編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Voicyの音声ニュースチャンネル「ながら日経」がパーソナリティ募集スタート!

株式会社Voicy

From: PR TIMES

2020-07-01 09:41

株式会社日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)は株式会社Voicy(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:緒方憲太郎)が運営するボイスメディアVoicyで放送している音声ニュース「ながら日経」の新しいパーソナリティを6月29日より募集開始しました。



[画像: (リンク ») ]


株式会社Voicyと株式会社日本経済新聞社は2019年1月に業務提携し、同年7月から「ながら日経」「ヤング日経」の放送を開始しました。

「ながら日経」は、日経電子版で人気の記事を中心にビジネスパーソンに欠かせない経済ニュースを曜日担当のパーソナリティがお届けしています。

フォロワー数は3万5000人を超え、さらに増え続けている人気チャンネルです。日本経済新聞社のスタッフと共に、「ながら日経」を通して新しいメディアの形を探索してみませんか?

こんなあなたを募集しています
・あなたの声を活かして情報を届けたい方
・詳しい専門分野がある方
・音声の未来を一緒につくっていける方

募集ページはこちら
(リンク »)

パーソナリティ募集要項
《応募期間》
・2020年6月29日(月)~7月12日(日)午後11時59分まで
・応募フォームへの申し込み及び選考用の音声収録を完了させてください。

《募集人数》
・若干名

《応募条件》
・iPhone、iPad、Androidをお持ちの方。

《活動期間》
・2020年8月~2021年1月(予定)

《選考方法》
・応募フォームへの入力内容と、収録した音声を元に選考します。その後、面談を通じて最終通過者を選定します。音声を収録していない方は選考の対象になりません。

《注意事項》
・各審査結果は合格者のみ連絡させていただきます。
・メールでの応募受付はしておりません。必ずエントリーフォームでご応募ください。
・電話やメールなどによる合否に関してのお問い合わせにはお答えできません。
・ご応募いただいたフォームの内容・収録音声は選考以外の目的で使用することはありません。
詳細は募集ページ( (リンク ») )をご覧ください。

ながら日経
(リンク »)
ヤング日経
(リンク »)


ボイスメディアVoicyについて
ボイスメディア「Voicy」は日本発の音声メディアです。ビジネスのプロや芸能人などの「声のブログ」、4大マスメディアの記事が声で聴ける「メディアチャンネル」、企業が発信する「社外報(オウンドメディア)」など300以上のチャンネルを誰もが無料で楽しめます。パーソナリティは応募制で、活躍するパーソナリティを応援するスポンサーも増えてきています。20~40代の若い世代を中心に、多くの方に利用されています。
*ボイスメディアは株式会社Voicyの登録商標です。
(リンク »)

【日本経済新聞社について】
日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。約1500人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。主力媒体である「日本経済新聞」の発行部数は現在約223万部、2010年3月に創刊した「日本経済新聞 電子版」をはじめとするデジタル有料購読数は83万で、有料・無料登録を合わせた会員数は400万を上回っています。

【株式会社Voicyについて】
「音声×テクノロジーでワクワクする社会をつくる」を掲げる音声市場・ボイステック業界のリーディングカンパニーです。1)ボイスメディア「Voicy」の開発運営を行うボイスメディア事業、2)音声による企業のコミュニケーション課題の解決を担う音声ソリューション事業、3)IoT時代の未来の社会を担う音声インフラ事業を展開しています。2019年には総額8.2億円の大型資金調達を実施。4大メディアとの業務提携や事業会社との連携のもと、新たな音声コンテンツやサービス開発に取り組んでいます。

株式会社Voicy
代表取締役CEO:緒方憲太郎
コーポレートサイト (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]