編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

30年以上の食卓データが定額で自由に検索できる「MRSメニューセンサス Webサービス版」を提供開始

株式会社マーケティング・リサーチ・サービス

From: PR TIMES

2020-07-01 08:20

~新型コロナウイルスの影響による巣ごもり消費、食卓はどう変化した?~



30年以上の食卓データが定額で自由に検索できる「MRSメニューセンサス Webサービス版」を提供開始
~新型コロナウイルスの影響による巣ごもり消費、食卓はどう変化した?~
株式会社マーケティング・リサーチ・サービス(本社:東京都豊島区、代表取締役:岩川恵理子)は、食品の開発や販促に不可欠な食卓の時系列データがWeb上で簡単に利用出来る「MRSメニューセンサス Webサービス版」の提供を2020年4月27日(月)より開始しました。
新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、家庭で食事をとる機会が増えた3~4月のデータを含む最新の調査データ(2019-2020年調査)は8月以降にご利用が可能になります。
【URL】 (リンク »)


[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



「MRSメニューセンサス Webサービス版」の3つの特徴
1.1984年から30年以上に渡る食生活のデータ(いつ/だれが/何を/何回食べたのか)
2.専用ソフトは不要、インターネット接続さえあれば使用可
3.集計軸(主婦年代など)とメニュー名または材料名を指定するだけのシンプル設計
[画像3: (リンク ») ]



「MRSメニューセンサス Webサービス版」誕生の背景
当社の「MRSメニューセンサス」は1978年から40年余り継続している唯一の“家庭の食卓調査”です。日本の家庭の食生活の時系列変化を捉えることができるデータとして、長年食品業界に貢献してきました。この度、専用ソフトのインストールなしに定額制で簡単に利用できるサービスを開発することで、さらに利便性を向上しました。
「MRSメニューセンサス」の調査概要等は (リンク ») をご確認ください。


「MRSメニューセンサス Webサービス版」の使い方・利用シーン
「家庭内で、いつ/だれが/何を/何回食べたのか」が把握できるので、商品開発においてターゲット層や食シーンの設定に利用できます。また、メニューと材料(調味料・食材)の出現回数の推移から、現在の市場規模感、及び、今後のトレンド予測をすることができます。Web上の検索画面で表示された集計結果はcsv形式でダウンロードして自由に加工できるので、企画書作成などに便利に活用できます。


[画像4: (リンク ») ]



【「MRSメニューセンサス Webサービス版」製品概要】
価格:月額5万円~。4つのコースをご用意
利用方法:まずは2週間の無料トライアルから!HPお問い合わせフォームよりご連絡ください
URL: (リンク »)

【会社概要】

[画像5: (リンク ») ]

会社名:株式会社マーケティング・リサーチ・サービス
所在地:〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-45-8 ニッセイ大塚駅前ビル
     ※2020年7月より本社を移転いたしました
代表取締役:岩川 恵理子
設立:1959年11月30日
URL: (リンク »)
事業内容:市場調査の企画、実施、研究、事業開発、新製品開発に関する市場調査及び、マーケティングコンサルテーション、他

2019年度、株式会社マーケティング・リサーチ・サービスは創業60周年を迎えました。
当社はこれからも、お客様との信頼関係を築き、役に立つマーケティング活動に貢献し、新しいことに挑戦してまいります。

【お問い合わせ先】
株式会社マーケティング・リサーチ・サービス
調査第二事業部 メニューセンサス担当
TEL:03-5981-5663 (平日10:00~18:00)
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]