編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

世界中の専門家の知見を集結させる「Cloud Firm」提供開始!企業活動の課題を解決する業務プラットフォーム。

株式会社CloudFirm

From: PR TIMES

2020-07-01 11:21

株式会社クラウドファーム(代表取締役:今井 健仁)が、世界中の専門家の知見を集結させるB to Bサービス「Cloud Firm」を提供開始いたしました。
(リンク »)




■クラウドファームのミッション・ビジョンについて
「全ての専門分野の知見が集積し、プロジェクトごとに最適な専門家チームを組むことのできる、業務プラットフォーム」 として、世界の企業活動に必要不可欠な存在へ。

Cloud Firmでは、
[表: (リンク ») ]

以上を通じて課題を解決し、企業活動のあり方を根底から変革します。

■Cloud Firmとは?
今回のコロナ禍で重要性が明確となった在宅での仕事等の、現在の社会的課題をスマートにサポートする、所属組織をこえた専門家間での、オープンなコミュニティとデータベースを基盤とした、企業活動のプラットフォームです。


Cloud Firmには、企業活動に関する知見やノウハウがオープンな形で集積されており、会員登録することで、誰でもそのデータベースにアクセスできるとともに、専門家として登録すると、共同編集者として参加することができます。

また、登録会員の専門家は、会員同士で、法改正や業界ニュースなどの情報交換を自由に行うことができ、自分とは違う専門分野の案件につき、その分野の専門家を探してチームを組む、といったことも可能となります。

[画像1: (リンク ») ]



私たちのサービスでは、特に、下記ケースのような悩みを解決します。

CASE.01 専門分野のつくり方とキャリア形成
専門家は、主に、クライアントまたは所属組織の上司から依頼された案件によって専門分野を作っていくため、独自の専門分野を自力で作り上げることが難しい。

POINT.01 扱ったことのない分野・業界でも、企業活動に関する知見をまとめた「レシピ」を参照することで、即戦力として新しい案件に取り組むことができる。[レシピ(LECIPE):日本にて商標出願中]

POINT.02 所属組織以外の専門家からも、知見やノウハウを共有してもらい、時には案件を共同で受けることで、独自のキャリアを歩むことができる。


[画像2: (リンク ») ]



CASE.02 世界中の専門家によるデータベース
知らない分野の専門知識については、何をどのレベルまで調べれば十分なのか、どの外部専門家に聞けば適切な答えが返ってくるか見当がつかず、金銭・時間ともにリサーチのコストが高くなってしまう。

POINT.01 専門家間だけで共有されていたり各書籍に点在していたりする実務の知見が、データベースとしてまとめられている。

POINT.02 世界中の専門家から、聞きたい分野を専門とする会員を探して、気軽に質問することができる。


[画像3: (リンク ») ]


今、「働くこと」の本質が問われる時がやってきています。

ビジネスは、一緒に行う人たちで、全てが決まります。
世界中の専門家たちに直接声をかけ、ベストなチームを組むことができれば、いつでも、どこでも、やりたいことを実現できます。

いつでも、どこでも、専門家に質問できるため、誰もが専門分野の知見にアクセスでき、望めば専門家を目指すこともできます。

組織で働く時代は終わりを告げ、独立した個人がチームを組んで活躍する時代がやってきています。
Cloud Firmは、健全な社会活動をドライブするインフラを提供し、新時代のビジネススタンダード確立に貢献します。

移り行く現代社会で柔軟な対応が可能になるシステムを。今後とも先進的な開発を進め、クラウドで完結する新しい文化を作るために更に邁進いたします。


<会社概要>
会社名:株式会社クラウドファーム
代表者:代表取締役 今井 健仁
所在地:東京都中央区銀座6丁目9-8 銀座UKビル5F
お問い合わせ:info@cloudfirm.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]