編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

世界販売数50万台突破のワンタッチ真空保存容器「フォーサ」、『電子レンジ対応』『収納しやすい角型デザイン』になって新登場!

ショップジャパン

From: PR TIMES

2020-07-01 11:00

お客様の声にお応えして、さらに便利に!

ショップジャパンを展開する株式会社オークローンマーケティング(本社:愛知県名古屋市東区)は、手軽に食材を真空保存できる家庭用真空保存容器「フォーサ 角型」を2020年7月1日(水)より、発売いたします。



「フォーサ」は、専用容器に食材を入れ、真空器本体を置いてボタンを押すだけで、真空保存ができる手軽さがご好評いただき、世界販売台数50万台※を突破し、多くのお客様にご愛顧いただいてまいりました。「おかずを作りすぎてしまった」「いつの間にか腐らせてしまい破棄してしまった」「食材をお得にまとめ買いしたはずが使いきれなかった」など家庭に潜む‟勿体ない“を解決できるキッチンツールとして、お客様に長く愛される商品となるべく、これまでいただいたお客様の声を反映し、さらに便利な仕様となった「フォーサ 角型」を新たにラインナップに追加いたします。
※2016年3月~2020年5月までの累計販売数(自社調べ)


「フォーサ」商品ページ▶  (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]




リニューアルポイント


1. コンテナ容器が電子レンジ使用可に
作り置きしていたおかずを別のお皿に移し替える必要なく、フォーサの容器のまま電子レンジで温めることができるようになりました。
※温める際には電子レンジ専用のフタに付け替えてください。
[画像2: (リンク ») ]



2. さらに収納しやすい、角型デザインに
角型デザインなので無駄なスペースを減らして収納できます。重ねて収納ができるので、冷蔵庫の中もすっきり。また、コンテナ容器は、透明色から乳白色になりました。
[画像3: (リンク ») ]



3. ロック式のフタを採用
汁物もこぼれにくいので、安心してご使用になれます。



商品特長


1. 真空保存で鮮度が長持ち!
食べ物が腐る原因の1つ「酸素」をシャットアウト!余った食材や料理の風味を逃さず保存するので、食材の鮮度、美味しさが長持ちします。


2. 使い方はたったの3ステップ!様々な食材を手軽に真空保存!
1.食材を入れフタを閉め、2.真空器を置いたら、3.あとはボタンを押すだけ!難しい設定や調整は一切ありません。自動停止するので、機械の操作が苦手な方でも安心してお使いいただけます。また、真空を解除するときは、容器のフタのボタンを押すだけです。コードレスなので使いやすく、場所を気にすることもありません。
[画像4: (リンク ») ]

3. 軽量・コンパクトなのにパワフル吸引力!
本体は手のひらサイズで、約200g※と軽量コンパクト。とっても軽いのに、吸引力は抜群。容器内を簡単に真空状態にします。
※乾電池含まず
[画像5: (リンク ») ]


4. 汁物や柔らかい食材の真空も可能!
容器はコンテナタイプで、汁気のある料理や柔らかい食材も型崩れしにくいので、安心して真空保存できます。
[画像6: (リンク ») ]



商品概要



[画像7: (リンク ») ]


[画像8: (リンク ») ]

※通常価格は、ショップジャパン公式オンラインショップ( (リンク ») )で一般のお客様が特別な値引きが適用されない場合に購入いただける価格です。(公式オンラインショップ内でセールを実施する際には値引きする場合もございます)


ショップジャパンは、これからも世界中から選りすぐりのアイデアを発掘し、日本らしさを加えてお届けすることで、お客様の日常により多くの幸せな時間をご提供し、お客様の気持ちに寄り添うブランドであり続けます。


<お客様お問合せ先>
ショップジャパン受付センター:0120-549-096

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]