編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Eight 企業向けプレミアム、グループ・団体でもオンラインでの名刺共有が可能に

Sansan株式会社

From: PR TIMES

2020-05-14 10:10

多様なシーンで生産性向上をサポート

Sansan株式会社が提供する名刺アプリ「Eight」は、中小企業向けに展開している「Eight 企業向けプレミアム」がバージョンアップし、法人番号を持たない団体や企業内の部署単位、企業の枠を超えたグループでも、オンラインで名刺管理・共有が可能になったことを発表します。
 紙の名刺情報は、参照・共有がしにくく、特に昨今急増しているテレワーク・在宅勤務では、生産性や人脈の活用を阻害します。Eight 企業向けプレミアムは、平時はもちろん、在宅勤務時でも、人脈の共有による業務効率の向上や、メンバー連携をサポートします。



[画像1: (リンク ») ]


■バージョンアップの背景
Eight 企業向けプレミアムは、名刺アプリ「Eight」に、企業内で名刺情報を共有できる機能を付与した、中小企業向けサービスです。2017年のサービス開始当初より、人脈の共有・活用による業務効率化や営業の活性化、ビジネス機会の創出など、全国の中小企業で企業活動をサポートしてきました。

中小企業にとって、IT導入による生産性向上は喫緊の課題である一方、コストや知識・経験など、大きな障壁が存在しています(注1)。Eight 企業向けプレミアムは、社内での運用が容易なことと、月額1万円という利用しやすい料金設定などで、そうした障壁をクリアしており、サービス開始からおよそ2年で1000社以上、2020年4月時点で1300社以上の中小企業で生産性向上を後押ししています(注2)。

そうした中、中小企業だけでなく、法人番号を持たない団体(政治団体、NPO団体など)や、企業内の部署単位、グループ会社間での導入ニーズが数多く寄せられていました。

また昨今では、在宅勤務への移行やテレワークの機会が急増する中で、有事のBCP(事業継続計画)の一環として、ペーパーレス化・デジタル化の必要性が叫ばれています。名刺をデジタル化し、管理・共有することにより、紙の名刺を参照する業務での出社が不要となります。

Eight 企業向けプレミアムは、さまざまなケースでの生産性向上はもちろん、BCPのひとつとしても効果が期待できることから、より多くのビジネスシーンで活用してもらえるよう、バージョンアップする運びとなりました。

■新たな導入ケース・メリット
これまで企業単位での契約・導入に限られていましたが、今回のバージョンアップにより、次のようなケースでも、Eight 企業向けプレミアムを利用できるようになります。


法人番号を持たない団体

契約時に法人番号が不要となるため、法人番号を持たない団体(政治団体、NGO・NPO団体など)でもEight 企業向けプレミアムが利用できるようになります。ビジネス上の利益を目的としない団体でも、低コストで効率的な運営や、活動機会の創出が可能になります。

[画像2: (リンク ») ]




企業内の部署、グループ単位

ひとつの企業で複数契約が可能になるため、企業内の部署やグループごとに利用できるようになります。それぞれの部門のニーズに合わせた人脈の共有が実現し、業務効率化や、在宅勤務時でもメンバー間のコミュニケーションの活性化につながります。

[画像3: (リンク ») ]




企業の枠を超えたプロジェクトチーム

企業の枠を超えた利用ができるようになるため、グループ会社や他社との連携の場でも、人脈を可視化し、共有することができます。複数社合同のプロジェクトチームや、代理店や専門家に一部委託して業務を行うケースなど、所属が異なるメンバーでプロジェクトを進める際も、効率的な連携が実現します。

[画像4: (リンク ») ]


■料金体系・特典
・料金体系:
Eight 企業向けプレミアムは、1契約につき基本使用料金として月額1万円に加え、利用人数に応じてアカウント料が月額400円発生します。なお、契約期間は1年間です。
・特典:
バージョンアップキャンペーンとして、新規契約の場合は、下記特典のいずれかを提供します。
 - Eight専用の高性能スキャナーを無償で提供
 - メンバー1名分のアカウント料金を1年間無償で提供
 - 名刺のスキャンを無償で代行(上限10,000枚/グループ)
・対象期間:
2020年5月31日(日)まで
・キャンペーン詳細:
(リンク »)


Eight 企業向けプレミアムは、人脈の共有・活用を通じて、ビジネスの生産性向上をサポートし、可能性を広げるサービスとして、進化をつづけてまいります。

■参考
Eight 企業向けプレミアム詳細:
(リンク »)

注1:経済産業省「中小企業・小規模事業者の生産性向上について」 (2017年10月)
注2:Sansan株式会社「Eight 企業向けプレミアム導入社数1000社を突破~全国の中小企業でITによる生産性向上を推進~」(2019年9月)


(以上)

■名刺アプリ「Eight」
Eightは、名刺を起点とした国内最大のビジネスネットワークです。名刺を正確にデータ化して、スマートフォンアプリで管理することができます。登録したユーザー間で情報発信ができる「フィード」、チャットのようにコミュニケーションが取れる「メッセージ」、名刺だけでは伝えることができない経歴やスキルを伝える「プロフィール」といった機能を利用し、ビジネスにおけるコミュニケーションツールとして活用されています。2019年10月時点で、250万人を超えるユーザーに利用されています。

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」および個人向け名刺アプリ「Eight」を開発・提供しています。名刺管理を起点としたビジネスプラットフォームとして活用できるサービスを国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL: (リンク »)
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:62億34百万円(2020年4月13日現在)
事業内容:クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売
法人向け「Sansan」  (リンク »)  個人向け「Eight」  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]