編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

男性会社員のお小遣い額は39,419円と2018年の水準に回復-「2020年サラリーマンのお小遣い調査」結果について

株式会社新生銀行

From: PR TIMES

2020-06-23 14:41

~男性会社員のお小遣い額は前年比2,672円増加、昼食代も前年比30円増加の585円~

新生銀行は、20代から50代の有職者の男女約2,700名を対象にした「2020年サラリーマンのお小遣い調査」を実施し、その結果を取りまとめました。

「2020年サラリーマンのお小遣い調査」結果の主なポイント

男性会社員の毎月のお小遣い額は39,419円(前年比2,672円増)と、過去5年で最も高水準であった2018年の水準に回復。女性会社員の毎月のお小遣い額は33,854円(同、585円増)となったが、2015年からほぼ横ばいが続く。
男性会社員の昼食代は585円(同、30円増)、女性会社員は583円(同、2円増)。
男性会社員の1ヵ月の飲み代は11,620円(同、1,555円減)、女性会社員は8,455円(同、1,028円減)と、男女ともに前年比で減少。
職場で働き方改革があったと回答する割合は、男性会社員56%(同、8.5㌽増)、女性会社員50.7%(同、10㌽増)と、いずれも前年比増加し、半数を超える。働き方改革の内容として「テレワーク」や「時差出勤・時差勤務」の回答が増え、従来の「有給取得増加」や「残業減少」から、さらに働き方の変化が進んでいる傾向が見られる。

【男性会社員のお小遣い額は2018年と同水準へ回復、女性会社員は前年比増加ながらも2015年から横ばいの状況】
男性会社員の月額平均お小遣い額は39,419円と前年比2,672円増加となり、過去5年で最も高水準であった2018年と同じ水準まで回復しました。年代別にみると、どの年代でも増加したものの、特に20代と50代で昨年より4,000円近くの大幅な増加となり、41,000円台を超えています。男性会社員におけるお小遣いがアップした理由は、「給料が上がったから」と回答した割合が最も高く、「副業をはじめたから」、「投資などを始めたから」という回答も増えています。
女性会社員のお小遣い額も昨年の33,269円から585円増加し、33,854円となりました。女性会社員のお小遣い額は、前年比の変化が1,000円未満にとどまり、概ね横ばいの状態が続いています。年代別にみると、30代で3,513円増と大きく増加している点が特徴的です。

【昼食代は、男性会社員・女性会社員ともにやや増加】
男性会社員の1日の平均昼食代は、前年の555円から30円増加の585円となりました。2017年以降緩やかな減少傾向がありましたが、今回は増加に転じました。年代別では、20代で100円以上の大幅な増加が見られます。
女性会社員の1日の平均昼食代は前年の581円から583円へと2円増加したものの、2017年以降大きな変化は見られません。年代別では、40代で100円以上減少しましたが、その他の年代では増加傾向となっています。
男性・女性会社員ともに持参弁当の割合が最も高く、男性で3割半ば、女性で半数を超える結果となりました。

【男性・女性会社員ともに1ヵ月の飲み代は減少】
男性会社員の1回の飲み代は5,232円、1回の飲み代と1ヵ月の平均飲み回数から算出した1ヵ月の飲み代は前年比1,555円と大幅に減り、11,620円となりました。
女性会社員の1回の飲み代は4,196円、1ヵ月の飲み代は前年比1,028円減少の8,455円と減少傾向が続いています。

【職場で働き方改革があったと回答する割合は、男性・女性会社員ともに前年比増加、半数を超える。働き方改革の内容では「テレワーク」や「時差出勤」などの回答もあり、さらに改革が進んでいる傾向】
「職場で働き方改革があった」と回答する割合は、男性会社員、女性会社員ともに前年より10㌽程度増加して、それぞれ56%と50.7%となり、半数を超えました。働き方改革の内容としては、「有休が取りやすくなった」「残業が減った」という回答が半数前後となり、さらに「テレワークで働くようになった」「時差勤務・時差出勤で働くようになった」という回答も増えるなど、働き方改革のさらなる進展が見える結果となりました。

本調査の詳しい調査結果については、別添「2020年サラリーマンのお小遣い調査詳細レポート」をご参照ください。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社新生銀行の関連情報

  • 新生銀行、チャネルごとに分断された顧客情報を一元管理

    新生銀行は、カスタマーサービス基盤「Salesforce Service Cloud」とデジタルマーケティング基盤「Salesforce Marketing Cloud」と連係させ、リテールバンキングの営業、コールセンター、マーケティングの各部門がそれぞれで管理していた顧客情報を一元管理する仕組みを構築した。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]