編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「第6次中期経営計画」における投資計画の変更について(ニュースレター)

大和ハウス工業株式会社

From: PR TIMES

2020-06-29 17:41

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、2022年3月期を最終年度とする「第6次中期経営計画(2019~2021年度)」を策定しましたが、このたび投資計画を見直しましたのでお知らせします。



1.投資計画の変更内容
 物流施設を中心とした事業施設への投資機会の増加を見据え、事業施設事業における不動産 開発投資計画を当初の3,500億円から6,500億円(3,000億円増)に修正します。それにより、不動産開発への投資計画は7,000億円から1兆円となり、設備投資等を含めた全体の投資計画は1兆500億円から1兆3,500億円となります。
 あわせて、不動産開発物件の売却計画も見直し、当初計画の4,000億円から6,700億円(2,700億円増)へ修正します。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



2.計画変更の理由
 大和ハウスグループは、2019年4月からスタートした「第6次中期経営計画」を「グループ全体のガバナンス体制を強化」するとともに、「当社グループの事業領域の広さを活かし、持続的な成長を図る」3年間と位置づけ、その実現に向け、積極的な不動産開発投資を展開しています。
 不動産開発においては物流施設開発が投資の中心となっており、昨今は幅広いテナント企業様の物流ニーズや早期稼働の要請に応えるマルチテナント型物流施設(※1)の開発を強化しています。
 新型コロナウイルス感染症拡大の影響下においても、巣ごもり消費拡大によるEC(※2)関連の物流量は増加しており、各製造会社の材料・商品の在庫量の積み増しによるサプライチェーンの再構築が進むと考えられます。これらを受け、マルチテナント型物流施設の需要は、首都圏だけでなく地方中核都市やその周辺においても潜在ニーズが高く、今後も底堅く推移することが見込まれ、同時に物流不動産売買市場の活況も継続することが想定されます。
 こうした市場環境を踏まえ、事業施設の不動産開発投資計画を増額修正しました。今後は取得済みの土地に対する施設建設を加速させ、未稼働不動産の早期稼働を通じてキャッシュフローへの貢献を図ります。
 ※1.複数のお客さまが入居できる物流施設のこと。
 ※2.電子商取引のこと。

【参 考】
■ 投資計画の進捗状況

[画像3: (リンク ») ]

■ 開発物件売却の実績と計画(2020年5月公表)

[画像4: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]