編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ネットワーク可視化/自動化&マップベースマネジメント「NetworkBrain」が総合監視ソフトウェア「Zabbix」と連携

NTTアドバンステクノロジ株式会社

From: PR TIMES

2020-03-27 13:05

~Zabbixのネットワーク異常検知をトリガーに自動トラブルシューティング~

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、ネットワーク可視化/自動化&マップベースマネジメント「NetworkBrain(ネットワークブレイン)」と、ITインフラストラクチャの可用性・パフォーマンスを監視するオープンソースソフトウェア「Zabbix(ザビックス)」との連携ソリューションを4月1日から提供開始します。




連携ソリューションの概要・効果

「NetworkBrain」と「Zabbix」との連携ソリューションでは、ネットワークおよびサーバーを監視するZabbixによる異常検知をトリガーとして、異常が発生しているネットワークのマップ作成、ログ等の情報取得および影響範囲の特定などのトラブルシューティングを「NetworkBrain」が自動的に実行します。また、異常が発生したデバイスの情報とともに、「NetworkBrain」により実行されたトラブルシューティング結果を可視化したマップのURLを、ビジネスチャットツール「slack」に向けて通知することができます。このソリューションにより、トラブルシューティングの初動が早まり、原因特定までの時間が短縮されることで、さらなるネットワーク運用管理の効率化が可能になります。

[画像: (リンク ») ]

【連携ソリューションの概念図】



「NetworkBrain」について


「NetworkBrain」は、自動で作成されるネットワークマップをインターフェイスとして、ドキュメンテーション・トラブルシューティング・設定変更の自動化を提供します。機能として、ルーティングの可視化、負荷状況やステータスのライブモニタリング、CLIコマンドをマップ表示する強力な自動化ツールを標準装備しています。



「Zabbix」について


「Zabbix」は、ITインフラストラクチャ・コンポーネントの可用性やパフォーマンスを監視するためのエンタープライズ向けオープンソースソフトウェアです。監視機能の他に、収集したデータをグラフィカルに表示する機能や、高度な閾値設定による異常検知/アラート通知機能を備えています。


※ NetworkBrainはNetBrain Technologiesの登録商標です。
※ Zabbixはラトビア共和国にあるZabbix LLCの登録商標です。
※ 記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]