編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ビーウィズ Web教育プラットフォーム『Qua-cle(クオクル)』提供開始  業界初 オペレータの「学び・トレーニング・フィードバック」を一気通貫で支援

株式会社パソナグループ

From: PR TIMES

2020-03-17 14:05

パソナグループのビーウィズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:秦 康雄)は、コールセンターのオペレータの応対品質向上に必要な「学び・トレーニング・フィードバック」を一気通貫で支援するWeb教育プラットフォーム『Qua-cle(以下、クオクル)』の提供を3月17日(火)から開始いたします。



近年、企業におけるカスタマーエクスペリエンス※が重視される中、コールセンターは重要な顧客接点として位置付けられ、オペレータ教育の重要性がますます高まっています。一方、労働力人口は減少しており、コールセンターでは従来のスーパーバイザーによる教育の質を維持・向上しながら、省力化を実現する新たな教育手法が求められています。
クオクルは、オペレータ自身が自ら学び、気づく機会を提供することで、確かな成長に繋げることができるWeb教育プラットフォームです。利用者は、クオクル上で、オペレータに必要なトークをe-ラーニング動画で「学び」、「トレーニング」機能を通じて、自身の応対音声を録音・アップロードすることでビーウィズの応対品質管理担当者からコメントを受け取れます。また、日々の応対音声を全件テキスト化し、AIが自動評価する「フィードバック」機能は、コールセンター業界でこれまでにない取り組みであり、オペレータが自身の日常応対を確認できるため、大きな成長機会に繋がります。
今後もビーウィズは、AI・デジタルを活用したコールセンターの応対品質・生産性の向上に取り組んでいくことで、企業の顧客満足度向上に寄与してまいります。
※カスタマーエクスペリエンス
顧客が企業の商品(製品)・サービスを利用した際に感じる心理的・感覚的な価値観


■『Qua-cle(クオクル)』概要

開始: 3月17日(火)

対象: コールセンターの応対品質を向上させたい事業者

内容: コールセンターのオペレータの応対品質向上に必要な「学び・トレーニング・フィードバック」を一気通貫で支援するWeb教育プラットフォーム

【3つの機能】
1.「学び」:eラーニング機能
オペレータに必要なトークの基本レッスンをeラーニング動画で学習できます
2.「トレーニング」:音声録音・提出機能
動画レッスンに合わせて自分の声を録音・アップロードすることで、ビーウィズの応対品質管理担当者からコメントを受け取ることができます
3.「フィードバック」:自動モニタリングカルテ機能
日々の応対音声を全件テキスト化し、ビーウィズ独自のテキスト評価軸を用い、毎月の結果を自動でクオクル上に反映します


[画像: (リンク ») ]

U R L: 
(リンク »)


< 参考 > ビーウィズ株式会社 会社概要 

会社名: ビーウィズ株式会社

所在地: 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー32F

設立: 2000年5月12日

代表者: 代表取締役 秦 康雄

事業内容: 
BPOサービス(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)
コールセンターサービス
デジタル/AIソリューション販売

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社パソナグループの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]