編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

テイクアウトの認知はSNS経由が4割!!消費者アンケートから見る緊急事態宣言後のテイクアウト事情

Retty株式会社

From: PR TIMES

2020-04-30 18:55

日本最大級の実名口コミグルメサービス「Retty」を運営するRetty株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:武田 和也)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴う「緊急事態宣言」の発令を受け、テイクアウトに対する消費者動向を独自に調査しました。その分析結果の概要を、飲食店がテイクアウトを実施する際に活用いただける情報としてまとめましたので、公開いたします。



[画像1: (リンク ») ]


■「緊急事態宣言」発令後のテイクアウト利用について 調査結果 サマリー


テイクアウトを利用する理由は「美味しいものを食べたい」及び「飲食店を応援したい」が70%を超えている。
テイクアウト利用した飲食店は、「店内利用経験はあるがテイクアウト利用は初めて」という回答が約47%、全くの初めてと言う回答も約28%。
テイクアウト利用時には、飲食店までの距離が「徒歩10分以上」でも約6割が許容すると回答。
テイクアウト利用時には、回答者の約55%が待ち時間10分以内を希望している。
テイクアウトを知った理由としては、SNSの情報とお店の前に掲示される看板がそれぞれ約4割。
今後テイクアウトを実施する飲食店に対して求めることとして、「料理の質が良い」・「衛生面が安全」という回答がそれぞれ約50%。

■調査対象者
「Retty」アプリユーザーにアンケート配信、回答いただいた中から緊急事態宣言・特定警戒都道府県に指定されている13都道府県に居住する会社員・会社役員・自営業・パート・アルバイト・主婦・学生・その他 (計615名)
※調査結果は全て上記調査対象者の回答から得られた結果です。

■調査対象者の外食傾向(緊急事態宣言前)
Q.緊急事態宣言前の外食頻度はどれくらいですか?(ディナー)

[画像2: (リンク ») ]

週に1回以上外食をしていたという回答が約57%と半数を越えている。

■調査方法
Webアンケート
※今回のアンケートにおける「テイクアウト」の定義については、イタリアン・中華・定食屋などの店内飲食を前提とした飲食店(ファーストフード含む)のテイクアウトのみを対象としており、デリバリー・コンビニ・スーパー・弁当屋のテイクアウトは含みません。

■実施期間
2020/4/21(火)18:30~2020/4/24(金)12:00

■調査結果  概要

【「緊急事態宣言」発令後のテイクアウト利用状況】
Q.「緊急事態宣言」発令後に飲食店でテイクアウトを利用しましたか?

[画像3: (リンク ») ]


約56%と半数以上がテイクアウトを利用していると回答。

【テイクアウトを利用する理由】
Q.テイクアウトを利用する理由は何ですか?(複数回答可)

[画像4: (リンク ») ]

70%以上が「美味しいものを食べたい」・「飲食店を応援したい」と回答。34%が長引く自粛生活の影響からか「自炊が大変」と回答。

【テイクアウトを利用した飲食店は初めて利用した飲食店か】
Q.「緊急事態宣言」発令後、どんなお店でテイクアウトを利用しましたか?(複数回答可)

[画像5: (リンク ») ]

テイクアウト利用した飲食店は、店内利用経験はあるがテイクアウト利用は初めてという回答が約47%、全くの初めてと言う回答も約28%。

【テイクアウト利用する飲食店までの距離と注文してからの待ち時間に関して】
Q.テイクアウト利用する飲食店までの徒歩で行こうと思える距離を教えてください。

[画像6: (リンク ») ]

飲食店までの距離が「徒歩10分以上」でも約59%の約6割が許容すると回答。

Q.注文からどの程度まで待つことが可能ですか。

[画像7: (リンク ») ]



注文してから商品を受け取るまで待とうと思える時間は「10分以内」と約55%が回答。

【テイクアウトを実施していることを知った経路】
Q.どのようにしてテイクアウトをやっていることを知りましたか?(複数回答可)

[画像8: (リンク ») ]

