編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

【 アイル システム導入事例 】化粧品輸入・製造・販売業のピー・エス・インターナショナル様が、「アラジンEC」と「アラジンオフィス」を導入

株式会社アイル

From: PR TIMES

2020-06-11 15:00

BtoB ECとEDIを、販売・在庫管理システムと連携。受注処理を約1/2自動化し、残業削減


 企業向け業務管理システム開発・提供の株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)が提供するBtoB専用ECパッケージ「アラジンEC」と、販売・在庫管理システム「アラジンオフィス」が、化粧品輸入・製造・販売業の株式会社ピー・エス・インターナショナル様に導入されました。
 同社は「アラジンEC」とEDIを「アラジンオフィス」と連携したことで、受注処理の1/2が自動化され、残業の削減につながりました。



[画像1: (リンク ») ]


【 ピー・エス・インターナショナル様が導入したシステムについて 】

・BtoB専用ECパッケージ「アラジンEC」
  (リンク »)
企業間の電話・FAXなどによる受発注業務をBtoB専用のECサイトで可能にし、売り手・買い手企業ともに利便性向上を支援します。「アラジンオフィス」はもちろん、既存の販売管理システムとも連携できます。

・販売・在庫管理システム「アラジンオフィス」(化粧品・理美容品業界向け)
  (リンク »)
各業界特有の商習慣に適した機能性を備えた、販売・在庫管理パッケージシステムで、化粧品・理美容品業にも多く導入実績があります。企業ごとのカスタマイズも柔軟に可能です。


【 システム導入前の課題 】

・先入れ先出し管理や、EDIと販売管理システムの連携ができず。手作業の多さから残業は月平均で約80時間に
以前の販売管理システムでは、輸入に伴い必要になる先入れ先出し管理ができていなかった。受注は、百貨店との取引には業界EDIを使用し、その他はFAXや電話・メールを利用。EDIと以前の販売管理システムは連携できておらず、受注データは全て手入力していた。残業は、月平均で約80時間に及んでいた。


【 アイルへの決め手 】

・ 基本機能の充実さと、カスタマイズ範囲の広さがポイントに
「アラジンEC」「アラジンオフィス」ともに、基本のパッケージ機能が充実しているうえ、カスタマイズできる範囲の広さが導入の決め手に。自社でのBtoB EC導入と販売管理システム入れ替え、さらにEDI連携を検討していた同社にとって、全てのサービスが揃ったアイルは最適だった。


【 システム導入後の効果 】

1.「アラジンオフィス」で在庫のロット管理や先入れ先出し管理が可能に。委託倉庫システムとも連携
「アラジンオフィス」導入により、製造ロットナンバーごとの在庫管理や、先入先出法に基づく在庫表の出力が可能に。外部の委託倉庫のシステムと「アラジンオフィス」を連携し、出荷管理の精度も向上した。

2.EDIと「アラジンオフィス」を連携し、受注入力が不要に
「アラジンオフィス」とEDIを連携。EDIに入った受注データが「アラジンオフィス」に自動で取り込まれるため、入力作業が不要になった。

[画像2: (リンク ») ]


3.FAX注文の取引先用に、BtoB ECを構築。受注処理は1/2自動化され、残業が削減
「アラジンEC」導入により、EDIを利用していない、FAXを利用していた中小規模の取引先からの注文を、クローズドなECサイトで受ける仕組みを構築。EDIと「アラジンEC」が「アラジンオフィス」と連携されたことで、受注入力作業は約1/2自動化された。残業や、FAXの通信費や紙の消費も削減されている。

4.取引先ごとに、BtoB ECの発注画面に表示する商品や価格を設定可能。確認が不要になりミスを防止
卸先は百貨店からバラエティショップまで多岐にわたり、販売形態も直販と代理店販売がある同社。取引先ごとに掛け率が異なるため管理が煩雑だが、「アラジンEC」は取引先ごとに専用の発注画面を表示できる。取引先ごとに表示する商品や価格を、一度設定すれば毎回の確認が不要なため、受注時のミスを防げている。


【 詳細情報 】

導入事例の全文は、下記URLからご覧ください。
URL : (リンク »)


【 株式会社ピー・エス・インターナショナル様について 】


会社名 : 株式会社ピー・エス・インターナショナル
所在地 : 東京都港区芝浦3-14-6 バリュー芝浦ビル 5階
URL  : (リンク »)
[画像3: (リンク ») ]


【 株式会社アイルについて 】  (リンク »)

・社名   株式会社アイル(東証第一部:3854)
・代表者  代表取締役社長 岩本哲夫
・設立   1991年
・資本金  3億54百万円(2019年7月末時点)
・社員数  723人 [連結](2020年4月1日時点)
・売上高  105億22百万円 [連結](2019年7月期実績)
・本社   大阪本社:大阪市北区 / 東京本社:東京都港区

【 サービスに関するお問い合わせ先 】
株式会社アイル サービスお問い合わせ窓口
TEL:0120-356-932 / E-MAIL:webmarketing@ill.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイルの関連情報

  • 移行ツール活用で21台のサーバ移行を実働1人、1カ月強で完了

    独立系ITサービス企業のアイルは、外部データセンター(DC)で運用していた社内向けの物理/仮想サーバ群21台をパブリッククラウド環境に移行する際、ライブマイグレーションツール「CloudEndure」を活用して、実働1人で1カ月強の短期間で完了させた。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]