編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

フリーランス向け福利厚生プログラム「レバテックケア」を開始

レバレジーズ株式会社

From: PR TIMES

2020-04-16 11:00

フリーランスとして働くITエンジニア・クリエイターの不安を解消

レバテック株式会社が運営するITエンジニア・クリエイター専門エージェント、レバテックフリーランスは、フリーランスとして働くITエンジニア・クリエイター向け福利厚生プログラム「レバテックケア」( (リンク ») )の提供を開始します。




[画像1: (リンク ») ]

■「レバテックケア」提供開始の背景
「レバテックケア」は、フリーランスとして働くITエンジニア・クリエイター向け福利厚生プログラムです。レバテックが行ったアンケート調査結果※によると、フリーランスとして働く不安要素の上位に「会社員では受けられる福利厚生がなくなること」があげられました。


[画像2: (リンク ») ]


年齢別では、フリーランスの中でも30代・40代の約4割が福利厚生に不安を持っていることもわかります。

[画像3: (リンク ») ]


昨今では、フリーランスが一般化されてきましたが、フリーランスエンジニアの働く環境は、充分に整備されておらず、フリーランスとして働くことに不安を持っている方は多い状況です。レバテックフリーランスでは、フリーランスとして働くITエンジニアが安心した生活を送ることができるよう、福利厚生プログラム「レバテックケア」を開始しました。

※アンケート調査概要
調査方法:インターネット調査
調査対象:レバテックフリーランスへ登録したユーザー
調査期間:2019年10月13日~2019年10月31日

■「レバテックケア」ご利用方法( (リンク ») )

[画像4: (リンク ») ]



■「レバテックケア」福利厚生一覧

[画像5: (リンク ») ]

■レバテック株式会社
レバテック株式会社では、「IT業界のエンジニア・クリエイターの人生に寄り添う」をミッションに掲げ、Web・IT業界のエンジニアと企業を繋ぐSES(システム・エンジニアリング・サービス)事業を展開しています。現在は業界最大手のフリーランスエンジニア専門エージェント「レバテックフリーランス」ほか、転職エージェント「レバテックキャリア」、総実施数250回を超えるIT技術者向け無料イベント「ヒカ☆ラボ」など、エンジニア・クリエイターのキャリアアップのための様々なサービスを提供。登録者は14万人を超えます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]