編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

【海浜幕張発!!】株式会社スカイゲートがクラウドファンディングサイト『YELL』をオープン!

株式会社スカイゲート

From: PR TIMES

2020-07-01 13:00

株式会社スカイゲートが提供する新しいクラウドファンディング

海浜幕張発!!システム開発事業を展開する株式会社スカイゲート(本社:千葉市美浜区、代表取締役 板垣 健)は、独自クラウドファンディングサイト「YELL(エール)」を2020年7月1日より開始致しました。



株式会社スカイゲートのクラウドファンディング
[YELL]  (リンク »)

[画像1: (リンク ») ]


■YELLとは?

株式会社スカイゲートが運営するクラウドファンディングサイトです。

「商品購入型クラウドファンディング」の手法により低リスクで新規事業や新商品開発、サービスを実現します。

商品購入型で事前に資金を募って事業を実現するため、自社資金とリスクを抑えながら新規チャレンジが可能となります。

また来年度(2021年)には「寄付型クラウドファウンディング」の導入も予定致しております。

■YELLの商品購入型クラウドファウンディング

[画像2: (リンク ») ]


企業様のテストマーケティングなどにも最適です!!


初めての自社製品(個人も可能)で資金調達をしてみたい!
自社製品のテストマーケティングをしてみたい!
コロナ禍で大変な状況だが新規商品を開発してみたい!

この様なニーズにも最適な手法です。


経験豊富なスタッフが、起案からプロジェクト終了まで丁寧にサポート致します!!

[画像3: (リンク ») ]


■サービス開始の背景
今回、クラウドファンディングサイトを開始した背景として、運営会社スカイゲートの本社がある千葉市美浜区は千葉ロッテマリーンズの本拠地「ZOZOマリンスタジアム」がある事で有名です。「千葉」は様々なプロスポーツチームが拠点を置いているので、様々なスポーツのアスリートと接する機会が多く、その中で「千葉には様々な競技のプロチームがあるが一緒にイベントができないものか」「練習場の芝や設備にお金が掛かるが資金が足りない」「引退後を心配しているアスリートが多く、セカンドキャリアを支援できないか」等の話があり、この様なニーズに合ったクラウドファウンディングサイトを運営したいと思うに至りました。

『YELL』は、スポーツジャンル問わず様々なスポーツの課題解決を行います。野球を始めサッカー、バスケットボール、バレーボール、ラグビー、アメリカンフットボール、ボクシング、プロレス、モータースポーツ、マリンスポーツなどなど様々なスポーツ分野からの起案依頼がすでにありスポーツ全般をサポートしていきます。またサポーターが引退後も選手を支援する環境を作り、選手達が引退後の不安を少しでも軽減する環境を作ることにより、選手がもっとスポーツに集中出来る環境を作り、新しい選手とファンの相互関係を築きたいと考えております。

[画像4: (リンク ») ]


またスポーツだけでなく、地元企業のテストマーケティングをしたり、障害者支援の企画、エンターテイメント、出版、アート、カルチャー、ファッション、ライフスタイルを「総合的に」行うクラウドファウンディングサイトを目指します。


『YELL』を通して、色々なジャンルの"人と人"の出会いをプロデュースしていき、コロナが収束した後の日本を盛り上げていきたいと考えております。


[画像5: (リンク ») ]

■株式会社スカイゲートについて( (リンク ») )
事業内容
システムインテグレーション事業
ネットワークインテグレーション事業・セキュアネットワーク構築
商品販売事業 IC出席確認システム/ IC勤怠管理システム/
オフショア事業
ネットビジネス事業

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社スカイゲート 広報担当
電話:043-382-1181
FAX:043-382-1182
メールアドレス:info@sky-gate.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]