編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

スマホ投資サービスを提供する LINE 証券、LINE Financial から 102 億円及び野村ホールディングスから 98 億円総額 200 億円の資金調達を実施

LINE株式会社

From: PR TIMES

2020-04-10 17:15

LINE 証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 Co-CEO:落合 紀貴・米永 吉和)は、事業の強化を目 的として、LINE Financial 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:齊藤 哲彦)より 102 億 円、野村ホールディングス株式会社(代表執行役社長 グループ CEO: 奥田 健太郎)より 98 億円の資金調達を 本日実施したことをお知らせいたします。

1. 追加増資の背景
LINE 証券株式会社は、「LINE」が持つ豊富なユーザーベースとテクノロジーの高さ、および、スマートフォン に適したユーザビリティの高いデザインと、野村グループが培ってきた金融ビジネスのノウハウを活かし、ユー ザーの資産形成を中心とした潜在的なニーズに応える新しい総合証券サービスの提供を目指し、2018 年 6 月に 設立しました。 “投資をもっと身近に、もっと手軽に”をミッションに、簡単・便利で分かりやすくシンプルなスマホ投資サー ビスの提供を目指し、2019 年 8 月より「LINE 証券」のサービスを開始。サービス開始以来、「LINE 証券」の 特長の 1 つでもある、直感的に操作可能なデザインや、ランチタイムや仕事帰りの平日夜 21 時まで、一日に何 度でもリアルタイムに株式及び ETF の取引ができる点*などが、「働く世代」のユーザーを中心に、ご好評いた だいております。また 2019 年 11 月には、長期的な資産形成をサポートするべく投資信託の取扱いを開始、さ らに 2020 年 3 月には FX 取引サービス「LINE FX」の提供を開始するなど、“より多様な商品を楽しみたい”と いうユーザーニーズに応えるべくサービスを拡充してまいりました。 今回の資金調達は、今後、ユーザーの生活に溶け込んだ新しい総合証券サービスの提供を目指すにあたり、ユー ザーに寄り添った更なるサービス開発・拡充等を目的に行いました。

*:当社での取引時間は、証券営業日の下記の時間となります。
日中取引 9:00~11:20、11:30~12:20、12:30~14:50、夜間取引 17:00~21:00 ※現在、夜間取引において、ETF はお取扱 いしておりません。取引時間外、および証券非営業日は注文の受け付けは行っておりません。

2. 今後の展開
「LINE 証券」は、今後も、“投資をもっと身近に、もっと手軽に”をミッションに、「LINE 証券」ならではのユ ニークなキャンペーン開催や取り組みを実施し、いざ投資を始めようとしても、なかなか第一歩を踏み出せない 投資未経験者・投資初心者の投資へのハードルを少しでも下げるとともに、全てのユーザーに株取引や投資、資 産形成の楽しさを知っていただけるよう努めてまいります。そして「働く世代」のユーザーが、より簡単、便利 にご利用いただけるようなサービスを充実させ、ユーザーの生活に溶け込んだ新しい総合証券サービスを目指し てまいります。

■LINE証券株式会社の概要
(1) 名称 LINE証券株式会社
(2) 所在地 東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
(3) 代表者 代表取締役Co-CEO落合 紀貴(LINE株式会社)、米永 吉和(野村證券株式会社)
(4) 事業内容 資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび
非対面証券投資コンサルティングサービスの提供等
(5) 資本金及び資本準備金 400億円(2020年4月10日時点)
(6) 設立年月日 2018年6月1日

■LINE Financial株式会社の概要
(1) 名称   LINE Financial株式会社
(2) 所在地 東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
(3) 代表者 代表取締役社長CEO齊藤 哲彦
(4) 事業内容 金融関連サービスの提供、金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第854号
(5) 資本金     420億円(2020年4月時点)
(6) 設立年月日 2018年1月10日

■野村ホールディングス株式会社の概要
(1) 名称 野村ホールディングス株式会社
(2) 所在地 東京都中央区日本橋1-9-1
(3) 代表者 代表執行役社長 グループCEO 奥田 健太郎
(4) 事業内容 持株会社
(5) 資本金   5,944億9,300万円(2019年12月31日現在)
(6) 設立年月日 1925年12月25日

■LINE証券サービストップ画面:(※スマートフォンでのみ閲覧可能です)


(リンク »)


■LINE証券株式会社コーポレートサイト: (リンク »)


■LINE公式アカウント: LINE ID:@linesec


■公式サイト: (リンク »)


■公式Twitter: (リンク »)


■公式note: (リンク »)





ご注意事項


・ 当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります


・ 国内株式(国内ETFを含む)の売買取引は、市場価格に取引コストを適用した価格でお取引いただきます。投資信託のお申込み(一部の投資信託はご換金)にあたっては、購入時手数料(換金時手数料)はかかりません。また、換金時に直接ご負担いただく費用として、換金時の基準価額に対して最大0.5%の信託財産留保額をご負担いただく場合があります。投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、国内投資信託の場合には、信託財産の純資産総額に対する運用管理費用(信託報酬)(最大2.09%(税込み・年率))のほか、運用成績に応じた成功報酬をご負担いただく場合があります。また、その他の費用を間接的にご負担いただく場合があります。外国投資信託の場合も同様に、運用会社報酬等の名目で、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。なお、上記記載の手数料等の費用の最大値は今後変更される場合があります。


・ 金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。


・ 国内株式は株価の変動により損失が生じるおそれがあります。また、国内ETFは連動する指数等の変動により損失が生じるおそれがあります。投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある資産を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた資産の取引価格の変動や為替の変動等により上下するため、これにより損失が生じるおそれがあります。


・ お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。





金融商品取引業者 LINE証券株式会社 関東財務局長(金商)第3144号


加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会




プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]