編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

#心豊かなおうち時間 #みんなでつなげる山手線 Vol.2~東京感動線企画、おうちでの「学び」を応援・音でまちを感じるコンテンツ~

東日本旅客鉄道株式会社

From: PR TIMES

2020-05-22 16:35



[画像1: (リンク ») ]


[表: (リンク ») ]



1 西日暮里駅「エキラボniri」のワークショップをオンラインで開催します
 2019年10月、西日暮里駅に誕生した「エキラボniri」※2では、地域と連携したワークショップ等を開催しています。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、現在はワークショップ等の開催を中止・延期していますが、このたび一部のワークショップをオンラインで開催いたします。
※2 「エキラボniri」については2019年9月17日に東京支社より発表済み

(1) 日時
1. 2020年6月13日(土)16時00分~17時30分 (5日前までに要予約)
2. 2020年6月20日(土)16時00分~17時00分 (5日前までに要予約)
3. 2020年6月21日(日)13時00分~14時00分 (5日前までに要予約)
(2) 内容
1.こども書道(定員8名)
 幼児(年長以上)から中学生向けの書道教室です。
2.懺悔(ざんげ)書道(定員15名)
 心の中のわだかまりを、懺悔(ざんげ)書としてしたためます。
3. ハーバリウムマーケット(定員15名)
 気軽に楽しめるインテリアフラワーを好きな瓶や材料で作ります。
(3) 主催  JR東日本「東京感動線 TOKYO MOVING ROUND」
   運営 株式会社 HAGI STUDIO
[画像2: (リンク ») ]

※詳細は、「KLASS」公式ウェブサイトをご覧ください。
  公式ウェブサイト: (リンク »)

2 西日暮里駅「エキマド」で体感できる空間音響アート『呼吸する駅』 をオンラインで公開します!
 地域や駅の情報を発信する西日暮里駅のコミュニケーション・ウォール※3「エキマド」には、空間音響アート 『呼吸する駅』が組み込まれています。これは、欧州を中心にグローバルに活動する、サウンドアーティストの及川潤耶氏(ソニフィディア合同会社代表)が、西日暮里駅周辺の環境や歴史を独自の視点で解釈し、駅構内を満たす音として再構築しました。
 このたび、この空間音響アートをおうちでも楽しめるよう、ウェブサイト上でも公開しました。
 電車のサウンドと周辺の環境とが相まって、遠くから聞こえてくるささやかな西日暮里駅の呼吸。耳元を通り過ぎる立体的な音響風景のうつろいとなって、ヘッドホンから瞑想的に体感できます。
※3 「コミュニケーション・ウォール」については2019年9月17日に東京支社より発表済み

■空間音響アート 『呼吸する駅』について

[画像3: (リンク ») ]

 世界で初めて駅に実装される空間音響アート『呼吸する駅』は、時間帯や季節によってリズムを変えながら複数のスピーカーから出る音が一体となり、西日暮里の駅構内を満たします。
 今回、かつてこの地域を流れていた藍染川(ぞめがわ)にちなんで「水」をテーマとしました。また、今後地域の方とのワークショップなどを通じて、テーマ等を更新していくことを検討しています。

※詳細は、「空間音響アート 『呼吸する駅』」専用ウェブサイトをご確認ください。
 空間音響アート 『呼吸する駅』 専用ウェブサイト: (リンク »)

■地域や駅の情報を発信するコミュニケーション・ウォール「エキマド」について
 「エキマド」は、西日暮里駅改札外コンコースに、地域内のコミュニケーションを創発するため設置されたボードです。このボードにはテーマのある複数の「マド」が設けられており、「マド」を覗くと、駅や地域の情報を得ることができます。
 例えば、駅社員同士が他己紹介をしている「エキで働く人のマド」や、西日暮里スクランブル※4内のBOOK APARTMENT店長がお勧めする本を借りることができる「本屋のマド」もあります。地域の情報を提示する 「まちへのマド」や、昔の駅の伝言板を現代風に再現した「伝えるマド」、子どもが自由にお絵かきできる  「子どものマド」なども準備されています。
※4 「西日暮里スクランブル」については2019年9月17日に東京支社より発表済み
[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]


3 「東京感動線×TABICA 山手線の暮らしを旅しよう」のオンライン体験を募集します!
 2019年9月より株式会社ガイアックスと連携してスタートした、山手線沿線の魅力的な体験を提供するサービス「東京感動線×TABICA 山手線の暮らしを旅しよう」※5では、このたび山手線沿線の魅力的な体験をオンラインでご提供いただける方の募集を開始します。
※5 「東京感動線×TABICA 山手線の暮らしを旅しよう」については2019年9月10日に東京支社より発表済み
[画像7: (リンク ») ]

