編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

新製品「DEJIREN」4月15日(水)発売 自動化できるコミュニケーションツール

ウイングアーク1st株式会社

From: PR TIMES

2020-04-15 15:05

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は異なるシステムやクラウドサービスを連携・接続し、業務を自動化できるコミュニケーションツール「DEJIREN(デジレン)」の販売を、4月15日(水)より開始します。



 日本の現状をデータで見ると、2020年以降も生産年齢人口率は減少し、国民所得増加率はグローバルと比較した場合低迷しています※。特に定型業務の業務量が多い日本の企業においては※、定型業務はAIやRPAといったIT技術により自動化を行い、創造的業務の割合を高め、ビジネスを成長させていく必要があると捉えています。

 「DEJIREN」は、個人が実施する複数のオペレーションが、自動化されることにより、人の働き方も効率化され変化するDX(デジタルトランスフォーメーション)の考え方に基づき開発されました。企業で働く人とビジネスで必要となる異なるシステムやサービスをつなぎ、人の意思決定を加速させるコミュニケーションツールです。

 また「DEJIREN」は、企業の業務システムや外部のクラウドサービスをノンプログラミングで連携させることができます。蓄積・流通するデータを組み合わせることにより、スケジュールの遅延、設備異常、在庫の不足などを「ボット」に通知させる、投入したデータファイルが自動で仕訳され適切なシステムに格納される、または「ボット」に取引先についての問い合わせを行い、複数のシステムにまたがる情報がリアルタイムに組み合わされて通知される、などのアクションが実行されます。これらの情報を元に、個人やチームは状況判断を行い、業務をスムーズに完結させることが可能となります。

 ウイングアーク1stは、今後さまざまな外部ベンダーのアプリケーションや技術を「DEJIREN」と連携させる予定です。人手が介在する業務を自動化することにより効率化を計り、企業のDXに貢献してまいります。
[画像1: (リンク ») ]

DEJIRENアプリ画面(スマートフォン):必要な情報を問い合わせると自動的にデータを取得、通知される

[画像2: (リンク ») ]

アクションフローの設計画面:自動化の処理設定は、コネクターと条件分岐、アクションのパーツを配置するだけ、コーディングレスでシステム連携が可能

[画像3: (リンク ») ]

連携構成図:API を使ってシステムやサービスと連携する「コネクター」、ユーザーとコミュニケーションを行う「ボット」、そしてノンプログラミングで業務フローを自動化できる「アクションフロー」により構成

■DEJIREN特長
<ユーザーとコミュニケーションを行う「ボット」>
・システムと人のインタラクティブなコミュニケーション(ボット)を可能にし、データに基づいた意思決定を加速させます。

<ノンプログラミングで業務フローを自動化できる「アクションフロー」>
・異なるシステム・サービスを連携・接続し業務を自動化します。メールやスケジュールなど日常のコミュニケーションをボットで通知する、など「DEJIREN」プラットフォームで一元管理ができます。
・ノンプログラミングで直感的なUIにより専門的な知識を有せずとも、業務の自動化を推進できます。

<API を使ってシステムやサービスと連携する「コネクター」>
・情報活用ダッシュボード「MotionBoard」および文書データ活用ソリューション「SPA」のコネクターが用意されており簡易に連携できます。「MotionBoard」の接続データソースは100以上となり、接続先のデータソースから分析された情報を元にグラフや地図・レポートに変換できます。また、「SPA」は紙のようなアナログデータもAI-OCRでデジタルに変換し、デジタル文書の保管連携が可能となります。

■サービス概要
・サービス名:DEJIREN(デジレン)
・URL: (リンク »)
・クライアント対応OS:iOS、Windows
・価格:初期費用 10万円/開始月のみ
基本ライセンス:7,000円/10ユーザー(月額)
(アクションフロー/3、データストレージ/100GB、ブリッジサービス/1 含)
※年間契約となります。

■ローンチコメント
インターネットの登場、そしてクラウドコンピューティングへとユーザーを取り巻く環境は変化してきました。それに伴い、情報のやりとりも組織や会社を超えて行われるようになり、人とシステムとの対話の効率化も必要になってきています。
「DEJIREN」はチャットをベースとして、人と人のみならず、人とシステムの対話も実現するプラットフォームとなる製品です。ノンプログラミングでの業務フロー作成、そして強力な拡張機能を備えています。お客様の情報活用を力強くサポートする新しいサービスの誕生は喜ばしく感じており、さらに力強いサービスへと成長させてまいります。
[画像4: (リンク ») ]

ウイングアーク1st株式会社 執行役員CTO 島澤 甲

※出典:国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」(出生中位・死亡中位推計)、国税庁「民間給与実態統計調査」、World Bank:World Development Indicators、日本生産性本部:労働生産性の国際比較


<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.com

※ウイングアークのFacebookページ
ユーザー事例・製品情報・イベントなどウイングアークの最新情報をお届けしています。
(リンク »)
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]