編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「MARVEL」の撮影フレームをプリ機『コレカワ fin(フィン)』に明日7月1日(水)より期間限定で搭載

フリュー株式会社

From: PR TIMES

2020-06-30 11:41

「スパイダーマン」や「アイアンマン」らがプリントシール機に登場!「MARVEL」作品の世界観を味わいながらプリが撮れる!

 フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:三嶋隆、以下、フリュー)は、プリントシール(以下、プリ)機『コレカワ fin(フィン)』において、全世界で絶大な人気を誇る「MARVEL」の「プリコラボモード」を、明日7月1日(水)より8月31日(月)までの期間限定で搭載いたします。



[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]




 「MARVEL」は、洋服やスマートフォンケースなど様々な商品が展開され、日本のティーンからも人気を集めております。この度、同じく女子高校生を中心に人気のプリ機『コレカワfin』へ、「MARVEL」の「プリコラボモード」を搭載。『コレカワ fin』にて本モードを選択することで、「MARVEL」の撮影フレームでのプリ撮影をお楽しみいただけます。
 お馴染みのボックスロゴをあしらった「MARVELロゴ」セット、日本でも大人気の「スパイダーマン」セット、「アイアンマン」セットや、「キャプテン・アメリカ」や「ハルク」ら5人のヒーローが登場する「MARVELキャラクター」セット、コミックスの世界に入り込める「ポップコミックス」セット、“ゆるかわいい”タッチで描かれた「ゆるてがき」セットの全6種類をご用意。
 さらに、印刷時のシールふちも本モード限定デザインとなるなど、「MARVEL」作品の世界観を味わいながらプリ撮影がお楽しみいただける、ファン必見の内容となっております。


<「MARVEL プリコラボモード」概要>
[実施期間] 7月1日(水)~8月31日(月)
[対象機種] 『コレカワ fin』
[対象店舗] 『コレカワ fin』設置のアミューズメント施設等 店舗検索: (リンク »)
[内容] 撮影フレーム全6種類、シールふちデザイン全6種類
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]



[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]



[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]



[画像9: (リンク ») ]

<プリントシール機『コレカワ fin』 概要>
『コレカワ』シリーズは、目や鼻などのパーツが立体的に際立つくっきりとした写りの仕上がりや、青春をテーマにした世界観が特徴のプリ機です。バージョンアップした『コレカワ fin』では、本シリーズならではの写りの仕上がりの向上に加え、肌色や顔のサイズなど、“自分好みの盛れ感”に細部にまでこだわることができる新機能を搭載。

≪プリ機『コレカワ fin』リリース≫
(リンク »)




<「MARVEL」とは>
[画像10: (リンク ») ]

マーベル・エンターテイメントはウォルト・ディズニー・カンパニーの100%子会社で、世界有数のキャラクターをベースにしたエンターテイメント企業です。「スパイダーマン」や「アイアンマン」など8,000以上ものキャラクターを保有し、80年以上にわたり様々なメディアを通じてコンテンツを提供。映画やテレビなどのエンターテイメント、ライセンシング、出版事業で大きな成功を収める。

≪「MARVEL」公式サイト: (リンク ») ≫

(C) 2020 MARVEL


※本リリースに記載の内容は予告なく変更となる場合がございます。
※一部店舗では、対象機種に本コラボレーションコースが搭載されていない場合がございます。
※『コレカワ』「プリコラボモード」ほかは、フリュー株式会社の商標、または登録商標です。
※その他会社名、製品名、サービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]