(1) 募集日時
2020年5月21日(木)以降、随時登録が可能です。
(2) 募集条件
1. オンライン体験を通じて山手線沿線のまちや人の魅力を、参加する方に伝える気持ちがある方。
2. オンライン体験を通じて自分の「好きなこと」「夢中になっていること」を、参加する方々へ共有したい方。
3. オンライン体験を通じて、地域を盛り上げたい方。
4. オンライン体験を提供していただく方は、個人・企業・自治体などジャンルは問いません。
(3) 東京感動線ホスト登録方法
1. 新規登録される方
 特設ウェブサイト内の「ホストになる」ページをご覧の上、TABICAユーザ登録をお願いします。
 その後、オンライン体験をご登録ください。
 特設ウェブサイトよりホスト登録を頂いた体験を優先的に掲載いたします。
 特設ウェブサイト: (リンク »)
 ※登録後に上記募集条件を著しく逸脱している体験の提供が確認された場合、特設ウェブサイトへの掲載を取りやめさせていただく場合がございます。その場合でも通常のTABICA公式ウェブサイトではオンライン体験の販売が可能です。
2. TABICA公式ウェブサイトからユーザ登録を済ませている方
 マイページ内の「ホストになる」ページよりホスト申請を行った後、TABICA公式ウェブサイト内の「【公式】東京感動線」プロフィールページのメッセージフォームからご連絡ください。
(4) 主催  JR東日本「東京感動線 TOKYO MOVING ROUND」
   運営 株式会社ガイアックス「TABICA」

■TABICA

[画像8: (リンク ») ]

 TABICAは、株式会社ガイアックスが運営する体験のCtoCマッチングをおこなっているプラットフォームサービス。ガイドブックの見どころを巡る普通の観光とは一味違った、案内人自身の知識や知見を活かした体験を提供している。体験を開催するハードルも非常に低く、知見を生かしたワークショップや街歩きから、居酒屋街を飲み歩く体験まで幅広く出揃っている。2015年6月よりサービス提供以降、総登録者数約60,000人、ホスト登録数は約11,000人に達する。
TABICA公式ウェブサイト: (リンク »)

 「TABICA」では新型コロナウイルス感染拡大による影響を考慮し、いち早くオンラインの体験提供を開始し、既に400を超えるオンライン体験が提供されています。

【オンライン体験例】「子どもでも簡単!手作りおこし体験!」

[画像9: (リンク ») ]

 日本で最も古いとされる和菓子「おこし」の伝統を受け継いだ職人とオンラインで対話をしながら、自宅で「おこし」を手づくりするオンラインワークショップ。
体験申込ページ: (リンク »)

4 オンラインイベント「親子でオンライン体験フェス」に東京感動線が出展します!

[画像10: (リンク ») ]

 親子でオンライン体験フェス実行委員会とTABICA(株式会社ガイアックス)が共同開催する日本最大級の親子向けオンラインイベント「親子でオンライン体験フェス」に東京感動線が出展します。
 2020年5月5日(こどもの日)に開催された第1回「親子でオンライン 体験フェス」の出展がご好評をいただき、第2回となる今回も出展します。

(1) 日時 2020年6月6日(土)10時30分~11時10分
(2) 出展内容 「おうちで旅する山手線講座」
世界でも珍しい都心の地上を走る環状線である山手線の沿線には沢山の魅力が隠れています。本講座では親子で楽しめるようにクイズ形式で、山手線の駅や沿線の魅力を紹介します。
(3) 定員 1000組(先着順)
(4) 申込み先   (リンク »)  ※TABICAへの会員登録が必要です。
(5) 主催  親子でオンライン体験フェス実行委員会
(3) 共催  株式会社ガイアックス「TABICA」

■「親子でオンライン体験フェス」概要

[画像11: (リンク ») ]

 株式会社ガイアックスと親子でオンライン体験フェス実行委員会が共同開催するオンラインイベント。5月5日に開催された第1回イベントでは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、長期間の自粛を余儀なくされた親子向けに、様々な専門家・企業によるワークショップを複数同時提供した結果、7,482名の来場を記録。今回が2回目の開催。
 日時:2020年6月6日(土)9時30分~16時00分
 イベントウェブサイト: (リンク »)

 「東京感動線」では、今後もおうちでも楽しめるコンテンツを展開していきます。また、その他にも、JR東日本で展開しているおうちで楽しめるコンテンツも紹介しています。特設ページ:  (リンク »)
[画像12: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東日本旅客鉄道株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]