編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

アイレップ、toBeマーケティングと協業開始

株式会社アイレップ

From: PR TIMES

2020-04-14 15:05

~Google マーケティング プラットフォームとSalesforce Marketing Cloudの連携によりOne to Oneマーケティングを推進~

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高梨秀一、以下アイレップ)は、 Google マーケティング プラットフォーム(以下GMP)※1とSalesforce Marketing Cloud(以下SMC)※2の連携によるOne to Oneマーケティングの推進に向け、toBeマーケティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:小池智和、以下toBeマーケティング)との協業を開始したことをお知らせいたします。



[画像: (リンク ») ]

生活者における嗜好や行動の多様化・複雑化が進み、企業のマーケティング活動における顧客エンゲージメント・顧客生涯価値(以下LTV)の向上は以前より難しくなっています。生活者ひとりひとりのニーズに合わせたシームレスな訴求を行うためには、さまざまなチャネルとツールを通じて取得されるデータを活用していくことが必要不可欠です。一方で、多くの企業がこのような状況に対して課題を抱えています。例えば、メール配信でEコマース(以下EC)サイトの販促を実施する場合、メール配信結果とECサイトでの購買結果を統一的なルールで紐づけて計測することが難しいという理由から、メール配信による販促効果を正しく評価できていないというケースがあげられます。メール、ECサイトなど複数のチャネルで収集されるデータが分断されることなく、施策に活かされることが重要であるといえます。

アイレップは、広告による認知から優良顧客化へ至るまでのユーザー行動の可視化や、解析データを活用した広告施策・CRM施策の最適化など、GMPの各製品とデータ解析を組み合わせたマーケティング支援を提供してまいりました。Google アナリティクス 360 に関しては、正規代理店として、Webサイトのアクセスログデータをはじめとするさまざまなデータの取得から利活用までを一貫してサポートしています。

一方toBeマーケティングは、クライアント企業のマーケティング成果の最大化を目指し、デジタルマーケティング施策の戦略策定支援から、実際のツールの導入支援、導入後の活用支援、運用業務まで、クライアント企業の課題に合わせ、マーケティングパートナーとして幅広い支援を提供してきました。SMCを駆使した課題解決に強みを有し、生活者ひとりひとりに合わせたタイミングで最適なメッセージを顧客に届ける仕組みづくりを推進しています。

このたび当社は、toBeマーケティングとの協業を開始します。両社の知見・ノウハウを活かしたサービス提供や組織力の強化を図ることで、GMPとSMCの連携を通じたOne to Oneマーケティングをチャネルの横断で推進し、クライアント企業における顧客エンゲージメント・LTVの向上を推進してまいります。具体的には、Googleアナリティクス360をはじめとするGMPの各製品との連携により、SMCによる精度の高いOne to Oneマーケティングを実現します。さらに、その他のデジタルマーケティング施策と掛け合わせることで、クライアント企業における統合的な課題解決により一層注力していきます。

※1 Google マーケティング プラットフォームは、マーケティングチーム間のコラボレーションを強化する統合型の広告/分析プラットフォームです。
(リンク »)

※2 Salesforce Marketing Cloudは、あらゆる領域にわたる顧客体験のパーソナライズを実現できる、統合マーケティングプラットフォームです。
(リンク »)

toBeマーケティング株式会社について
toBeマーケティング株式会社 概要
<社名>   toBeマーケティング株式会社
<所在地>  東京都千代田区内幸町1丁目3-2 内幸町東急ビル8F
<URL>    (リンク »)
<代表者>  小池智和
<設立年月> 2015年6月
<事業内容> マーケティング支援事業

株式会社アイレップについて
アイレップは、広告主のマーケティング成果を最大化する統合デジタル マーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンの SEM 領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業、そしてクリエイティブ事業を加え、高度なプランニングを展開することで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導く統合マーケティングエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。 ※アイレップは博報堂DYグループの企業です。

株式会社アイレップ 概要
<社名>  株式会社アイレップ
<所在地> 東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
<URL>   (リンク »)
<代表者> 高梨秀一
<設立年月>1997年11月
<資本金> 5億5,064万円 (2019年3月末現在)
<事業内容> 広告代理事業
       ソリューション事業
       クリエイティブ事業
       その他

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]