編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

来場しなくても株主総会にリアルタイムでバーチャル出席できる「バーチャル株主総会ソリューション」を提供開始

株式会社パイプドビッツ

From: PR TIMES

2020-05-08 10:00

株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、以下「パイプドビッツ」)は、本日2020年5月8日より、株主様が株主総会会場にご来場いただかなくても、インターネット上でバーチャルに株主総会に出席できる「バーチャル株主総会ソリューション」を提供開始しましたので、お知らせいたします。なお、本ソリューションはパイプドビッツの情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」を基盤に構築されています。




「バーチャル株主総会ソリューション」
URL: (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]




背景と概要

昨今、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、関係各所から外出自粛が強く要請されており、株主総会においても、株主様の安全を確保した運営をいかに実現するかが重要な課題となっています。

パイプドビッツは、2014年5月の第14回定時株主総会に、情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」を基盤に構築した「株主総会議決権行使システム」(※1)を導入し、インターネットによる事前行使や、総会当日の会場での議決権行使の電子化により、1票単位で正確かつ即時性のある決議結果発表を実現しました。翌2015年9月に、パイプドビッツから単独株式移転による純粋持株会社としてパイプドHDが設立した以降も、「株主総会議決権行使システム」を導入した定時株主総会を毎年開催し、運用実績を残してまいりました。

今回提供する「バーチャル株主総会ソリューション」は、株主様が株主総会会場にご来場いただかなくても、パソコンやスマートフォンからインターネットを通じて株主総会に出席できるバーチャル出席を実現します。なお、本ソリューションは、パイプドビッツの親会社であるパイプドHD株式会社の第5回定時株主総会にて導入する予定です。(※2)



「バーチャル株主総会ソリューション」の特長

(1)遠隔地からの「バーチャル出席」を実現
株主様は、株主総会当日にパイプドビッツが提供する議決権行使サイトにアクセスし、株主様宛に招集通知で届く「ログインID」および「パスワード」を入力して本人確認を行うことで、バーチャル出席を実現します。ログイン中は、株主総会のライブ中継を視聴しながら、議決権を行使したり、質問をしたりすることができます。

(2)議決権行使と集計がリアルタイムで可能
バーチャル出席中の株主様は、ライブ中継で会社の事業報告や質疑応答を見ながら賛否を決定し、議決権を行使できます。株主総会事務局は、インターネット上で行使された議決権を1票単位で正確かつセキュアに集計できます。また、当日バーチャル出席した株主様の議決権行使結果と、その他の手段による議決権行使結果を統合し、最終的な集計結果をリアルタイムで発表することができます。

[画像2: (リンク ») ]


(3)質問の受付や管理が可能
バーチャル出席中の株主様は、議長への質問をリアルタイムに投稿できます。株主総会事務局は、株主様から寄せられる質問を一覧化してステータス管理ができるため、議長とスムーズに連携できます。
[画像3: (リンク ») ]


(4)デジタルギフトの配布が可能
バーチャル出席された株主様に、ギフティ社の提供する「eギフト」(※3)によるお土産の配布が可能です。時間や場所の制約で、これまで株主総会会場へ足を運べなかった株主様にも、お土産が配布できることで公平性が保てます。

(5)企業ごとに異なる株主総会運営に即した対応が可能
どのような株主総会を実現したいかは企業により異なります。本ソリューションは、柔軟なアプリケーション構築が可能な「スパイラル(R)️」を基盤に構築しているため、「出席型」もしくは「参加型」、いずれのバーチャル株主総会にも対応可能です。企業の要望に即した最適なバーチャル株主総会をご提案できます。



今後の展開

広義のオンラインでの議決権行使・投票ソリューションという観点では、パイプドビッツは2011年の某アイドルグループの選抜総選挙投票受付システムをご提供させていただいて以来、様々な組織の意思決定にかかるオンライン投票・議決権行使のニーズにお応えするシステムを提供してまいりました。

現在、新型コロナウイルスの影響で、オンライン投票・議決権行使のご要望を多数いただいております。さらに、今回の新型コロナウイルス感染予防としてだけでなく、遠隔地から出席される株主様への配慮としてもバーチャル株主総会実現のニーズはさらに広がると考えられます。パイプドビッツは、IRのメール配信用途として、「スパイラル(R)️」のメール配信機能をご利用いただいている上場企業様を中心に他の上場企業様でもご活用いただくべく、ご提案に力を注ぎ、これからの日本の株主総会の運用向上と業務効率化を支援してまいります。

(※1)パイプドビッツ「株主の議決権事前行使をクラウド化する「株主総会議決権行使システム」を提供開始
~ スマホで手軽に電子行使、コーポレートガバナンス・コード対応にも貢献 ~」(2016年4月15日発表)
URL: (リンク »)

(※2)パイプドHD「「ハイブリッド出席型バーチャル株主総会」実施のお知らせ」(2020年5月8日発表)
URL: (リンク »)

(※3)「eギフト」は株式会社ギフティが提供する法人向けソリューション「giftee for Business」にて、キャンペーンの景品やお客様への謝礼として300種類以上のラインナップから選択可能。


「スパイラル(R)」とは

「スパイラル(R)」は、官公庁、金融、医療、不動産、教育機関など、約3,600社以上(2019年11月時点)の幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォームです。販売促進やCRMにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、皆様からお預かりする様々な重要情報資産を安全なプラットフォームで管理しています。
URL: (リンク »)


株式会社パイプドビッツ概要

法人名:株式会社パイプドビッツ
本社所在地:東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル
代表者:代表取締役社長CEO 林 哲也
業務内容:情報資産プラットフォーム事業、ソリューション事業


本件に関するお問い合わせ先

株式会社パイプドビッツ
SaaS営業部 有元、町中
お問い合わせ saas-sales@pi-pe.co.jp

※「スパイラル」は株式会社パイプドビッツの登録商標です。
※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]