編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ウェブ会議やオンライン授業でみんなの意見を同時に確認できるデジタルプレート「アンサーQ」の無料提供を7月1日より開始

株式会社ライブアウト

From: PR TIMES

2020-07-01 10:00

~ その場で直ぐ使える!スマホ・タブレットに表示したプレートをカメラに映すだけ!サーバーも通信も介さないからセキュリティ面も安心! ~

株式会社ライブアウト(本社:大阪府堺市、代表取締役:太田 憲治)は、ZOOMやGoogle Meet、Teamsなどのウェビナーツールを使ったウェブ会議やオンライン授業で参加者の意見を同時に確認できるデジタルプレートツール「アンサーQ」(アンサーキュー)を2020年7月1日(水)より無料でご提供いたします。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

『アンサーQ』: (リンク »)

ウェブ会議の課題を解決!みんなの意見をその場ですぐに確認できるデジタルプレート登場!
今般の新型コロナウイルスの影響を受け様々な分野のオンライン化が一気に加速しZOOMなどのウェビナーツールを使ったウェブ会議を始めオンラインイベント、オンラインセミナー、オンライン授業、そしてオンライン飲み会が「新しい日常」となりました。様々な面で効率も良く浸透しつつあるオンラインですが、パソコンやタブレットのスクリーンやカメラ越しでは、顔の表情を読み取る事が難しく、回線状況によってはタイミングを逃してしまう場合もあります。特にウェブ会議のようなシーンでは、参加者全員の意見を一度に把握するのは困難です。チャットやアンケートツールを駆使すれば参加者の意見を収集することも可能ですが、カメラ越しで誰がその意見なのかを一様に理解することは容易ではありません。
「アンサーQ」は、TV番組などで見たことがある○×プレートを手元のスマートフォンで再現すれば視覚的に全員の意見を見渡せるのではないか!という発想から誕生しました。アプリのインストールは不要でスマホやタブレットなどのブラウザ上に表示したプレートをカメラに映すだけで簡単にみんなの意見を同時に確認でき、誰でも簡単に気負いなく気軽に使えるところが最大の特長です。デジタルプレートをカメラ越しに映すことで表情とあわせて意見が伝わるので、一方通行になりがちなオンライン会議やオンライン授業などではプレートの意見に「なぜ、そう思うのか?」などの質問から発言につなげることも期待できます。
また、ブラウザ上にプレートを表示するだけの単純な仕組みでサーバーなどを介していないため大人数でも利用しやすく、通信を行っていないためセキュリティ面の心配もございません。ウェブ会議に限らずワークショップ、グループワーク、アイスブレイク、研修、パーティー、クイズ、余興、コンテストの審査など様々なシーンでご利用いただけます。“Withコロナ”では、オンラインとオフラインを併用させていくことが要になっていきます。多くの方に「アンサーQ」をご利用いただき皆さまの新しい日常のお役に少しでも立てることを願っております。この機会に、ぜひ「アンサーQ」をお試しください。

「アンサーQ」の使い方
♦スマホやタブレット端末から「アンサーQ」 (リンク ») またはQRからアクセスするだけ。

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]


♦ プレートは○×、12345、ABC、YES/NO、Good/Badの5種類を用意。

[画像6: (リンク ») ]


♦ カスタムプレートを使って好きな文字をプレートに表示することも可能です。

[画像7: (リンク ») ]


♦ Zoom、Google Meet、Teamsなどのウェブ会議ツールで、手元のスマホ・タブレットに表示したプレートをカメラに映すだけ!
サーバーなどを介していないため大人数で利用しても負荷がかかりません。通信を行っていないためセキュリティ面も安心です。
[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]

♦ スマホが無ければ、印刷してそのまま使ってもOK!
スマホやタブレット端末をお持ちで無い場合は、「アンサーQ」 (リンク »)
にPCからアクセスして「PRINT」ボタンをクリックするとPDFを無料ダウンロードできます。印刷したものをプレートの代わりとしてご利用いただけます。
[画像10: (リンク ») ]

[画像11: (リンク ») ]

♦ 三つ折りにしてプレートを立てて使えるフォーマットも用意しましたので活用ください。

[画像12: (リンク ») ]


♦ 「アンサーQ」を使うと参加者の意見が一目瞭然!

[画像13: (リンク ») ]

[画像14: (リンク ») ]


♦ ホーム画面に追加してネイティブアプリのように使える!
「アンサーQ」は、プログレッシブWebアプリケーション(PWA)の技術を使って実装されているので、スマホのホーム画面に追加してネイティブアプリのように利用することができます。オフラインイベントで電波の届かないような会場でも利用できるようになっています。

[画像15: (リンク ») ]


【アンサーQ開発の背景】
先月、弊社が運営するイベント・セミナーの集客プラットフォーム『こくちーずプロ』にてオンラインイベントの機能をリリースいたしました。( (リンク ») )
この際に、オンラインイベントを開催されている主催者からオンライン特有の課題が多くあることを聞く機会がございました。新サービスの「アンサーQ」は、その課題の1つである「参加者の意見を手軽にその場で把握したい」というご意見に一日でも早くお応えしたいという想いからスピード感をもって提供できる方法を考え開発いたしました。弊社では、オンラインツールをより快適に活用いただけたるよう、今後もサービスの向上と改善に取り組んでいきます。

■ 会社概要
会社名:株式会社ライブアウト
所在地:大阪府堺市堺区楠町4丁2−6
設立:2010年10月
代表取締役:太田 憲治
事業内容:イベント・セミナー集客プラットフォーム「こくちーず」「こくちーずプロ」の運営
「こくちーず」  (リンク »)
「こくちーずプロ」  (リンク »)
URL: (リンク »)


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ライブアウト 担当:太田 憲治
E-mail : info@liveout.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]