編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

おいしい一皿が集まるグルメコミュニティアプリ「SARAH(サラ)」個食、少人数食需要の高まりによる影響で 新型コロナ前の水準までMAUが回復

株式会社SARAH

From: PR TIMES

2020-07-01 10:00

 EatTechカンパニー株式会社SARAHが提供する、おいしい一皿が集まるグルメコミュニティアプリ「SARAH(サラ)」は緊急事態宣言解除後の6月、月間利用者数(MAU)が新型コロナ前である3月と同じ水準まで回復したことをご報告させていただきます。



SARAHはメニュー単位で検索、投稿ができるグルメアプリとして2015年4月にローンチしました。順調にユーザー数を伸ばし、2018年以降は急成長をしておりましたが、新型コロナウイルスの影響で飲食店の営業が自粛になった影響を受け、一時的に利用者数が現象していました。

しかし、5月25日に緊急事態宣言が解除されてからは急速に利用者数が増加し、6月のユーザー数(MAU)は新型コロナウイルスが本格化する前の3月と同じ水準まで回復いたしました。


[画像1: (リンク ») ]



■代表 高橋コメント

[画像2: (リンク ») ]


今回、回復の要因として大きいのは「個食、少人数食」との相性の良さだと分析しております。緊急事態宣言解除後、外食はするけども宴会や会食は控えているのが現状かと思います。メニューから探せるSARAHはもともと、個人や少人数での利用シーンがメインだったため、コロナ禍におけるごはん探しにもマッチしていると考えています。
コロナと長期的に付き合う必要がある中で、今後もEat Techカンパニーとして、利用者様が求めるごはんとの出会いを増やし、困難な状況が続く飲食店にも貢献していければと思います。


■株式会社SARAH 会社概要
社名 : 株式会社SARAH
代表取締役 : 高橋洋太
設立 : 2014年12月1日
資本金 : 4億6千万円
所在地 : 東京都台東区浅草橋2-25-10 チャコペーパービル2F
HP : (リンク »)
事業内容 :
・グルメコミュニティアプリ「SARAH」の企画・開発・運営
(iOS) : (リンク »)
(Android) (リンク »)
(Web) : (リンク »)
・外食ビッグデータ分析サービス「Food Data Bank」の企画・開発・運営
(リンク »)
・電子メニュー化サービス「Smart Menu」の企画・開発・運営
(リンク »)

【メディア関係者連絡先】
広報担当 中嶋
Mail : nakajima@sarah30.com Tel : 080-7315-9463

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]