編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

つんく♂の無料絵本動画が話題!

株式会社双葉社

From: PR TIMES

2020-05-07 18:00

最新プロデュース作品を発売を待たず無料開放中

平成から令和への改元に伴う昨年のゴールデンウィークは、10連休最終日ということもあり、故郷やレジャーからのUターンラッシュで交通機関は混み合い、翌日に仕事を控え帰路を急ぐ大勢の人で街は賑わっていた。そんな様子が一変、今年2020年の連休最終日は数日前に新型コロナウイルス 感染症による緊急事態宣言の延長が発表され、多くの人が活動、外出自粛を続けている 。「ステイホーム」のための様々な商品やサービスが登場し、それぞれ家庭で快適に過ごせるような、環境の工夫に取り組んでいる。つんく♂さんの取り組みも、その内の1つだ。



[画像: (リンク ») ]

例え、ひとときであっても、笑顔とキュンが世界中に響き渡れば!とそう思っております。

自身のBlog( (リンク ») blog/entry 12594853492.html )でコメントし、まだ発売前のプロデュース最新作『ねぇ、ママ?僕のお願い!』(双葉社)を誰でも自由に楽しめるよう、絵本動画としてYouTube (URL: (リンク ») )で無料公開を始めた。

絵本、出来たけど発売日がだいぶ先になりそうなんで、せっかくの「母の日」のお話やし、それに間に合うように動画出しの ok もらったので 半ば強引ですが アップさせてもらいます!

と 、 Twitter( (リンク ») )でも告知。しつこいようだが、発売前だ。出版社としては死活問題。・・・が、こうなれば、我々も腹を決めた!双葉社は、つんく♂さんの想いとともに1人でも多くの読者に絵本動画をお届けしようと決意、併せて書籍絵本の発売日の確定を猛スピードで進めている。その間もTwitter上では、自分を投影、感情移入して涙するママたち から、
‶朝から心がほっこりして涙しちゃいました ″

‶息子の小学生時代を思い出して反省し、涙しました″

‶母の日の最高のプレゼント″

‶感動しました!子供の成長がかわいい!自分の子供もいつかこんなふうになるのかな″

など、心温まるメッセージが続々と寄せられ、コロナ禍で混沌とした「おうち時間」充実のための手助けコンテンツとなっているようだ。
今週末5 月 10 日は「母の日」。
不安を抱えながら家事に育児に仕事に、と、いつも以上に多忙を極めるママの支えの1つに『ねぇ、ママ?僕のお願い!』がなってくれれば幸いである。
[動画: (リンク ») ]


子育てするすべての人が、子どもからたくさんの勇気や愛、希望、そして笑顔をもらう絵本!
【タイトル】ねぇ、ママ?僕のお願い!
【作者】(詩)つんく♂/(絵)なかがわみさこ
【出版社】双葉社
【あらすじ】
ある日、「ボク」が突然、「買い物に行きたいんだ」とママにお願いする。
ママは「またおもちゃを買うの?」「今日は忙しいからダメ」「そんなことより、宿題は?」と頭ごなしに拒否する。次第に「ボク」は、大泣きしてしまった。それにもママは「泣いて頼んだってダメだから」と一蹴。しかし、「ボク」の本当の計画を打ち明けると……。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]