編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「READYFOR SDGs × 大和リース」クラウドファンディングスタート「経済、社会、環境面を支援し、持続可能なまちづくりに寄与する活動」6件を公開(ニュースリリース)

大和ハウス工業株式会社

From: PR TIMES

2020-05-12 16:05

 大和リース株式会社(本社:大阪市中央区、社長:森田 俊作、以下「大和リース」)は、READYFOR株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:米良 はるか、以下「READYFOR」)が法人向けに開始したSDGsマッチング事業「READYFOR SDGs」において、「経済、社会、環境面を支援し、持続可能なまちづくりに寄与する」をテーマに募集したプロジェクト(活動)6件の採択を決定しました。これらは本日からクラウドファンディングにて支援募集を開始します。



 採択されたプロジェクトは「READYFOR SDGs × 大和リース」の特設ページにおいて2020年8月上旬(プロジェクトにより異なる)まで支援募集を行います。また目標金額を達成したプロジェクトに対しては、大和リースからクラウドファンディングの目標金額と同額の資金(マッチングギフト金)を寄付させていただきます。その後、プロジェクトが順次実施される予定です。

特設ページ: (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]


 大和リースは、循環型のリースビジネスを原点に「会社は社会の公器である」「何をすれば儲かるかではなく、将来にわたり世の中の人々が何を求めているかで事業を起こす」といった創業者精神を継承し、社会の課題を解決する商品やサービスを提供しています。
 READYFORは、クラウドファンディングサービス「READYFOR」を通じ、既存の金融サービスではお金が流れにくいNPOや医療機関、研究分野、地方での創業など、これまでもSDGs達成に寄与する1.3万件以上の活動を支援しています。これまでの不特定多数の個人の方々からのご支援に加え、企業の皆さまとタッグを組み、社会的な活動に対してより多様で大きなお金の流れができるようサポートしています。
 今後も両社では、パートナーシップによりSDGs目標11「住み続けられるまちづくりを」の実現を目指します。

■採択されたプロジェクト一覧

[画像2: (リンク ») ]



[表1: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]



[表2: (リンク ») ]



[画像4: (リンク ») ]



[表3: (リンク ») ]


[画像5: (リンク ») ]



[表4: (リンク ») ]



[画像6: (リンク ») ]



[表5: (リンク ») ]



[画像7: (リンク ») ]



[表6: (リンク ») ]




■READYFOR株式会社について
 READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をビジョンに日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」、法人向け事業「READYFOR SDGs」を運営しています。2011年3月のサービス開始から1.3万件以上のプロジェクトを掲載し、58万人から約120億円の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています(2020年5月12日時点)。「カンブリア宮殿」をはじめさまざまなメディアに掲載され、2016年6月サービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。2019年5月経済産業省等が主催する第5回日本ベンチャー大賞経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞。

■大和リース株式会社について
 大和リース株式会社は大和ハウスグループの中核企業として創業以来、確かな品質の商品とサービスを迅速に提供すること、地球環境に配慮しつつ資源の可能性を最大限に活かすことを基軸に事業を展開しています。スピーディーに建物を供給する「規格建築事業」、地域に密着したディベロッパーとして土地活用の可能性を追求する「流通建築リース事業」、パーキング建設・運営をはじめ、車・福祉・環境関連分野のリースを展開する「リーシング ソリューション事業」、環境保全の観点から緑化や省エネ対策を推進し、人と自然が共生できる社会を目指す「環境緑化事業」の4領域で社会に貢献しています。


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]