編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

ボイジャーの電子書籍リーダー「BinB」をアリスブックスが採用、4月27日、同人作品の電子書籍販売ストアをオープン!

株式会社ボイジャー

From: PR TIMES

2020-04-28 17:15

株式会社ボイジャー(東京都渋谷区、代表取締役社長:鎌田 純子、以下ボイジャー)は、株式会社アリスブックス(東京都台東区、代表取締役社長:八田 陽介)の新サービス「アリスブックス電子書籍」へ、ブラウザで動作する電子書籍リーダー「BinB(ビーインビー)」を提供しました。



[画像: (リンク ») ]


 株式会社アリスブックスが提供する「アリスブックス電子書籍」は、2020年4月27日に開始した同人作品の電子書籍販売サイトです。漫画のほか、イラスト集、小説、評論など、どんな種類の作品でも登録が可能です。

 原稿データを画像ファイル(jpg/png)にしてWEBブラウザ上からアップロードするだけで、電子書籍の登録・販売が出来ます。販売に必要なのは、アリスブックスのアカウントと書籍データのみ。特別な電子書籍用データへの変換や、専用のアプリをダウンロードする必要なく、簡単にデジタル販売が行えるようになります。また、データ暗号化を実装し不正利用を抑止するなど、電子書籍ビジネスを支える仕組みが整っています。

 同人作品のデジタル書籍配信であればこそ、特定のフォーマットや端末に縛られず、専用のアプリも必要としない読書環境が強く望まれてきました。BinBは2011年より市場導入され、大手販売・配信会社を含む多くの電子書籍サービスで活用されています。そのいずれの利用会社でも、ここへきて顕著な売り上げの伸びを記録しています。

 今後もボイジャーは、デジタル出版の可能性を追求すると共に、各クライアント企業の事業成長に貢献してまいります。

■BinB(ビーインビー)について
「BinB」はマルチデバイスに対応したブラウザベースの電子書籍リーダーです。EPUB 3、PDF、JPEG等のコンテンツをウェブサイト上で高速・快適に閲覧できます。独自DRM実装により、コンテンツの無料公開から、有料販売、サブスクリプションサービス、広告収益化等、幅広いビジネスでご利用いただけます。BookLive!、コミックシーモア等の電子書籍ストアを始め、電子図書館サービスTRC-DL、集英社・講談社サイト等、様々なサイトで月間1500万人以上の方々にご利用いただいています。

■アリスブックス電子書籍
(リンク »)

■BinB(ビーインビー)製品サイト
(リンク »)

■株式会社ボイジャーについて
代表取締役:鎌田純子
ホームページ: (リンク »)
1992年創業。米国ボイジャーとの合弁。現在は独立企業。日本で真っ先にデジタル出版に取り組み、今日まで市場開発を続けてきた。エキスパンドブック、T-Time(ティータイム)、dotBook(ドットブック)の開発元。デジタル出版のWeb(ウェブ)への移行の状況を受け止め、2010年からインターネットブラウザをリーダーとしたデジタル出版の活動を強化し、“Books in Browsers(ウェブブラウザーの中の本)”を基準としたRomancer(ロマンサー)、BinB(ビーインビー)の市場導入を行った。同時にWebでの出版に際して、フォーマットの世界標準を重視し、IDPF(International Digital Publishing Forum)やW3C(the World Wide Web Consortium)に参加している。また、EPUB日本語基準研究グループ(EPUBJP)を推進する。出版は「すべての人のメディアである」という考えを堅持し、新時代の技術や方法を多くの人々に寄与する活動を続けている。

■ 商標について
T-Time、.BOOK/ドットブック、BinB、Romancer、Power Thumbは、株式会社ボイジャーの登録商標です。会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

■報道関係お問い合わせ先
株式会社ボイジャー BinB事業部 林 純一
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-41-14
電話: 03-5467-7070 / FAX: 03-5467-7080
Email:sales@voyager.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]