編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

AIカメラ事業に新規参入 防犯に加え店舗の顧客属性・動線把握などが可能 人手不足への課題解決「AIカメラ」シリーズを発売

アイリスオーヤマ株式会社

From: PR TIMES

2020-04-13 19:05

アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)はネットワークカメラにAIアルゴリズムを搭載したモデルを含む全38機種の「AIカメラ」シリーズを2020年4月20日より発売し、AIカメラ事業(セキュリティカメラを含む)に新たに参入します。



[画像1: (リンク ») ]

 アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)はネットワークカメラにAIアルゴリズムを搭載したモデルを含む全38機種の「AIカメラ」シリーズを2020年4月20日より発売し、AIカメラ事業(セキュリティカメラを含む)に新たに参入します。

 近年、生産年齢人口の減少に伴う労働者不足や人件費の上昇により 、企業は少ない労働力で質の高いサービスを提供する必要に迫られています。また、セキュリティカメラ、防犯対策などにおいて小売店や物流倉庫、ホテルといった多様な場所で使用され、今後もさらなる市場と需要の拡大が見込まれます。そのような中で、当社は2020年4月1日に同一労働同一賃金を柱として施行される改正労働者派遣法を視野に、少ない人手で防犯やマーケティング分析に活用できるAIカメラの発売により、多様なニーズに合わせて適切なソリューションを提案します。

 今回発売する「AIカメラ」は、AIアルゴリズム搭載モデル10機種と、セキュリティカメラのスタンダードモデル20機種、そして全モデルに共通して使用できるビデオレコーダー8機種の合計38機種です。

 AIアルゴリズム搭載モデルは 、従来の防犯対策だけでなく、マスクの着用認証や工事作業所等でのヘルメット着用を認識する顧客属性の分析ができ、マスク着用時でも顔認証できる機能を搭載しています。また、レジの混雑状況や顧客の滞在場所や時間がサーモグラフで可視化できる「顧客動線ヒートマップ」、車両番号や車体を認識する「車両認識・管理」、不審な動きや過去の犯罪者をブラックリスト化し注意喚起する「不審行動・不審者アラート」などの機能を搭載しています。カメラ本体にAIアルゴリズムを内蔵したことで、必要な分析結果のみをアプリケーションに送信できるため、データ量は従来の1/100以下(※1)で回線への負担を軽減できます。顔認識スピードは0.2秒と素早い解析が可能です。全てのモデルで4K UltraHDクオリティレンズ(※2)を搭載し、高解像度・高視野角で撮影できます。暗視、逆光に対応しており、明かりの少ない夜間や逆光でも被写体を認識できます。

 さらに当社BtoB事業が提供する無線制御照明システム「LiCONEX(ライコネックス)」や電子棚札、スライド棚などの様々な商材との組み合わせにより、小売店舗や各種施設へのトータル・ソリューションの提案を行います。

■AIカメラシリーズ商品特長
1.豊富なAI解析用途でマーケティングが可能(AIアルゴリズム搭載モデルのみの機能)
2.データ量は従来の1/100以下で回線への負担減少(AIアルゴリズム搭載モデルのみの機能)
3.顔認識スピードは0.2秒
4. 4K UltraHDクオリティレンズ搭載

1.豊富なAI解析用途
 従来のセキュリティ・防犯機能に加え、AIアルゴリズムを搭載したことにより、顧客分析や動線把握などのマーケティングが可能です。
[画像2: (リンク ») ]

主な用途

[画像3: (リンク ») ]

2. データ量は従来の1/100以下※3で回線への負担減少


従来:カメラ+クラウド/ソフトウェアが必要 
・すべてのデータを送信
・データ量が膨大
・回線への負担増加
[画像4: (リンク ») ]



本製品:カメラ本体にアルゴリズムを搭載
・必要なデータのみ送信
・データ量は1/100(※3)以下
・より解像度の高いデータを送信できる
[画像5: (リンク ») ]

3.顔認識スピードは0.2秒
 従来は約3秒かかるところを、AIアルゴリズムを搭載することにより0.2秒の顔認識スピードを実現しました。顔キャプチャ機能で認識した人物を性別・年齢・身長などの属性を、即時に分類してカウントします。警備の配置を検討したり、来場者の傾向を掴みマーケティング資料として活用できます。認識項目は最大15種類まで設定が可能です。
[画像6: (リンク ») ]


4. 4K UltraHDクオリティレンズ搭載
 4K UltraHDクオリティレンズ搭載で、文字や人の顔をはっきりと認識できる高精細な映像をとらえます。さらに広角レンズでより広い範囲を撮影可能です。高解像の映像を独自の圧縮技術で保存するので、ナンバープレートなどの文字もはっきり読み取れる映像を撮影できます。2.8mmでの最大水平視野は、他の2.8mmのカメラと比較して22°広くなっています。


[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]


■その他の特長
・暗視、逆光対応
・境界認知
・不審者、持去、置去検知


・暗視、逆光対応
超高感度レンズで明かりの少ない夜間でも被写体をはっきりとらえることが可能です。逆光時の映像も照度を補正し、被写体が認識できるように調整します。


[画像9: (リンク ») ]



[画像10: (リンク ») ]



・境界認知
あらかじめ設定したエリアやラインへの入退室を感知します。また、進入禁止エリアなどの場合モニタールームに警報を通知し防犯します。
[画像11: (リンク ») ]


・不審者、持去、置去検知
カメラの映像をAIによって分析し、怪しげな行動をとる人物や不審な荷物、物が紛失しているなど、異常が発生している場所を検知。モニタールームに通知します。
[画像12: (リンク ») ]



当社BtoB事業とのトータル提案が可能
無線制御照明システム「LiCONEX(ライコネックス)」や電子棚札、スライド棚などのラインアップを組み合わせることで、小売店舗や各種施設へのトータル・ソリューションの提案もできます。
[画像13: (リンク ») ]



商品ラインアップ
■AIアルゴリズム搭載モデル 全10種類  


[画像14: (リンク ») ]


■セキュリティ対応モデル 全20種類
[画像15: (リンク ») ]

■ビデオレコーダー 全8種類

[画像16: (リンク ») ]


※1:従来のIPカメラの圧縮方式「H264」と、当社AIカメラの圧縮方式「H265+」を比較した場合。「H264」のデータ量を100とした場合、「H265+」では「H264」の80%のデータ量に圧縮。また、カメラ本体にアルゴリズムを搭載しているため、必要な情報のみをデータに伝送することで更に20分の1に抑える。
※2:文字や人の顔をはっきりと認識でき高精細な映像をとらえる。さらに広角レンズでより広い範囲を撮影可能。
※3:従来のIPカメラの圧縮方式「H264」と、当社AIカメラの圧縮方式「H265+」を比較した場合。「H264」のデータ量を100とした場合、「H265+」では「H264」の80%のデータ量に圧縮。また、カメラ本体にアルゴリズムを搭載しているため、必要な情報のみをデータに伝送することで更に20分の1に抑える。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アイリスオーヤマ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]