編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

TellusのUI/UXを改善し、新たにマーケット機能も追加 衛星データプラットフォーム「Tellus」がVer.2.0を提供開始

さくらインターネット株式会社

From: PR TIMES

2020-02-27 15:15

~開発・利用促進を行う「xData Alliance」に5社が新規加入~

 インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)は、当社が経済産業省事業として運用している、クラウド上で衛星データの分析ができる日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」のVer.2.0を2020年2月27日(木)より提供開始します。



 Tellus Ver.2.0では、Tellus公式サイトのデザイン・コンテンツの刷新、Tellusの操作環境であるTellus OSのUI/UXについて、衛星データや地上データをより分析しやすいように改善しました。
[画像1: (リンク ») ]

 また、衛星・地上等で取得できるデータ、解析用のアルゴリズム、Tellus上のデータもしくはアルゴリズムを利用して制作したアプリケーションを安全にお取引いただけるサービス「Tellus マーケット」をリリースいたします。




Tellus Ver.2.0のアップデート内容


■Tellus OSのUI/UXを改善
 Tellus OSは衛星データを手軽に見たい、開発環境で使用するデータを探したいカスタマがデータを閲覧し、操作することができる環境です。
[画像2: (リンク ») ]

 今回、直感的に操作できるようにするためのデザインのリニューアルと同時に、興味がある場所・時刻を基準にしてデータを検索することができるように機能を改善しました。後述するTellusマーケットで購入したアドインも連携し、より簡易にデータを分析できるようになりました。


■Tellusマーケットを追加
 Tellusマーケットは、プロバイダの様々なツール(衛星・地上等で取得できるデータ、解析用のアルゴリズム、Tellus上のデータもしくはアルゴリズムを利用して制作したアプリケーション)を広く一般の法人や個人が安全にお取引いただけるサービスです。
[画像3: (リンク ») ]

 様々なツールをECサイトのようなUIで検索し、購入することができます。マーケットで購入したものはTellusの開発環境やTellus操作環境(Tellus OS)で利用することができるようになります。


■2月27日時点で参加するプロバイダ
 2月27日時点のTellusマーケット上で見られるデータは以下の2社のデータとなります。

〇一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)
 以下のデータをOSで表示することができるようになります。
・地表面変位計測サービス RISE(RESTEC Interferometry SErvice)

〇株式会社島津ビジネスシステムズ
 以下のデータAPIを利用できるようになります。
・降水予測
・降水観測情報
・雷観測情報


■3月以降に参加するプロバイダ
 今後Tellusマーケット上に追加される予定のデータは以下となります。
〇株式会社ドコモ・インサイトマーケティング
・人口統計データ「モバイル空間統計(R)」
※サンプルは既にTellusで公開済みとなっています。


■新規アライアンスの加入
 Tellusの開発・利用促進を行うアライアンス「xData Alliance(クロスデータアライアンス)」に、2019年8月以降5社が新たに加入しました。
[画像4: (リンク ») ]

 xData Allianceは、Tellusの開発への貢献と利用促進を目的として2018年7月31日に発足し、現在、宇宙産業関連企業を含めた29の事業者・研究機関・団体が加入しています。

■xData Allianceについて
 「xData Alliance」は、「Tellus」の開発への貢献と利用促進を目的として組成しました。リーダーには東京大学空間情報科学研究センター教授の柴崎亮介氏が就任し、宇宙産業関連企業を含めた事業者・研究機関・団体で開始します。

 各メンバーは、現在行っている事業の知見を生かし、主にカスタマの視点からの提言(プラットフォームの使いやすさ向上のための提言など)を通じて、「Tellus」の開発に貢献します。

 利用促進においては、全国各地でデータサイエンティストを対象としたセミナーやコンテストの開催、衛星データと組み合せるさまざまな地上空間情報の収集、ウェブでの情報提供などを実施予定です。
[画像5: (リンク ») ]




参考情報


【衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」について】
 Tellusは、さくらインターネットが経済産業省の「政府衛星データのオープンアンドフリー化・データ利活用促進事業」として、開発・運用に取り組んでいる衛星データプラットフォームです。衛星データや衛星データを扱うさまざまなツールの提供、アプリケーションなどの開発環境、衛星データ活用のためのトレーニングおよび衛星データコンテストなどの教育コンテンツ、そして衛星データを活用するためのドキュメントを提供するオウンドメディアといった機能を有し、無料※1で提供しています。また、Tellusには衛星データに加え、気象、人流などの地上データを順次搭載しています。
 本プラットフォームの名称は、宇宙から得られる地上のデータにより豊かな未来を作り出したいという意を込め、大地の女神「Tellus(テルース)」から取っています。

・Tellusウェブサイト  (リンク »)
[画像6: (リンク ») ]



※1 分析のためのクラウドなどのコンピューティングリソースは原則無料となりますが、上限があります。また民間企業が提供する商業衛星データなどを購入し、Tellus上で利用できる機能も今後整備する予定です。※プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。その後、予告せず変更となる場合があります。


【宙畑での紹介について】
・【Tellus Ver.2.0がリリース!】サイトのリニューアルやOSのUI改善、オープンする「マーケット」とは?(宙畑)
(リンク »)


■さくらインターネット株式会社について
本 社:大阪府大阪市北区大深町4番 20 号
設 立:1996年12月23日
従業員:502名
資本金:22億5,692万円
売上高:195億146万円(2019年3月期連結)
URL : (リンク »)


■Tellus利用に関する一般の方からのお問い合わせ先
E-mail:info@tellusxdp.com


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]