編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

東京・大阪圏で増えるハイパースケールDCと新設が相次ぐ地方の電力系DCそれぞれの戦略を分析『データセンター調査報告書2020』 3月6日発行

株式会社インプレスホールディングス

From: PR TIMES

2020-02-27 12:35

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、新産業調査レポート『データセンター調査報告書2020[東京・大阪圏で増えるハイパースケールDCと新設が相次ぐ電力系DCそれぞれの戦略]』( (リンク ») )を2020年3月6日(金)より発売いたします。



本書は、インプレスの専門メディア『クラウド&データセンター完全ガイド』による監修のもと、データセンターの市場動向、サービス動向、テクノロジー動向、データセンター事業者の意向、ユーザー企業の利用動向などをまとめた調査報告書です。2007年に第1回目のレポートを発行し、今年で13回目を迎えました。

近年のデータセンターを取り巻く状況には、クラウド利用が拡大することによる既存データセンターの縮小・撤退と、そのクラウドを下から支えるハイパースケールデータセンター新設が2つの大きな流れです。新設のデータセンターが大規模化していった結果、建設費はすでに中小のデータセンター事業者では賄いきれないほど高額となっています。そのため、電力系含めた通信キャリアやREIT(不動産投資信託)系など経営体力がある事業者でないと新設しづらい状況になりつつあります。いま現在もGAFAをはじめとする世界大手クラウド向けと目される超大規模な建設が、東京・大阪近郊で相次いでいます。

一方、地方の中核都市では、電力系データセンター事業者によって従来型のハウジングデータセンターが新設されています。そうしたデータセンターは、地元の中小事業者にとっては脅威に映る半面、老朽化した中小事業者の自社データセンターを刷新・新設するか、それら最新データセンターの一角をDC in DCするか、方針転換を含めて検討する時期を迎えています。

このような中、本書では近年の国内データセンター新設トレンド、クラウド利用の伸び、地域ごとの動向などを分析し、次にデータセンターが新設される地域を把握してDC in DC採用の判断材料とするため、新設における各種条件と具体的地域も併せて紹介しています。また、データセンターカオスマップ(業界マップ)、国内の全商用データセンター日本地図・地域別地図も収録しています。データセンター事業者の次の一手を考える上での最良の材料を提供しています。

また、不動産投資先として魅力が増している日本のデータセンターについて、建設資金の具体的な調達手法や海外REIT市場状況なども含めて、昨年に引き続き専門家が解説しています。

その他、データセンター事業者を対象とした現状・意向調査、ITインフラユーザー企業における現状・意向調査という、提供側と需要側両面のアンケート調査結果を掲載しています。加えて、「データセンターサービス分析」では、国内で提供されているデータセンターサービス市場についてスペックや価格を多角的に分析しています。

巻末付録として、市町村別の国内全商用データセンター一覧(1000件弱)と国内商用データセンターサービス一覧(183事業者)を掲載しています。

本書は、2000年の初回発行以来、クラウド&データセンター完全ガイドが蓄積してきた資料・データや知見をもとに、過去から現在に至るデータセンター市場・産業の変遷から将来に向けた動向予測までを網羅しています。データセンター事業者がデータセンター新設・営業戦略を立案する上で有用なデータと分析を提供します。


[新設データセンターに関する注目の調査結果]

本書では、国内の全商用データセンターの立地状況を一覧表、及び地図にマッピングして整理しています。近年の新設データセンターに加え、1000件弱の全商用データセンターを7地域、及び主要10都市に分けて字名・地番レベルで地図上にマッピング。大都市近郊型ハイパースケールデータセンターの建設状況や地方のデータセンターの存在感が増加している状況などが把握できます。


[画像1: (リンク ») ]

出典:「白地図」(国土地理院) をもとにインプレスデータを用いて作成
【図表1 2019年新設、及び2020年以降に新設予定のデータセンター立地状況】

[画像2: (リンク ») ]

【図表2 関東地方の全データセンター立地状況(建設中含む)】

日本国内に存在する全商用データセンターについて、平均のラック規模を開設年次でまとめると(図表3)、2017年以降に開設・開設予定のデータセンターが大規模化している状況が読み取れます。

[画像3: (リンク ») ]

※ラック規模が不明なものはサーバールームなどの面積からモデル化して算出している。
※2020年以降は開設予定と発表されているもののみであり、予測値である。
【図表3. 開設年次別 国内データセンター平均ラック規模】


また、データセンターについて、構成パーツを製造・提供するメーカー、建設・施工・管理業者のほか大口提供のデータセンター事業者を一覧で紹介しています。データセンターは特殊な機器・機材・部材が必要で、それらを提供しているメーカーも積極的に取り上げています。メーカー名を知ることで、それらのパーツについても理解が深まり、より的確にデータセンターを理解できるようになります。

[画像4: (リンク ») ]

※:商標権侵害のおそれがあるため企業ロゴを用いず、企業名をテキストで表現しています。また、法人格は省略、企業によっては正式名称ではなく略称を用いています。
出典:インプレス作成
【図表4. データセンターカオスマップ】


[データセンター事業者における現状・意向調査 注目の調査結果]
大手クラウドサービスとの専用接続サービス(複数回答)を見ると、「AWS Direct Connect」が44%と最も高く、「Microsoft Azure ExpressRoute」が19%と続きます。両サービスとも昨年、一昨年より増加しており、大手クラウドサービスとの専用接続を提供するデータセンター事業者が増加傾向となっています。
[画像5: (リンク ») ]

【図表5. 提供している大手クラウドサービスとの専用接続サービス(複数回答)】


<<調査概要>>
■データセンター事業に関する現状・意向調査


[表1: (リンク ») ]



■ITインフラのユーザー企業への現状・意向調査


[表2: (リンク ») ]



<<調査報告書の製品形態、および販売に関するご案内>>
■調査報告書の製品形態、および販売に関するご案内
書名 :データセンター調査報告書2020
[東京・大阪圏で増えるハイパースケールDCと新設が相次ぐ電力系DCそれぞれの戦略を分析]
監修  :クラウド&データセンター完全ガイド
編 :インプレス総合研究所
発行所 :株式会社インプレス
発売日 :2020年3月6日(金)<予約受付中>
価格 :CD(PDF)版 160,000円(税別)
CD(PDF)+冊子版 170,000円(税別)
判型 :A4判
ページ数:328ページ
ISBN :CD(PDF)+冊子版 978-4-295-00865-1
詳細、ご予約は右よりご覧ください。 (リンク »)

以上

【株式会社インプレス】 (リンク »)
シリーズ累計7,500万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 (リンク »)
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「旅・鉄道」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インプレスホールディングスの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]