編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

スターライト工業 広島工場の基幹業務システムを「Microsoft Dynamics 365」で刷新

株式会社日立ソリューションズ

From: PR TIMES

2020-06-04 11:00

サプライチェーンに関する情報を一元化し、在庫の精度向上と製造コストの最適化を実現

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、高機能プラスチック製品の設計・開発・製造を手がけるスターライト工業株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:西郷 隆晄/以下、スターライト工業)において、自動車部品の設計・開発・製造を担う広島工場に、マイクロソフト社のクラウド型ERP「Microsoft Dynamics 365(以下、Dynamics 365)、および日立ソリューションズの「グローバル製造業向け原価管理テンプレート for Microsoft Dynamics 365(以下、原価管理テンプレート)」を導入し、2019年10月に稼働しました。
 スターライト工業では、本システムの導入によってサプライチェーンに関する情報を一元化でき、システム上の理論在庫や製品別原価計算の精度を向上させて、経営判断に活用することが可能となりました。



■背景
 スターライト工業 広島工場は、モビリティソリューションズカンパニーの事業セグメントに属し、自動車部品を製造する主要な生産拠点です。1974年からメインフレームを活用して基幹業務システムを運用してきましたが、メインフレームの保守期限が迫る中、新しいシステムへの切替えが必要でした。
 従来、在庫管理においては、基幹業務システムと、Excelで分散して管理していたデータを、担当者が棚卸業務の都度あわせて在庫数を算出しており、作業効率向上や理論在庫の精度向上が課題でした。また、原価管理においても、さらなる収益改善につなげるため、製品ごとの原価構造の把握が課題でした。
 このような背景の下、 スターライト工業はグローバルで豊富な導入実績があり、システム運用管理コストを削減できるクラウド型ERP「Dynamics 365」を導入しました。また、日立ソリューションズの「Microsoft Dynamics 365 統合ERP構築サービス」のテンプレートの一つである、原価計算の精度向上を支援する「原価管理テンプレート」を併せて導入しました。

■システムの導入効果
1.在庫管理と理論在庫の精度向上に貢献
 仕入先への発注履歴と、協力会社に支給する部品の入出庫を同一のシステムで管理することで、在庫の保管場所や在庫数の一元管理を実現し、サプライチェーン全体の理論在庫の精度向上に貢献しました。

2.製造コストの最適化に貢献
 製品単位の原価構造が可視化されたため、実際原価と標準原価の差異の把握や、製品ごとの受注時原価の見通しと実際原価の比較が容易になり、収益性の分析や改善につながる、より適切な原価管理の仕組みを実現しました。

3.システム運用負荷を低減
 サプライチェーンに関する情報の一元管理の実現と、クラウドサービスの利用により、システムの運用負荷を低減しました。

■お客様からのコメント
 スターライト工業 ビジネスサポート本部およびモビリティソリューションズカンパニーより、以下のコメントをいただいています。
 「新しい基幹システムの稼働により、スターライト工業が抱えていた原価と在庫に関する課題解決につながりました。在庫については、棚卸業務での理論在庫の精度が高まり、あるべき姿に近づいたと評価しています。さらに、『原価管理テンプレート』を導入したことで、実際原価と標準原価の差異が把握でき、原価管理が格段に改善しました。製品別に原価を確認することが可能になり、受注時原価の見通しと実際原価の比較が容易になりました。また、正確な理論在庫量に基づいた所要量計算によって、発注量と在庫の最適化につながることを期待しています。
 プロジェクトを通して日立ソリューションズには、当社の業務を理解した上で、在庫状況の把握や原価計算への要望をシステムに反映していただき、満足できるシステムが完成しました。
 今後、「Dynamics 365」を核として、各種データのBIツールでの分析による経営分析への活用、 PLM*との連携、原価企画の実現など、さらなる経営基盤の強化に取り組んでいきますので、サポートや提案を期待しています」
 * Product Life cycle Management:製品ライフサイクル管理

■ 日立ソリューションズグループのMicrosoft Dynamics 事業について
 日立ソリューションズグループは、グローバル対応力、多数の導入実績、業種知識を活かしたソリューション群、マイクロソフト社とのパートナーシップ、の4つの強みを持っています。これらの強みを生かし、グループ各社とともに、全世界で一貫したグローバルソリューションを提供しています。
 日立ソリューションズは、今後も、企業の基幹業務システムの課題に対し、「Microsoft Dynamics 365 統合ERP構築サービス」の提供を通じて、経営基盤強化に貢献していきます。
 URL: (リンク »)

■ 導入事例紹介のサイト
 URL: (リンク »)

■ 商品・サービスに関するお問い合わせ先
 URL: (リンク »)

■ 日立ソリューションズについて
 日立ソリューションズは、日立グループのITソリューション事業の中核を担う企業として、社会生活や企業活動を支えるさまざまなソリューションを提供しています。
 日本全国、北米、欧州、アジアのグループ会社が一体となり、お客様との協創をベースに、AIやIoTなどの最先端のデジタル技術を活用し、デジタルトランスフォメーションを実現します。
 そして、人々が安全にかつ安心して快適に暮らすことができ、持続的に成長可能な社会の実現に貢献していきます。
  (リンク »)

※ Microsoft Dynamics、Dynamics 365、Excelは、マイクロソフト コーポレーションの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ 本文中の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日立ソリューションズの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]