編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

アルクの英語学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』から誕生した電子書籍シリーズEJアーカイブス」第9弾、『英語でフリートークを極める』を3月9日発売

株式会社アルク

From: PR TIMES

2020-03-09 13:15

フリートークの力が身に付く、質問「100本ノック」に挑戦

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:田中 伸明、以下アルク)より、「EJアーカイブス」第9弾として、『英語でフリートークを極める』発売のご案内を申し上げます。



[画像: (リンク ») ]

「英語を学び、英語で学ぶ」アルクの学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』(以下EJ)から2019年に誕生した電子書籍「EJアーカイブス」シリーズ。EJの過去の特集などを再編集し、手軽に読みやすい電子書籍お届けしています。これまで8冊を刊行してきたこのシリーズに、新たな1冊が加わりました。

『英語でフリートークを極める』辰巳友昭 著
英語のフリートークで、相手の発言にうまく反応できず、一瞬、言葉に詰まった経験のある人は多いはず。そんなとき、気まずい沈黙を生むことなく、会話を続けていけるようになるには、相手を想定した「話す練習」を繰り返し行い、「表現の型」を自分の中に定着させておくことが不可欠です。一人でできる効果的なトレーニングを、コミュニケーションのコツや使える表現と併せて紹介します。

【著者プロフィール】
辰巳友昭(たつみともあき):
桐朋中学校・高等学校教諭。上智大学外国語学部英語学科卒業。アメリカ、ジョージタウン大学大学院で英語教授法の修士号を取得。以降、教壇に立つ中で、第二言語習得と中高英語教育の接点を模索している。スタディサプリEnglish(リクルート)初級講師。『ENGLISH JOURNAL』のQuick Chat の「お役立ち表現」「役割練習」の執筆も担当。

【対象レベル】英語全レベル

発売日:2020年3月9日(月)
価格:300円(税別)
購入可能場所:Amazon.co.jp
(リンク »)

※本書は英語学習雑誌『ENGLISH JOURNAL』2017年10月号に掲載された記事を再構成し、電子書籍としてまとめたものです。
※本書の学習で使用する音声(MP3)は、すべてアルクのウェブサイトより無料でダウンロードできます。
お持ちのPCの音声プレーヤーや、スマホに同期して再生、もしくはスマホアプリ「語学のオトモALCO(アルコ)」(無料)から直接ダウンロードして、再生いただくこともできます。
なお、本電子書籍のビューワー上で音声再生はできません。商品ご購入前に、ご利用の端末でのアプリ「語学のオトモ ALCO」インストールの可否を、ストア(App Store/Google Playストア)でご確認ください。

[英語を気軽に学べる電子書籍]
〇EJアーカイブスシリーズ
(リンク »)
〇GOTCHA!新書シリーズ
(リンク »)

[アプリ「語学のオトモ ALCO」]
(リンク »)

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。創刊から45年を超える『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]