編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

OMO時代の店舗デジタルシフトを支援するワンストップソリューション『ストアデジタルDB』~2020年6月より提供開始~

株式会社エスキュービズム

From: PR TIMES

2020-03-05 15:45

株式会社エスキュービズム(本社:東京都港区、代表取締役:薮崎 敬祐)は、店舗のデジタルシフトをワンストップで推進するソリューション『ストアデジタルDB』を2020年6月より提供開始することを発表いたします。
店舗とネットをはじめとするあらゆる顧客接点を1DBでシームレスにつなぎ、OMO時代の店舗に必要な「データ活用」環境を整える『ストアデジタルDB』は、店舗のあらゆる情報をデータ化し、ECサイトなどのオンラインデータと統合することで全ての情報を多方面でスマートに活用することを可能にします。
既に大手紳士服メーカー様での導入が決定しており、多店舗での運用にも対応できるソリューションとなっております。提供開始に先駆けて、現在製品サイトより商談事前申込を受け付けております。



[画像1: (リンク ») ]

■『ストアデジタルDB』の特徴
1.1DBで店舗とECをシームレスに連携
[画像2: (リンク ») ]


店舗やWEBをはじめとする、お客様が触れる多様な接点の情報を取得し、会員、売上、在庫などの様々な情報を一つのデータベースに保管し連携します。

2.店舗のデジタルシフトをサポート
[画像3: (リンク ») ]


店舗内の様々なデバイスと通信し、店舗に関するあらゆる情報をデジタル化。データを生かして次世代の店舗運営を実現します。

■『ストアデジタルDB』 製品概要
ストアデジタルDBは、様々なデバイスやアプリケーションと連携し、店舗とECサイトをつなげるハブとなりOMO環境を構築するデータベースを主軸としたプロダクトです。

商品情報、会員情報、在庫情報など、様々な情報をあらゆるデバイスからデータベースへ集約し一元管理します。データベースと連携した接客アプリ・POSレジ・決済端末・各種センサー・ECサイトなどのデバイスやアプリケーションを通じて、いつでも、どこからでもデータを参照・出力することができます。


[画像4: (リンク ») ]


■『ストアデジタルDB』 活用例(一部)
ストアデジタルDBで様々なデジタル店舗施策が実現可能です。

・対面接客サポート
スタッフのタブレット端末から、店舗/ECサイトを問わず購入履歴やお気に入り登録の確認ができ、履歴情報から推測されるレコメンド商品や接客トークスクリプト案を表示。

・デジタル試着室
試着室に持ち込んだ商品のタグをセンサーで読み込み、個室に設置したスクリーンに利用シチュエーションのイメージ映像を表示。


■『ストアデジタルDB』 製品サイト
URL  (リンク »)

【会社概要】
社 名 :株式会社エスキュービズム
代表者 :代表取締役 薮崎 敬祐
所在地 :東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル A館 4階
設 立 :2006年5月
資本金 :97,375 千円
事業内容:システムインテグレーション、EC・POSなどのソフトウェア販売、新規サービス開発、IoT 製品の開発及び販売 等

<営業に関するお問い合わせ>
株式会社エスキュービズム Sales & Consulting本部 担当:梅木
TEL:03-6432-0346 / Mail:sales.marke@s-cubism.jp




プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エスキュービズムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]