編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

人材マッチングのポーターズ、求人と求職者のAIマッチングレコメンドシステム     『 Matching Pro(マッチングプロ)』新バージョンをリリース。

ポーターズ株式会社

From: PR TIMES

2020-04-10 12:15

~あらゆるデータベースでAIによる人材レコメンドサービスを利用可能に~

 人材ビジネスのマッチング業務の最適化をクラウドサービスで提供するポーターズ株式会社(東京都港区、代表 西森 康二、以下 ポーターズ)は、求人と求職者の最適なマッチングを図るAIマッチングレコメンドシステム『Porters Matching Pro(ポーターズ マッチングプロ):以下Matching Pro)』において、人材ビジネス企業内の独自システムや、CRM/SFAなどのデータベースでAIマッチングをご利用いただける新バージョンを2020年4月10日に提供開始いたしました。





 これにより、ポーターズのHRビジネスクラウド以外に、独立システムや他社製品をご利用の企業でも、API連携でAIレコメンドサービスを利用することが出来ます。Matching Proはクラウドサービスのため、自社で新たにAIを構築する負担もありません。
 ポーターズが独自開発したAIマッチング機能を自社システムに搭載することにより、求人および求職者間におけるマッチングがAIで実現可能となります。

■他データベース向けアプリケーションの概要


[画像: (リンク ») ]

 
 昨今の状況から、求人は減少し求職者は増加していくと想定しており、人材ビジネス企業における求人と求職者のマッチング需要はさらに高まる可能性があります。人材紹介・人材派遣会社向けに19年間提供してきたサービスを通じて蓄積された求人と求職者のマッチングビッグデータをもとに、2年間研究を重ねAIソリューションを導入したMatching Proをご利用いただくことで、スピードとクオリティを重視する人材ビジネス企業の業務をこれまで以上に強力にバックアップし、求人と求職者のマッチングを促進することで国内外の雇用創出に寄与してまいります。本機能リリースに先立ち、AIにおけるマッチングをお考えのお客様の相談も随時承っております。


<サービス概要:AIの導入により、マッチング率の高い人材を短時間で発見可能>
■サービス名称:Matching Pro(マッチングプロ)
■紹介サイト : (リンク »)  
■サービス特徴:
あらゆるDBから適切な人材を自動検索。「求人の内容」×「求職者のスキル」に応じて、
最適な求職者を自動的に優先順位で並べ替え

日々更新される求人と求職者のマッチングビッグデータを学習し続け、最新のトレンドに合わせ、常に最新のAIにアップグレード。本当にマッチした求職者を見つけることができます。また、クラウドで提供するため、自社で新たにAIを構築する負担もありません。

◆サービス紹介動画 
[動画: (リンク ») ]



■提供機能:
1.レコメンデーション
●スペックマッチング
 職種や業務内容、求める能力・スキル・経験といった求人の内容に対し最適な候補者を自動的にレコメンド
●類似マッチング
 過去の成功した選考実績をベースに、類似した候補者を自動的にレコメンド

2.フィルタリング
 データで表しきれない裏情報をフィルター(年収・学歴・転職回数・就業状況・現住所)により可視化を実現。
 AIの効果をさらに発揮させ、より迅速に適任を探し出す

3.データベース連携
 自社データベースと連携することでその中に蓄積された休眠データの活用を最大化

ポーターズ株式会社について
■社名  :ポーターズ株式会社  (リンク »)
■所在地 :東京都港区赤坂8-5-34 TODA BUILDING 青山3階
■設立  :2001年8月29日
■代表者 :代表取締役 西森 康二
■資本金 :1,000万円
■事業内容:ポーターズは、人材業界向けのクラウドサービスを国内・海外に向けて開発・運用しています。
2001年の創業以来、人材紹介企業向けの業務管理システム『プロ・エージェント』を提供、
2012年にクラウド型統合管理システム『PORTERS HRビジネスクラウド』をリリースし、
海外10ヶ国を含む人材紹介・人材派遣企業を中心に1,600社以上の導入実績を誇っています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]