編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

DataRobot、「DataRobot AI Platformトライアル」の国内提供を開始

DataRobot, Inc.

From: PR TIMES

2020-07-01 12:41

エンドツーエンドAIプラットフォームを14日間のフリートライアルで体験

エンタープライズAIのリーダーであるDataRobot, Inc.(本社:マサチューセッツ州ボストン、CEO:Jeremy Achin、以下DataRobot)は、本日、「DataRobot AI Platformトライアル」の国内提供を開始しました。これにより、世界で最も先進的なエンタープライズAIプラットフォームが提供するAIの価値を14日間無償で体験することができます。本トライアルについては、DataRobotのWEBサイト( (リンク ») )から申し込み可能です。



[画像1: (リンク ») ]

本トライアルはクラウド上のSaaS環境における提供を行います。さらに、自社データのアップロードができない方や、利用予定データの準備が整っていない方のために、各業界におけるAI活用のテーマを想定した多種多様なサンプルデータを提供いたします。そのため、本トライアルに申し込みいただければ、どなたでもすぐにAIプラットフォームを利用することができます(スクリーンショットを参照)。提供するサンプルデータには、生産ラインにおける品質欠陥の予測、損害保険における不正請求検知、ロイヤルカスタマーのターゲティングなど、12のデータセットが含まれます。※2020年7月現在

[画像2: (リンク ») ]

さらに、本トライアルの申込者は、DataRobotオンラインコミュニティ(※)にも参加が可能となります。DataRobotオンラインコミュニティは、オンライン上で利用方法のトレーニングやAIテクノロジーに関するセルフラーニングを行うことができ、利用に伴う質問や活用の課題については、DataRobot の AI プロフェッショナルがこれまでのノウハウやスキルを駆使して積極的にサポートいたします。DataRobotオンラインコミュニティは、既にAI全般のノウハウの学習や、AI/機械学習のエクスパートユーザーとの交流が盛んに行われています。
(※) (リンク »)

また、7月14日(火)に開催されるAI Experience Virtual Conference( (リンク ») )では、この「DataRobot AI Platformトライアル」を使用した、どなたでも参加可能なワークショップ形式のDataRobot体験セッションを開催予定です。当日は、DataRobotのデータサイエンティストが製品の特長をご紹介するとともに、質問にも回答いたします。

なお、「DataRobot AI Platformトライアル」版の製品では、通常版の製品で利用可能な機能の一部(外部データベースとの接続や自動特徴量探索、異常値検知や時系列など)は利用できません。これらの機能は、年間300万円(月額5万円/1ユーザー、5ユーザーから申し込み可能)から利用いただける「スターターライセンス」、またはオンプレ・プライベートクラウドへのインストールも可能な「エンタープライズライセンス」の購入によって利用可能となります。

■「DataRobot, Inc.」について(製品詳細URL: (リンク ») )DataRobotはエンタープライズ向け人工知能(AI)のリーディングカンパニーであり、AIイノベーションを競うグローバル企業に信頼性の高いAI技術と投資利益率(ROI)を実現するサービスの提供を行っています。DataRobotのエンタープライズAIプラットフォームは、機械学習モデルの構築、デプロイ、管理を自動化によってエンドツーエンドで提供しデータサイエンスの民主化を実現します。AIを大規模に提供し、継続的にパフォーマンスを最適化することで、ビジネス価値の最大化をサポートします。DataRobotの最先端のソフトウェアと世界最高クラスのAI実装、トレーニング、サポート、サクセスサービスが、組織の規模や業種を問わず、あらゆる組織においてビジネスの成果を高めています。

DataRobotは創業以来AIに焦点を絞り、ROIを生み出すAIの提供において実績を挙げています。世界各地にオフィスを構え、New Enterprise Associates、Sapphire Ventures、Meritech、DFJ Growthなどの一流企業から4億3100万ドルの資金を調達しています。

■ 商標関連
・「DataRobot」はDataRobot, Inc.の登録商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]