編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ITフリーランス向けに金融支援サービス「FREE-DA即払い」を開始。デジタルトランスフォーメーション(DX)実現を支援するハイウェル

株式会社ハイウェル

From: PR TIMES

2020-07-01 13:41

新型コロナウイルスの影響を受け、キャッシュフローに悩むITフリーランサーをサポートします。

デジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する株式会社ハイウェル(代表取締役:近藤 太 以下、ハイウェル)は、GMOクリエイターズネットワーク株式会社(代表取締役社長:伊藤 毅 以下、GMOクリエイターズネットワーク)が提供する日本初のフリーランス(※1)に特化した金融支援サービス「FREENANCE(フリーナンス) byGMO(以下、FREENANCE)」のOEM提供を受け、本日2020年7月1日より、ITフリーランサーに向けて「FREE-DA即払い powered by FREENANCE」を提供開始いたします。
「FREE-DA powered by FREENANCE」では、ITフリーランサーが請け負った仕事の請求書(売掛債権)を最短即日で現金化できる『FREE-DA即払い』(以下、即日払い)(※2)を提供しています。これにより、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けるITフリーランサーを資金繰りの面から支援します。




(※1)特定の企業や団体に専従せず、独立して仕事を請け負う個人事業主もしくは個人企業法人のこと。
(※2)通常手数料は請求書額面の3.0%~10.0%。即日払いの利用にあたっては、事前の審査が必要になります。

[画像1: (リンク ») ]

ITフリーランサーは、「FREE-DA即払い」のアカウントを開設(無料)し、収納代行用口座『FREENANCE振込専用口座』を事業収入の受け取り先とすることで、翌月末払いとなることの多い請求書(売掛債権)を最短即日で現金化できる『即日払い』をご利用いただくことが可能となり、安定したキャッシュフローを提供いたします。

[画像2: (リンク ») ]



「FREE-DA即払い」開始の背景について


[画像3: (リンク ») ]

新型コロナウイルス感染拡大の影響による企業活動の停滞などを受け、ITプロジェクトに従事するITフリーランサーを取り巻く環境は厳しくなることが予想されています。ITフリーランサーのみなさんが活躍できない状況になることで、日本経済のデジタルトランスフォーメーション化のダメージとなることを私たちは危惧しており、また、そのようなことがあってはいけないと考えています。そこで、キャッシュフローのサイクルを早める「FREE-DA即払い」を提供し、ご活用いただくことで、ITフリーランサーの皆さまが安心して仕事をし続けることができる環境を支えて参ります。

FREE-DA即払い powered by FREENANCE
サービス開始日:2020年7月1日
サービスURL: (リンク »)


「FREENANCE」とは

GMOクリエイターズネットワークが提供する、フリーランサー・個人事業主のための金融支援サービスです。収納代行用口座『FREENANCE振込専用口座』を事業収入の受け取り先とすることで、請求書(売掛債権)をすぐに現金化できる『FREENANCE即日払い』が利用でき、最大5,000万円の補償が受けられるフリーランサー・個人事業主特化型の損害賠償保険『FREENANCEあんしん補償』が無料付帯します。また、会員登録時に本人確認・反社チェックを行なっているため、FREENANCE会員であることを信用の証として利用いただけるなど、フリーランサー・個人事業主の方の働き方を支援しています。

URL: (リンク »)


GMOクリエイターズネットワーク株式会社


[画像4: (リンク ») ]

GMOクリエイターズネットワーク株式会社は、GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎)の連結会社です。2002年に早稲田大学および九州電力グループなどのジョイントベンチャーとして、中国語インターネット放送局の運営を目的として設立され、日本初のフリーランス特化型金融支援サービス「FREENANCE」をはじめ、ライター登録サイト「woofoo.net byGMO」や「編集プロダクション studio woofoo byGMO」など、個人クリエイターの活躍をサポートするサービスを提供しています。


株式会社ハイウェル


[画像5: (リンク ») ]

URL: (リンク »)

2007年に設立したハイウェルは、ITアウトソーシングと採用支援などの人材サービスに加え、O2Oマーケティングを提供しております。「人と技術をつなぐ」ことを理念に、日々向上していく『技術』と『人』を最適な形で結びつけることで、お客様にとって真のプラスとなる価値でありたいと考えております。

商号 :株式会社ハイウェル (Hiwell Inc.)
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂3-16-11 東海赤坂ビル5F
代表者:代表取締役 近藤 太
設立 :2007年6月
資本金:1,000万円

株式会社ハイウェルのプレスリリース一覧
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]