編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

中国地域初のローカル5G用無線局の予備免許を取得 株式会社ひびき精機

株式会社ひびき精機

From: PR TIMES

2020-07-01 10:00

株式会社ひびき精機(本社:山口県下関市、代表取締役:松山 英治 以下、ひびき精機)は2020年6月26日、総務省より第5世代移動通信システム(以下「5G」)であるローカル5G(※1)用無線局の予備免許を中国地域で初めて取得しました。
本予備免許の取得は、2020年4月23日に締結された、ひびき精機と西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:小林 充佳、以下NTT西日本)との「スマートファクトリー実現に向けた、ローカル5Gの共同実験協定」に基づく、取組となります。

※1 ローカル5G:地域の企業や地方公共団体等が、個別のニーズに応じて自らの建物内や敷地内でスポット的に柔軟に構築できる5Gシステムです。



【取得した予備免許の概要】
[表: (リンク ») ]



【免許取得に至った背景】
ひびき精機は、業務の効率化および生産性向上のために、生産管理システムを自社開発し運用するなど、デジタルトランスフォーメーションを推進し、スマートファクトリー実現に向けて日々取り組んでおります。
2020年6月には、将来的な無人工場をめざして、IoTやAI技術を導入予定の新たな工場を建設いたしました。無人工場を実現させていくためには、工場内の稼働状況を把握するための高精細カメラでの遠隔監視や、多数のIoT機器接続によるデータ取得・管理、また遠隔地から機械を制御するための「高速・大容量」「多接続」「低遅延」のネットワークが必要になります。
ローカル5Gは、「高速・大容量」「多接続」「低遅延」の特徴をもっており、無人工場の実現のためのネットワークとして適していると考え、今回の免許取得に至りました。

【今後の展開】
引き続き、NTT西日本との協定に基づき、ローカル5Gを活用したスマートファクトリー実現に向けて取り組んでまいります。

【関係報道資料】
株式会社ひびき精機と西日本電信電話株式会社による「スマートファクトリー実現に向けたローカル5Gの活用に関する共同実験協定」の締結について(2020年4月23日)
(リンク »)

[画像: (リンク ») ]


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ひびき精機 松山 功
電話:083-288-2208
メール:info@hibikiseiki.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]