編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

保冷36時間、炭酸OKグラウラー REVOMAXを使ってビールのテイクアウトはじめませんか?

CORED株式会社

From: PR TIMES

2020-07-01 11:30

コロナに負けるな!CORED(コレド)株式会社は全国の酒屋・居酒屋を応援します。

海外ライフスタイルグッズの輸入販売を手掛けている CORED 株式会社(中央区日本橋)は、7月1日(水)に炭酸の入れられる真空断熱ボトルREVOMAXを使った料飲店支援を始めます。

・クラフトビール を中心に全国のビール量り売り店舗を紹介「TAKE OUT BEER MAP」の公開(7月中旬予定)
・サンプルボトルの無料配布
・料飲店で気軽にボトル販売ができる様、仕入れは最小6本、アソートで発注可能
・有名イラストレーターとコラボ、量り売り店のサインとなるステッカーを無料配布



[動画1: (リンク ») ]



アメリカではグラウラーと呼ばれる炭酸を持ち運べる水筒を使ったビールの量り売り(テイクアウト)が主流となっています。ゴミの出ないマイグラウラーによるビールのテイクアウト、withコロナの世界で新たな販売スタイルとして注目を浴びています。

[画像1: (リンク ») ]


REVOMAXは国内でも数少ない炭酸を入れられるボトルです。開閉時に溜まった炭酸を抜くことができる構造のため、スクリュー式と違い飲み物が吹き出すなどのトラブルが少ないのが特徴。36時間保冷が効き、保冷バッグも必要ないためスリム。オフィスバッグなどからの出し入れもスムーズ。
名入れも出来ますので、お店のロゴを入れるなど定期顧客を獲得するのにも効力を発揮します。


支援1.TAKE OUT BEER MAPへ掲載いたします。


[画像2: (リンク ») ]

ボトルの購入、未購入に関わらずで全国のビール量り売り店舗が一覧でわかるWEBコンテンツ「TAKE OUT BEER MAP」で店舗を紹介させていただきます。

[画像3: (リンク ») ]

また、イラストレーター naohiga氏とコラボしたCRAFT BEER AT HOMEステッカーを無料で配布しております。テイクアウトのサインとしてご活用ください。


支援2.ボトルサンプルを無料でお送りします。


[画像4: (リンク ») ]

ボトルサンプルを1本お送りいたします。一度ビールを注いでいただき使用感をお試しください。


支援3.ボトルへの名入れも可能


[画像5: (リンク ») ]

ボトルへの名入れが可能です。シルクスクリーン、プリント、レーザー彫刻など各種印刷に対応しております。定期顧客の獲得に役立ちます。


支援4.特別なお取引条件をご用意

発注本数は初回6本から、請求書の発行も行っております。取引価格についてはお問い合わせください。
※個人のお客様は対象外となります。


REVOMAXについて


[動画2: (リンク ») ]

RevoMax Innovations(米国)は、元インテル社のエンジニアであったレオ・シャオ氏が、身近な製品をクリエイティブに再設計し、社会にイノベーションをもたらすことを使命として2015年に創立されました。RevoMaxのブランド名はRevolutionary (革新的な) + Maximize (最大化)を意味しており、革新的な発明を通して人々の利便性を最大限に高める、というメッセージが込められています。

従来のネジ込み式のキャップは、開け閉めが面倒であるばかりか、きちんと閉まっていなければ漏れてしまいます。どうすればこの問題を解決できるのか、と真剣に考えた結果生まれたのがワンタッチ開閉式の独自キャップを搭載したRevoMaxです。RevoMaxは簡単・確実にキャップを開け閉めすることができます。また、長時間の保温保冷性能も業界トップクラスです。

revomax WEB : (リンク »)
revomax Instagram : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]