編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

店舗応援プロジェクト「お店の未来にエールをおくろう」店舗応援チケットを2020年4月22日(水)より「giftee」で取扱い開始

株式会社ギフティ

From: PR TIMES

2020-04-22 17:35



[画像1: (リンク ») ]


eギフトプラットフォーム事業(※1)を展開する株式会社ギフティ(本社:東京都品川区/代表取締役:太田 睦、鈴木 達哉/以下、ギフティ)は、2020年4月22日(水)より、店舗応援プロジェクト「お店の未来にエールをおくろう」をスタートし、店舗で商品やサービスのお支払いに使えるチケットを先払いで購入いただくことでお店を応援し存続に向けエールをおくる「店舗応援チケット」の販売を、ギフティが運営するWEBサービスおよびスマートフォン向けのアプリ「giftee」(※2)にて開始いたしましたので、お知らせいたします。

ギフティは、『ギフトで、「人と人」「人と企業」「人とまち」をつないでいく。』というコーポレートミッションのもと、eギフトの発行から流通まで一気通貫で提供するeギフトプラットフォーム事業を国内外で展開しています。主力サービスは、カジュアルギフトサービス「giftee」、eギフトやチケットを発行し販売する「eGift System」(※3)、また、eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」(※4)、地域活性プラットフォーム「Welcome ! STAMP」の4サービスあり、個人、法人、自治体を対象に広くeギフトサービスを提供しております。

新型コロナウィルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言の発令により、飲食・小売・サービス等の事業者様の営業自粛および来店客数の低下を背景とした売上の大幅な減少傾向が続いています。この厳しい経営環境下において、日頃より各事業者様のeギフトを販売させていただく企業として、微力ながら事業者様の経営継続の一助となる施策の実施について検討を重ねてまいりました。

この度、2020年4月22日(水)より開始した店舗応援プロジェクト「お店の未来にエールをおくろう」は、従来、大切な家族、友人や同僚に対して日頃の気持ちを伝える手段として贈るeギフトを、お店を応援し存続に向けエールをおくる「店舗応援チケット」として、自家需要向けに企画販売するものです。販売期間は、4月22日から新型コロナウィルス感染症拡大が収束し店舗の営業が正常化するまでを予定しております。

本施策の開始時には、休業および営業時間の短縮などにより即時引き換えが難しい店舗もございますが、店舗を応援する気持ちを伝える手段として、先行して「店舗応援チケット」をご購入いただき、事態が収束し安心・安全を確認いただいただ後にご利用いただくような方法を想定しております。

eギフトの利用期限は通常購入から2ヶ月~3ヶ月後の月末ですが、「店舗応援チケット」の利用期限は購入から5ヶ月後の月末と、通常のeギフトの利用期限より長期で設定しております(ブランドにより異なります)。心ばかりではありますが、ギフティも店舗にエールをおくるべく、施策にかかる費用を一部負担させていただきます。

販売開始時の対象ブランドは「日比谷花壇」「幸楽苑」の2ブランドで計7種類の「店舗応援チケット」をご用意しており、今後も順次追加する予定でおります。(本施策に参画いただける事業者様の募集も引き続き行っております)「店舗応援チケット」を購入された方は、新型コロナウィルス感染症拡大の収束後、該当店舗へ来店し、お会計時にお手持ちのスマートフォンなどから交換画面をご提示いただくことで商品との引き換えが可能となります。また、「giftee」のデジタルメッセージカードの仕組みを利用して、購入者がお店にメッセージをおくることができます。

ギフティは、今後もeギフトプラットフォームやサービスを活用して、微力ながら事業者様の支援を推進するとともに、eギフトを通し、日頃の気持ちを伝える手段として気軽にギフトを贈りあう習慣や文化の創出を目指します。

(※1) eギフトプラットフォーム事業とは、ギフティが取り組むeギフトの生成から流通まで一貫して提供する事業です。
(※2) gifteeとは、ギフティが運営するeギフトの販売WEB/アプリサービスです。
(※3) eGift Systemとは、ギフティが法人向けに提供するeギフトおよびeチケット販売システムです。導入企業は、自社サイトでeギフト/チケットサービスを運用することができます。
(※4) giftee for Businessとは、eギフトを活用した法人向けソリューションです。キャンペーンの景品やお客様への謝礼にeギフトをご利用いただけます。

【 店舗応援プロジェクト「お店の未来にエールをおくろう」、店舗応援チケット 概要 】

[画像2: (リンク ») ]


応援チケット イメージ

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


対象ブランド・券種
※ 2020年4月22日(水)時点。プロジェクト参加ブランドは随時追加される予定です。
●日比谷花壇
フラワーギフトチケット 5券種(500円、1,000円、2,000円、5,000円、お好きなバラ1本)
●幸楽苑ギフトチケット 2券種(500円、1,000円)

販売サイト
(リンク »)
※各ギフト券の仕様・注意事項はチケット販売ページをご参照ください。

販売期間
2020年4月22日(水)から新型コロナウィルス感染症拡大が収束するまでの間

有効期限
日比谷花壇 購入から5ヶ月後の月末
幸楽苑 購入から5ヶ月後の月末
※ブランドにより異なる場合がございますので、チケット販売ページをご参照ください。

店舗応援プロジェクト ロゴ

[画像5: (リンク ») ]


本プロジェクト対象ブランドのチケット券面にはこちらのロゴが表示されます。

■株式会社ギフティについて
社名: 株式会社ギフティ
所在地: 〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目10−25 齊征池田山ビル2F
設立: 2010年8月10日 (サービス開始:2011年3月)
資本金: 1,536,199千円 (2019年12月末時点)
代表者: 代表取締役 太田 睦 鈴木 達哉
事業内容: eギフトプラットフォーム事業の展開(以下4サービス)
・カジュアルギフトサービス「giftee」の運営
・法人を対象としたギフト販売システム「eGift System」事業の展開
・eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」事業の展開
・地域活性プラットフォーム「Welcome ! STAMP」事業の展開
URL: 株式会社ギフティ  (リンク »)
    giftee (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]