SNSを見て知ったという回答が約41%、お店の前に掲示される看板を見て知ったという回答が約37%。

【テイクアウトを実施する飲食店に求めていること】
Q.今後、テイクアウトを実施している飲食店に対して、求めることを教えてください。(複数回答可)

[画像9: (リンク ») ]

「料理の質が良い」という回答が約49%、「衛生面が安全」という回答が48%。

【今後(緊急事態宣言解除後)の飲食店利用に対して不安に思うこと】
新型コロナウイルス感染症への感染に対する不安の声が多く挙げられました。

感染リスクや安全対策をどこまでしているのか
店舗がどのくらい感染対策に努めているのかわからない
混んでいるお店は不安になる
換気や他の利用客との間隔などが気になる
etc...



■テイクアウトポスター「当店のお料理お持ち帰りできます」POPの無料データ配布
テイクアウトの認知に関して、SNSの情報の次に店頭看板という回答が多かったことを受け、Rettyでは少しでも飲食店の力になれるよう「当店のお料理お持ち帰りできます」POPを無料でデータ配布しております。メニュー表や値札などもあわせて配布しております。
テイクアウトを実施されている飲食店の方はぜひご活用ください。
[画像10: (リンク ») ]

※当ポスターは、食品営業許可および取扱商品のテイクアウトに関する許可を得ている飲食店のみご利用いだたけます。
※当ポスターは、飲食店の衛生管理等を保証するものではありません。

A3サイズとA4サイズのデザインデータ(PDF形式)をご用意しております。
下記よりダウンロードしていただくか、お近くのコンビニエンスストア等のネットプリントをご利用いただき、出力してご活用ください。

・ダウンロードはこちら
(リンク ») (A3サイズ)
(リンク ») (A4サイズ)

・ネットプリント予約番号
UD48JA53CD
(印刷期限は2020/5/8(金)9:00まで)
※予約番号はA3サイズとA4サイズ共通です。
※ネットプリントはセイコーマート・ファミリーマート・ローソン各店舗でご利用いただけます。印刷の料金は、ご利用者様のご負担となります。


【飲食店の皆様へ】
飲食店や外食産業に関わる全ての皆様におかれましては、通常営業、運営ができないなど大変厳しい状況下にあるかと思います。
先の見えない状況下ですが、私たちRettyは飲食店の皆様と共にこの苦難を乗り越えるために、できることを一緒に取り組んでいきたいと思います。

テイクアウトやデリバリーを導入されていて「Retty」に掲載をご希望される飲食店の皆様は以下よりご登録、またはご連絡ください。

<Rettyお店会員>
・Rettyお店会員に関するご案内ページ(有料・無料)
(リンク »)
・Retty無料お店会員お申し込みフォーム
(リンク »)

テイクアウトの実施については、衛生管理について店舗がある地域を管轄する保健所にてご確認ください。
衛生管理以外でも、テイクアウト開始時に別途営業許可証が必要な場合もあります。こちらも管轄の保健所にご確認ください。
(リンク »)
また、行政、民間企業から様々な飲食店向けの支援策が発表されていますので、経済産業省HP特設ページ「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」をぜひご覧ください。
(リンク »)

今後も、Rettyは皆様と共にこの状況を乗り越え、飲食店や外食産業の維持・発展の為に様々な取り組みを続けて参りたいと思います。


■「Retty」について  (リンク »)
2011年6月にサービスを開始した実名口コミグルメサービス「Retty」は、グルメに強いこだわりを持つ方々を中心に、「オススメ」したいお店の情報を実名ベースでご投稿いただく形で運営しています。「BESTなお店が見つかるサービス」グルメサービスとして、20~40代の男女を中心に、幅広い年代にご利用いただいています。2018年11月に、月間利用者数が4,000万人を突破しました。

・Retty飲食店向けサービス ご案内ページ: (リンク »)

・「Retty」iPhoneアプリ: (リンク »)
・「Retty」Androidアプリ: (リンク »)

■ Retty株式会社 概要
会社名  Retty株式会社(Retty Inc.)  (リンク »)
代表者  代表取締役 武田 和也
所在地  東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル3F
事業内容 日本最大級の実名口コミグルメサービス「Retty」の運営

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Retty株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]