編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

学校向け「学生支援給付金申請システム」を提供開始

株式会社パイプドビッツ

From: PR TIMES

2020-05-28 15:35

~ 支援金給付用の口座情報を安全かつスピーディーに収集 ~

株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、以下「パイプドビッツ」)は、学校向けに「学生支援給付金申請システム」を開発し、本日2020年5月28日より提供開始しました。
本システムは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響などで学費の工面が困難になった学生の支援金給付申請をシステム化することで、給付用の口座情報をオンライン上で安全に収集、確認、差戻しを完結し、学生と給付担当者双方の負荷を軽減します。なお、本システムはパイプドビッツの情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」を基盤に構築されています。また、本システムは先行して、神田外語大学(千葉県千葉市、学長 宮内孝久)のほか、3大学への提供が決定しています。

▼学校向け「学生支援給付金申請システム」
URL: (リンク »)




背景と目的

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、保護者の家計の急変や学生のアルバイト収入の減少など、金銭的な理由で修学の継続が困難になり、支援金を必要とする学生が増加しています。支援金の給付を検討する教育機関においても、これまでの対面や郵送による申請手続きでは給付までに時間がかかることや、給付担当者の在宅勤務に伴い口座情報や個人情報など機密性の高い情報に安全にアクセスする環境の整備が難しい状況下にあります。

そこでパイプドビッツは、学生がオンライン上で安全に支援金給付申請ができ、学籍番号に紐づいた口座情報一覧の自動作成によって給付担当者の給付手続きを効率化する「学生支援給付金申請システム」を提供開始いたします。郵送申請の手間と時間を削減できるほか、申請時の必須事項や入力ミスの自動チェックで申請不備を最小限にし、在宅勤務の環境下でもオンライン上で申請内容の確認が行えることで、申請受付から給付までの業務効率化が期待できます。これにより、学生と給付担当者双方の負荷の軽減を実現します。


システム概要

学生は、スマートフォンから本人確認の上、給付金の振込先口座情報を登録し、オンライン上で支援金給付の申請手続きが行えます。給付担当者は、学生が申請した内容を検索・承認・出力することができます。


学生支援給付金申請システムの流れ


1.【ログイン情報をインポート】
  給付担当者が、学籍番号、認証用パスワード2種をデータベースにインポートする。

2.【必要書類の発送】
  給付担当者が、仮登録用のQRコード、学籍番号、認証用パスワード2種を同封した書類を学生に発送する

3.【仮登録】
  学生が、スマートフォンでQRコードを読み取り、同封の学籍番号と仮登録用のパスワードでログインし、メールアドレスを登録する。

4.【本登録】
  学生が、自動返信メールに記載された本登録用のURLにアクセスし、学籍番号と本登録用のパスワードでログインする。通帳の画像データを添付し、振込先の口座情報を登録する。

5.【申請内容の承認】
  給付担当者が、管理画面から学生の申請内容を検索・確認する。登録された口座情報と通帳の画像データを目視で確認し、承認作業を行う。

6.【振込先リスト出力】
  給付担当者が、承認データを一括出力し、給付作業を行う。
[画像: (リンク ») ]




「学生支援給付金申請システム」の特長

(1)密な状態を作らずいつでもオンラインで受付
学生は窓口に並ぶことなく、スマートフォンから24時間いつでも支援金給付申請ができます。
学籍番号に紐づいた口座情報はWebで一元管理され、在宅勤務中の給付担当者は管理画面から申請状況を確認できます。

(2)振込先口座情報を正確に収集
Webフォームの入力補助機能により、記入漏れや入力不備を未然に防げます。通帳の画像データを添付する機能も備えているため、給付担当者は登録された口座情報と通帳の画像データを目視で確認でき、申請内容に不備があった際は、システム上で差戻しができます。また、一般社団法人全国銀行協会が販売する「金融機関コード便覧(最新版)」をお持ちであれば、全国の金融機関コードや店舗コードなどを簡単に検索でき、学生の心理的なストレスを軽減できます。

(3)学籍番号に紐づいた口座情報を一括出力
学生が登録する口座情報は、本人の学籍番号と紐づいて登録されるため、給付担当者は管理画面から承認後のデータを一括出力することで、データ化作業をすることなく簡単に振込先リストを生成できます。

(4)高セキュリティ×スピード導入
本システムに登録される口座情報は、厳格なセキュリティが求められるメガバンクや金融庁、100以上の金融機関が採用している堅牢な「スパイラル(R)」で安全に管理され、最短4営業日でご利用可能です。


「スパイラル(R)」とは

「スパイラル(R)」は、官公庁、金融、医療、不動産、教育機関など、約3,600社以上(2020年2月時点)の幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォームです。販売促進やCRMにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、皆様からお預かりする様々な重要情報資産を安全なプラットフォームで管理しています。なお、教育機関では100校以上にご利用いただいています。
URL: (リンク »)


株式会社パイプドビッツ 概要

法人名  :株式会社パイプドビッツ
本社所在地:東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル
代表者  :代表取締役社長CEO 林 哲也
業務内容 :情報資産プラットフォーム事業、ソリューション事業


本件に関するお問い合わせ先

株式会社パイプドビッツ 地域広域事業本部 高橋、石橋
お問い合わせ: (リンク »)

※「スパイラル」は株式会社パイプドビッツの登録商標です。
※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]