編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ぷらっとホーム、置くだけでリモートオフィス環境になる「EasyBlocks Remote Office」に無線対応子機を追加

ぷらっとホーム株式会社

From: PR TIMES

2020-05-27 16:25

2020年5月27日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証二部6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、現在好評販売中の置くだけでリモートオフィス環境を実現する「EasyBlocks Remote Office」(イージーブロックス・リモートオフィス)のラインナップに無線対応子機を新たに追加する事を発表いたします。



「EasyBlocks Remote Office」の発表以来、テレワークへの移行が急務であるお客様より多数のお問い合わせをいただきましたが、これまで子機は有線LANに対応したモデルしかなく、自宅内に無線LAN対応のPCしかないケースでは本製品の導入は困難でした。

この度、無線LANに対応した子機をラインナップに追加したことにより、会社にリモートアクセスしたい自宅PCは有線・無線LAN問わず接続できるようになり、より多くのお客様がご利用いただける製品となります。

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


「EasyBlocks Remote Office」について
◆つなげばすぐに会社と同じネットワーク環境に
「EasyBlocks Remote Office」は子機を自宅に置くだけでテレワーク環境が構築できるアプライアンス製品です。コンパクトサイズの「親機」、手のひらサイズの「子機」から構成され、親機は会社のネットワークで設定し、子機は自宅のインターネット回線とパソコンにつなぐだけで、簡単に社内のネットワークにアクセスできるようになります。

◆管理者の負担を大幅に削減する追加機能
子機は販売時に設定内容をお伺いし、当社にて子機1台1台に設定を施し出荷する為、設置するだけでリモート環境が実現します。それにより、各社員のネットワーク設定やその連絡なども不要となり、管理者の負担を大幅に削減。加えて、親機はWeb UI操作によって導入・設定作業が容易で、新たにCSVインポートによる子機の一括登録機能も搭載しました。
また、親機側も当社にて設定し出荷するサービスも提供致しますので、管理者に負担をかけないリモートオフィス環境構築を支援いたします。

◆セキュリティ・運用面も安心の技術・機能
本製品のVPN技術は筑波大学研究プロジェクトから生まれ、多数の導入実績のあるオープンソースのSoftEther VPNを活用。暗号化プロトコルはSSLを使用し、通信セキュリティ面も安心です。また、セキュリティログやパケットログを取る事ができ、正常動作の確認、トラブルの追跡、不正アクセスやポリシー違反の発見などが行え、安心してリモートオフィス環境の運用が行えます。

出荷開始日
無線対応子機を2020年7月1日より順次出荷開始

市場想定価格
■製品本体
EasyBlocks Remote Office 親機:税抜 ¥298,000
EasyBlocks Remote Office 有線対応子機:税抜 ¥39,800
EasyBlocks Remote Office 無線対応子機:税抜 ¥27,800(新規追加)

■オプション
親機出荷時設定サービス:税抜 ¥29,800より
※お受けする作業内容により変動する場合がございます。

■サブスクリプション (保守サービス)
EasyBlocks Remote Office 親機1年更新:税抜 ¥35,000
EasyBlocks Remote Office 有線対応子機1年更新:税抜 ¥4,980
EasyBlocks Remote Office 無線対応子機1年更新:税抜 ¥3,980(新規追加)
※初年度は製品本体の価格に含まれます。

製品に関する詳細情報
製品に関する情報やよくあるご質問等を下記URLにて掲載しております。

「EasyBlocks Remote Office」製品情報
(リンク »)

「EasyBlocks Remote Office」よくあるご質問(FAQ)
(リンク »)

製品画像ダウンロードページ (プレス様向け)
(リンク »)

ぷらっとホームについて
ぷらっとホームはマイクロサーバー・IoTゲートウェイの開発製造大手です。1993年の創業よりLinuxサーバーのパイオニアとして、通信やネットワーク分野に自社製コンピューターを供給してきました。代表的な製品である超小型Linuxマイクロサーバー「OpenBlocks(R)」は、大手通信事業者をはじめ、物流、輸送、金融、エネルギー産業、官公庁など日本の社会インフラを支える様々な領域で採用されており、成長しつつあるIoT(Internet of Things: モノのインターネット)の分野でもLinuxサーバーをベースとした当社のIoTゲートウェイは大きな注目を集めています。

SoftEther VPNについて
SoftEther VPN はオープンソースで複数 VPN プロトコル対応の VPN ソフトウェアであり、筑波大学における研究プロジェクトとして運営されています。同ソフトウェアは独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA) の支援によって登大遊氏(現 筑波大学 准教授)により開発されました。

※本製品の開発にあたり、SoftEther VPNの開発を主導されているソフトイーサ株式会社及び、同社代表取締役で開発者の登大遊氏のご協力に謝辞を申し上げます。

本発表に関するお問い合わせ先
・ぷらっとホーム株式会社 製品マーケティング部
pr@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4373 / Fax 03-3221-0882

※1.外観・仕様・価格等は予告なく変更する場合があります。
※2.ぷらっとホームおよびPlat'Homeの名称・ロゴは、日本国およびその他の国における、ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
※3.その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ぷらっとホーム株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]