編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

デル テクノロジーズ、パンデミックで急増中のフィッシング詐欺対策としてフィッシングサイト閉鎖サービスを初期設定費用が無料などの特別対応で提供

EMCジャパン株式会社 RSA事業本部

From: PR TIMES

2020-05-19 10:00

デル テクノロジーズの日本における事業を展開するデル株式会社(本社:神奈川県川崎市、URL: (リンク ») )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、URL: (リンク ») ):(代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル テクノロジーズ)は、パンデミックにより急増中のフィッシング詐欺に対する顧客保護対策を急務とする企業を支援するため、オンライン不正対策製品の「RSA FraudAction」について、特別対応での提供を本日より開始します。



パンデミックに便乗したフィッシング被害の報告件数は、3月から増えており(*1)、複数の省庁や関連団体が注意喚起している状況です。在宅勤務による通常と異なる業務プロセス(請求や支払い処理の変更、ビデオ会議など)、セキュリティ対策が不十分なまま開始したリモートアクセス、公的機関の支援策などを巧みに悪用したフィッシング詐欺は今後しばらくの間も発生し、金銭や個人情報の窃取、身代金を要求する犯罪が増加し続けることが推測されます。

事業経営や個人生活が甚大な影響を受けている現在の世界的な状況において、RSAは、世界のお客様の最優先課題を重視し、それに応えていくことに真摯に取り組んでいます。前回のリモートアクセス体制の整備支援(*2)に続き、第二弾となる今回は、世界中で急増しているフィッシング詐欺に対し、被害に遭われている、ならびに自社顧客の保護対策を迅速に遂行したいと考える事業者向けに、フィッシングサイトの閉鎖を中心としたサービス「RSA FraudAction」について、導入費用を軽減して迅速にサービスを利用できるよう支援を開始します。


◆特別提供の内容について
適用対象
「RSA FraudAction 360」25インシデント(*3)以上、または、「RSA FraudAction フィッシングサイト閉鎖サービス」6インシデントを、新規にご契約いただくお客様

提供内容


対応インシデント数を、契約数の30%増しの数で提供(例:「RSA FraudAction 360」25インシデントでは33インシデント、「RSA FraudAction フィッシングサイト閉鎖サービス」6インシデントでは、8インシデントにて契約)
初年度に使用しなかったインシデント数を、次年度に繰り越し可能
初期設定費用(通常1,344,000円、消費税別)が無料
契約締結より10営業日以内のサービス提供開始を保証
契約者がクレジットカード会社の場合は、クレジットカードストアプレビュー(*4)情報を3ヶ月間、無料で提供


対象期間
2020年5月19日(火)~7月31日(金)
終了日については、状況を鑑み延長する可能性があります。


◆お申込み、お問い合わせ
利用条件や利用方法、利用の申込みは、RSA事業本部、またはRSAのビジネスパートナーにご連絡ください。
連絡先:info-j@rsa.com

*1 2020年4月のフィッシング報告状況(フィッシング対策協議会)より。
(リンク »)
*2 第一弾は、リモートアクセスの導入を急務とする企業を支援するため、ユーザー認証製品の「RSA SecurID Access」を、期間限定で無償または特別価格で提供(4月6日発表)
(リンク »)
*3 インシデント数とは、1年間にRSAが閉鎖作業を実行するフィッシングサイトの数を指す
*4 クレジットカードストアプレビューとは、ダークウェブ(闇市場)等で流通している、盗まれたクレジットカードの情報(カード番号、名前、有効期限等)の一部だけのリスト。RSA Anti-Fraud Command Centerは、契約顧客に報告する目的でダークウェブ等を探索している。


■RSA FraudAction 360について
フィッシング詐欺、トロイの木馬、不正なモバイルアプリケーションおよびSNSに対する不正行為の検出および閉鎖、脅威インテリジェンスのフィードを含むオンライン不正対策サービス。フィッシングサイトの早期発見、短期閉鎖、被害発生の抑止を強化できる。
(リンク »)

■RSAについて
デル テクノロジーズの1ブランドであるRSAは、統合された可視性、自動化されたインサイト、協調的なアクションでデジタルリスク管理への統合化されたアプローチを組織に提供する、ビジネス主導のセキュリティソリューションを提供しています。RSAソリューションは最新の攻撃を効果的に検知、対応し、ユーザーのアクセス管理、ビジネスリスク、不正アクセスとサイバー犯罪を軽減するよう設計されています。世界中の数百万のユーザーをサイバー攻撃から守り、不透明かつハイリスクな世界においてフォーチュン500にランクインする9割以上の企業の成長に役立てられています。 (リンク »)

■デル テクノロジーズについて
デル テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革するのを支援します。同社は、データ時代に向けて、業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。


(C) Copyright 2020 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.
Dell Technologies, Dell, EMCおよびDell EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]