編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

日本初の分散型金融(DeFi)ハッカソンをHashHubが4月末に開催、DeFiレポートも無料公開

株式会社HashHub

From: PR TIMES

2020-02-28 16:25

ブロックチェーンのコンサルティングやスタジオ運営を行う株式会社HashHub(代表取締役:平野淳也、本社:東京都文京区、以下HashHub)は、分散型金融の教育を目的としたコミュニティやさしいDeFiと共催で、日本初の分散型金融(DeFi)をテーマにしたハッカソンを4月25~26日にわたりHashHubにて開催致します。



[画像1: (リンク ») ]


DeFiとはDecentralized Finance(分散型金融)の略称であり、ブロックチェーン上で作られた金融インフラやサービスのことを指します。DeFiは、昨年ブロックチェーン業界で大きなトレンドになりましたが、日本国内においては、まだまだ開発者も利用者も活発とは言えません。

今回、日本のブロックチェーンコミュニティでのDeFiの利用や開発を促進することを目標に、HashHubとやさしいDeFiが共催でハッカソンを開催する運びとなりました。

ハッカソンでは、参加者は二日間にわたりブロックチェーンを使った金融アプリケーションの開発に挑戦して頂きます。
DeFiの基礎について学べるプレイベントやハッカソン期間中にDeFiのサービスやプロトコルを提供している代表的な海外のプロジェクトによるセミナーなども予定しています。
また、DeFiに詳しくブロックチェーン技術にも長けたエンジニアの方にメンターとして参加していただくので、DeFiについて詳しくないという方でも参加していただけるイベントとなっています。

さらに今回、特別にDeFiについて広く知っていただくためにHashHubの子会社d10n LabよりDeFiに関するレポートを無料公開することに致しました。

・レポート:2020年のDeFi(分散型金融)の10のトレンド予測
  (リンク »)
・レポート:使えるDeFiサービスとクリプト×カード決済サービスのまとめ
  (リンク »)

なおこちらのハッカソンは、グローバルでDeFiを代表するプロジェクトであるKyber NetworkとMakerDAOと0xより後援をしていただいております。

■イベント概要
イベント名:DeFi Hackathon
サイトURL: (リンク »)
全体日程:2020年4月25日(土)~ 4月26日(日)
開催会場:株式会社HashHub 東京都文京区本郷3-38-1 本郷信徳ビル7F
参加費:無料
賞金総額:20万円
応募条件:DeFi(分散型金融)やブロックチェーンのアプリの開発に興味があればどなたでも参加していただけます。
応募方法:こちらのフォームよりご応募頂けます。( (リンク ») )
主催:HashHub、やさしいDeFi
後援:KyberNetwork、MakerDAO、0x

■コロナウイルスの影響に伴うイベントの措置について
DeFiハッカソン運営組織としては、コロナウイルスの流行状況については事態を重く受けとめております。 現時点では、開催を予定している4月25,26日の時点での国内の状況が読めないため、1ヶ月前の3月末にイベントの暫定方針をご案内することと致します。日本政府の基本方針ならびに国内の感染状況を鑑みつつ、真摯に対応をしていきたいと思います。

■お問合せ
本ハッカソンのメディア、スポンサー、参加に関してご不明な点または質問がある場合は、以下の連絡先にご連絡ください。
defi.hackathon@gmail.com

■スポンサー企業

[画像2: (リンク ») ]


・Kyber Network
Kyber Networkは幅広く流動性プロバイダを集約し、ユーザーへ常にベストレートを提供するオンチェーン流動性プロトコルです。Kyberを統合する分散型アプリケーションに、シームレスなトークン交換機能を提供します。
(リンク »)

Kyber Networkからのコメント
「Kyber Networkが、日本で初めてのDeFiハッカソンのスポンサーとして参加できることを大変嬉しく思っています。分散型金融(DeFi)の急速な発展は、新たな金融オプションの可能性を拓くとともに、問題解決や新たなチャレンジに挑む開発者の方々の参加を切実に求めています。
日本で活躍する皆様が、DeFiの可能性や課題を議論するだけでなく、実際にプロダクト制作に取り組む今回のハッカソンは、世界中のDeFiコミュニティが待ちわびたイベントです。このハッカソンが日本におけるDeFiの認知拡大のきっかけとなり、皆様の今後のキャリアに貴重な経験となることを祈っています。」

[画像3: (リンク ») ]


・MakerDAO
Daiは米ドルにソフトペッグされた分散型で不偏な担保付き暗号通貨です。 Daiは誰にでも、どんな場所にいても、経済的な自由と機会を与えてくれます。Maker Protocolは、「Maker Governance」によって承認された担保資産を活用して、Daiを生成できます。 Maker Governanceは、Maker Protocolのさまざまな側面を管理するコミュニティが組織および運営するプロセスです。
(リンク »)

MakerDAOからのコメント
「MakerDAOは今回、ハッカソンを後援することを嬉しく思っています。 新しいアイデアや素晴らしいプロダクトが作られるのを楽しみにしています!」

[画像4: (リンク ») ]


・0x
0x はコミュニティによって運営されるプロトコルです。 P2Pの取引所のインフラシステムとベストな価格でトークンを交換することができる集約的な流動性を提供します。
(リンク »)

0xからのコメント
「0x は日本初のDeFiハッカソンに後援することを嬉しく思います。 DeFiの流動性にアクセスするためのコア開発システムとして、参加者がクリエイティブで新しいオープンファイナンスのプロダクトを開発するの楽しみにしています。」

■株式会社HashHubについて
ブロックチェーン総合企業として2018年4月に設立。自社プロダクト開発、ブロックチェーン業界リサーチレポート提供、主に国内企業をクライアントにしたブロックチェーン関連の開発支援などを行っています。また東京都、本郷を拠点に国内外の暗号通貨・ブロックチェーンのスタートアップ・開発者が集うコワーキングスペースを運営。ブロックチェーンサービスが生まれる環境を整え、日本と海外、また他業界をつなぐハブになることを目指し事業を展開しています。
【会社概要】
社名:株式会社HashHub
所在地:東京都文京区本郷3–38–1 本郷信徳ビル7階
URL: (リンク »)

■やさしいDeFiについて
DeFi Japanのコミュニティ活動の一環としてミートアップ 『やさしいDeFi』 を毎月開催しています。これにより、DeFiに興味がある方に分散型金融の学びと最新情報を提供し、さらにコミュニティ間で継続的に情報交換ができる場所を作り出すことを狙いとしています。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]