3-1-1
■主催:Go Visions株式会社

【F@IT Kids Clubとは】
人材育成・研修サービス企業である富士通グループの富士通ラーニングメディアのエンジニア・講師が立ち上げた子ども向けプログラミング教室です。プログラミングスキルだけではなく、「社会や仕事との繋がりを考えた指導」「伝えるプレゼンテーション力の育成」「情報リテラシーの指導」といったビジネススキルを学ぶことができます。IT業界の豊富な知見と人材育成実績を持つ厳選されたスタッフが、初めてプログラミングを習う子どもにも楽しくわかりやすくレクチャーを行い、デジタルを駆使し「21世紀型能力」を養う人材の育成を目指しています。
■コース:-スクラッチプログラミングコース(エレメンタリー・ビギナー・エキスパート)
     -ロボットプログラミングコース(ビギナー・エキスパート)
     -テキストプログラミングコース(Python)
■教室数:全国40校
■直営校:品川校(品川ラーニングセンター)
※無料体験会実施中  (リンク »)
■URL : (リンク »)

【富士通ラーニングメディア】
■企業名:株式会社富士通ラーニングメディア
■設立 :1977年6月30日
■代表 :青山 昌裕(あおやま まさひろ)
■売上高:109億円(連結:2018年度)
■所在地:東京都港区港南2-13-34 NSS-IIビル
■従業員数:435名(2019年3月末現在)
■事業内容:・人材育成・研修サービス
       -人材育成コンサルティング
       -学習管理サービス「KnowledgeC@fe」
       -講習会/サテライト講習会/e講義動画/eラーニング
       -eラーニングコンテンツ受託開発/ドキュメント制作・活用/
      ・Webサイト制作・運用サービス
       -個人のお客様向けパソコン教室(富士通オープンカレッジ)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社富士通ラーニングメディアの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]