編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

クラウド型WMS「ロジザードZERO」と「ネクストエンジン」、出荷実績データと在庫データの自動/ API連携が実現

ロジザード株式会社

From: PR TIMES

2020-04-07 11:35

第2フェーズの開発が完了し、よりシームレスな連携が可能となりました

クラウド型在庫管理システムのリーディングカンパニーであるロジザード株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:金澤 茂則、以下ロジザード)の提供するクラウド型WMS(倉庫管理システム)「ロジザードZERO」と、Hamee株式会社(神奈川県小田原市、代表取締役社長:樋口 敦士、以下Hamee)の提供するクラウド型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」が自動/API連携、第2フェーズの開発を完了し、2020年4月7日より出荷実績データと在庫データ連携ができるようになりました。



[画像: (リンク ») ]


■連携概要
これまでの連携ではCSVファイルにて行う必要があり、データのやり取りには「ロジザードZERO」と「ネクストエンジン」の両システムを操作する必要がありました。
2020年1月30日に第1フェーズとなる商品マスタと受注データ連携を完了させ、今回の第2フェーズの開発により出荷実績データと在庫データの自動連携が可能となり、両システム間の完全自動化を実現しました。

・出荷実績データ連携
出荷実績が連携できるようになり、さらに問い合わせ番号を「ロジザードZERO」から「ネクストエンジン」へ自動に送信できるようになりました。

・在庫データ連携
下記の条件で在庫変動数を連携できるようになりました。
条件:通販出荷による在庫の増減を除く・通販から引当がかかるロケの在庫・ 良品(A品)

■ご利用方法
「ネクストエンジン」および「ロジザードZERO」の導入、連携アプリ「ロジザードZERO 自動/API連携アプリ(初期0円、月額10,000円税別)」と「ネクストエンジン カスタムデータ作成」、追加オプションの「SFTPアップロード(月額2,000円~)」のお申込みが必要です。詳細は、以下のURLよりご確認ください。

・クラウドWMS「ロジザードZERO」自動/API連携アプリ:
(リンク »)

・ネクストエンジン カスタムデータ作成:
(リンク »)

【ロジザードZERO概要】
URL: (リンク »)
ロジザードが提供する「ロジザードZERO」は、2012年9月に販売を開始した自社開発のクラウド型WMS (倉庫管理システム)です。
高いコストパフォーマンス、幅広い業態・商材を管理できる柔軟性、導入までのスピード感、365日電話対応のサポート体制、そして何より「システム会社」としてではなく顧客に寄り添って1社1社丁寧に導入支援を行う「サービス会社」としての姿勢が評価され、既存ユーザ及び業界周辺企業による紹介・口コミを中心に実績を伸ばしてきました。
国内外でご利用いただいており、1,208現場(2019年12月末現在)で稼働中、WMS業界において圧倒的な実績トップシェアを誇ります。 昨年2019年には同システムと連携したクラウド型店舗在庫管理システム「ロジザードZERO-STORE」の提供を開始、EC・店舗・オムニチャネル等様々な物流現場においてご提案が可能となりました。

【ロジザード株式会社】
名称 : ロジザード株式会社(東証マザーズ 証券コード:4391)
代表者 : 代表取締役社長 金澤 茂則
所在地 : 〒103-0013東京都中央区日本橋人形町三丁目3番6号
設立 : 2001年7月16日
事業内容: ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)事業、情報システムの開発及び販売ほか
企業サイト: (リンク »)

【ネクストエンジン概要】
・URL: (リンク »)
・自社ネットショップ運営の現場から生まれたシステム
・受注、発注、仕入、在庫~分析等、ネットショップに必要な機能を集約
登録店舗数30,034店舗
(2020年1月31日現在 上場企業、楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞店舗等含む)
・必要なオプションを追加で購入する「ネクストエンジンアプリ」で機能の拡張が可能
「ネクストエンジン」と連携するアプリを作成・販売するためのプラットフォームを提供

【Hamee株式会社】
Hamee は、モバイルアクセサリーの企画・販売を行う「コマース事業」と、インターネット通信販売事業者向けクラウド型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」の開発・提供を行う「プラットフォーム事業」の⼆つの事業で、世界的にも成長が続いている EC 市場において市場の成長率を上回る利益成長を続けております。
"happy mobile, easy e-commerce"を事業ドメインと定め、コマース事業においては、モバイルアクセサリーNo.1 ブランドの実現を、プラットフォーム事業においては、ネクストエンジンをEC業務マネジメントプラットフォームのグローバルスタンダードとすることを目指しており、特に「ネクストエンジン」によって EC 業界の自動化を推進することで、EC 事業に携わる全ての人々の仕事が、よりクリエイティブな領域へシフトするような環境を提供し、EC 業界全体の成長に貢献してまいります。

名称 : Hamee株式会社(東証一部 証券コード:3134)
代表者 : 代表取締役社長 樋口 敦⼠
所在地 : 〒250-0011神奈川県小田原市栄町2-12-10 Square O2
設立 : 1998年5月22日
事業内容: スマートフォングッズの開発、ネット通販・卸販売・輸出入
ネット通販支援ASP開発運営、 海外通販サイト運営
企業サイト: (リンク »)
ネクストエンジン: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]