編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

米国 OpsRamp と JBS、日本における IT インフラのモダナイゼーション促進に向けて提携、JBS は企業向けの OpsRamp ライセンス販売を開始

日本ビジネスシステムズ株式会社

From: PR TIMES

2020-02-28 10:55

物理・仮想・クラウドが複雑に絡み合った IT 環境を運用する今日の大企業向けに、SaaS 型 IT 運用管理プラットフォームを提供する OpsRamp(米国、カリフォルニアサンノゼ / 読み方「オプスランプ」)は、日本のクラウドインテグレーターである日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田幸弘 以下、JBS)と新たにパートナー契約を締結したことを発表します。OpsRamp は昨今モルガンスタンレーや HPE、欧州におけるリーダー企業といった新たな投資拡大により、グローバルでの実績を伸ばしています。



[画像1: (リンク ») ]


従来からの様々な管理ツールの利用によって、企業の IT インフラ環境は複雑化の一途を辿っています。今日の大企業は、インフラ環境を統合、一元管理し、IT リソース、サービスの健全性を可視化する方法と、インシデント対応を含めた効率化のために、AIOps(※)のコンセプト/技術を用いる運用方法を模索しています。これこそが企業にシンプル化と変革をもたらす OpsRamp プラットフォームの存在意義です。

※AIOps
Artificial intelligence for IT Operations。AI による IT 運用を指す。機械学習(ML)とデータサイエンスを IT オペレーションの問題に応用する技術。

[画像2: (リンク ») ]


日本に本社を構え、日本国内とグローバル顧客にサービスを展開する JBS は、Microsoft Azure などに代表されるクラウドの台頭と、ハイブリッドやマルチクラウド環境下における監視、運用、自動化といった市場ニーズの高まりに向け、戦略策定からコンサルティングなど、多岐にわたるサービスとソリューション提供を強化しています。今回のパートナー契約により、JBS のマネージドサービス基盤としての OpsRamp のみならず、企業に対して OpsRamp のライセンス販売が可能となりました。

この度の提携に際し、OpsRamp の Chief Revenue Officer である Mike Munoz は以下のように語っています。

JBS とのパートナー関係を、より一層深められることを嬉しく思います。 JBS は 7年連続で マイクロソフトのジャパン パートナー オブ ザ イヤーを勝ち取ってきたパートナーであり、日本を代表する大企業のデジタルトランスフォーメーションを支援してきた実績を持ちます。ハイブリッド、マルチクラウド環境における、検知と監視、運用、自動化といった機能を持つ OpsRamp のプラットフォームにより、JBS はお客様に向けて、AIOps による統合管理プラットフォームを提供できるようになりました。この新しいパートナーシップこそが、OpsRamp が世界の壁を越えて提供する、相互利益をもたらす協調関係の証です。

また、JBS の常務執行役員 三浦 剛志は以下のように語っています。

大企業の多くは、クラウド戦略の遂行のために、5社かそれ以上のクラウドプロバイダーを利用しているといった調査結果があります。日本では、インフラをサービスとして利用する企業の増加に伴い、これまでのレガシーな環境からモダナイズされた新たな環境への変革の動きが加速してきています。我々は OpsRamp とのパートナーシップにより、彼らとともに企業におけるモダンインフラ運用の課題を減らす支援ができることを嬉しく思っています。

SaaS 型 IT 運用管理プラットフォーム OpsRamp
(リンク »)

【OpsRamp について】
OpsRamp は複雑化するモダンなデジタルインフラストラクチャの管理を容易にします。OpsRamp のクラウドプラットフォームは、ハイブリッド環境を可視化し、監視、管理と自動化を行うことで、企業における IT 運用をシンプルに、そして最新にします。

OpsRamp のパートナープログラムについて、詳しくはこちらよりご覧ください。
(リンク »)

Follow OpsRamp on Twitter: (リンク »)
Find OpsRamp on LinkedIn: (リンク »)
Bookmark Our Blog: (リンク »)
Visit the OpsRamp Newsroom: (リンク »)

【日本ビジネスシステムズ株式会社(JBS)について】
■ 会社概要
代表者:代表取締役社長 牧田 幸弘 
設立:1990年10月4日 
社員数:2,250名(2019年10月時点) 
URL: (リンク »)  

■ 事業概要:  
JBS は豊富な経験と高い専門性を持つマイクロソフトパートナーとして、お客さまのデジタルトランスフォーメーションの実現を支援します。

マイクロソフトコーポレーションが選出し、マイクロソフトにおける 2018年度に日本で 1社に与えられる「2018 Microsoft Country Partner of the Year」受賞
日本マイクロソフトが選出する「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー」を 2013年より連続受賞(2019年は Co-Sell アワードカテゴリ)
マイクロソフト Gold コンピテンシー 19カテゴリ保有


※記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
※本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本ビジネスシステムズ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]