編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

LINE、新機能「ディスカバー」を本日よりLINEタイムラインで提供開始

LINE株式会社

From: PR TIMES

2020-03-31 19:35

ビジュアライズされたタイムライン投稿の中から好みのコンテンツを見つけたり、自分のタイムライン上でフォローしたアカウントの最新情報がチェックできる!

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」 (リンク ») の新機能「ディスカバー」を本日よりLINEタイムラインで提供開始したことをお知らせします。
※ ディスカバーはLINE Ver 10.3.0以上でご利用いただけます。



[画像1: (リンク ») ]

「ディスカバー」は、LINEタイムライン上で自分の好みのコンテンツや、流行の動画を発見したり、発信できる新しい機能です。「LINE」のタイムラインを開いて右上部にある惑星のマークをタップすると誰でも閲覧可能です。(画像:左)「ディスカバー」では自分の興味のあるコンテンツを一目で発見しやすいように、ユーザーや企業などの公式アカウントが全体公開設定で投稿した写真や動画を集約し、一覧にして表示します。また、「ディスカバー」と同時に新しく実装された「フォロー」機能を使って興味のあるコンテンツを「フォロー」すれば、友だち追加しなくても「フォロー」したアカウントの最新投稿が自分のタイムライン上に表示されるようになります。ユーザーの興味関心に合わせて表示順をパーソナライズしているため、自分の興味・関心事に関係するコンテンツをビジュアライズされた中からすぐに見つけることが可能です。

[画像2: (リンク ») ]


■ タイムライン上の「友だち」と「フォロー/フォロワー」の違い
これまでLINEタイムライン上では全員参加型の「ネタカード」などで、全体公開されている投稿であれば友だち追加していないユーザーの投稿も見ることができました。しかし特定のユーザーや公式アカウントなどの新しい投稿コンテンツを常に自分のタイムライン上で確認したい場合には、そのアカウントを友だち追加する必要がありました。今回新しく実装した「フォロー」機能を使って特定のアカウントを「フォロー」すれば、友だち追加しなくても、任意のアカウントの最新投稿が自分のタイムライン上に表示されるようになります。
[画像3: (リンク ») ]


詳細はLINEタイムライン公式ブログにて
(リンク »)

【LINE タイムライン X UUUM コラボレーション企画】
「ディスカバー」をたくさんのユーザーに楽しんでいただくために、4/6から「UUUM」に所属している13名の人気クリエイターとのコラボレーション企画を開始いたします。「2020年のトレンド予想、もしくはバズりそうなコトやモノ」をクリエイター達に予想していただき、その様子を撮影した動画を「ディスカバー」で公開いたします。コラボレーション期間中、毎日午後12時に公開しますので、ぜひ楽しみにしていてください。さらに、参加クリエイターそれぞれのLINE公式アカウントもオープンいたしました。お気に入りのクリエイターを友だち追加、もしくはフォローすると、クリエイターが発信する最新情報や人気動画をタイムライン上から楽しんでいただけます。

参加予定クリエイター
※クリエイター・スケジュールは都合により、一部変更になる可能性があります。
[画像4: (リンク ») ]

■水溜りボンド
カンタとトミーによる二人組動画クリエイター。ドッキリ、実験、検証、都市伝説、料理など、視聴者の皆さんに楽しんでいただけるように、2015 年1 月1 日の活動開始以来、一日も欠かさず毎日動画投稿している。視聴者とのコミュニケーションを大事にし、ジャンルにこだわらず、限界を定めず、自然体でつくりあげていくスタイルの二人から、さまざまな"波形"が日々生まれている。
LINE公式アカウント
(リンク »)

[画像5: (リンク ») ]

■関根りさ
美容を中心に、マルチな動画も定評がある美容系YouTuber。
親近感のある気さくなキャラクターが幅広い世代から支持を集めている。
メインチャンネルでは、美容系を中心にマルチな動画をアップし、もう一方のゲームチャンネルでは女子にも気軽にできるゲームタイトルの実況動画をアップしている。
LINE公式アカウント
(リンク »)
[画像6: (リンク ») ]

■タケヤキ翔/ラトゥラトゥ
食や珍スポット巡りを中心に、やってみた系おもしろ動画を配信しながら、ロックバンド「ラトゥラトゥ」のボーカルとしても活動中。作詞やデザインにも携わり、オリジナルMusic Videoは200万再生を突破、ライブも即完するほどの人気を誇っている。
LINE公式アカウント
(リンク »)

[画像7: (リンク ») ]

■プリッとChannel / (リンク »)
■さぁやsaaya / (リンク »)
■ほしのこCH / (リンク »)
■fukuse yuuriマリリン / (リンク »)
■きりたんぽ / (リンク »)
■釣りよかでしょう / (リンク »)
■かわにしみき Kawanishi Miki / (リンク »)
■nanakoななこ / (リンク »)
■新希咲乃(にきさきの) / (リンク »)
■まみむめもちお / (リンク »)

「LINE」は今後も友だちや家族などの親しい人とのコミュニケーションをコアバリューとしながらも、個々人に最適化されたコミュニケーションと情報の出会いを提供し、皆様の生活により密接な存在となることを目指します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]