編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

循環型社会の実現に向け北見市とリユースに関する実証事業を行います!

株式会社ジモティー

From: PR TIMES

2020-07-03 11:00

タンスやテーブルなど使用可能な粗大ごみがリユース品として本日より出品されます

地域の情報サイト「ジモティー」(以下「ジモティー」)を運営する株式会社ジモティー(本社:東京都品川区 代表取締役社長:加藤 貴博)は、北海道北見市と連携してリユースに関する実証事業を行うことになりましたのでお知らせします。実証事業では北見市の広報物などでリユースの啓発活動を行うとともに、使用可能な粗大ごみのリユースを市と連携して行っていきます。リユース品は主に家具を予定しており、本日よりタンスやテーブルなどがジモティー上に出品されます。
なお、ジモティーが自治体と連携してリユースの実証事業を行うのは初めての取り組みとなります。




[画像1: (リンク ») ]


■実証事業に至った背景について
 当社は「地域の今を可視化して、人と人の未来をつなぐ」を経営理念として地域の情報サイト「ジモティー」を展開しています。ここ数年で注目を集めているリユース分野においては家具や家電を中心に、必要なものを必要な人へ届ける場を全国の利用者に提供しています。
 今回、当社と連携して実証事業を行うことになった北見市とは2019年7月に企業立地協定を締結しています。この度の連携は協定に基づく実証事業として、まだ使える不要品を有効活用し粗大ごみ収集量の減少に寄与させることが目的で実現に至りました。

 ジモティーは今後も持続可能な社会づくりへ貢献するため、リユース促進を検討している他の自治体との連携を目指します。

■北見市と連携して行う活動について
1.市内でのリユース啓発活動
・市内で配布・設置されている広報誌「広報きたみ 令和2年7月号」でのジモティーの紹介
・今後は市のウェブサイトなどでも紹介予定

2.使用可能な粗大ごみをリユースする実証事業
・市で収集した粗大ごみの中から使用可能なモノを選別し、リユース品として地域情報サイト「ジモティー」に出品
・リユース品は譲渡を希望する市民への引渡しを行う
・令和2年7月1日より下記のリユース品を出品、今後も継続して出品予定
出品物:タンス、テーブル、カラーボックス、ハンガーラック、メタルラック
[画像2: (リンク ») ]


【補足情報】
■リユース品の入手方法
◆出品物について
地域情報サイト「ジモティー」内の廃棄物対策課ページよりご確認ください
URL: (リンク »)
◆引渡し場所について
市が指定する場所(自宅への配達はできません)
◆引渡しの対象者について
北見市在住の方
◆引渡し方法について
出品物のページよりお問い合わせいただいた方に、先着順でお渡しします(電話やメールなどで連絡をいただいてもお渡しできません)
◆手数料について
リユース品は無料で譲渡します(引き取った物を売ることは固く禁止します)

■「ジモティー」について
「ジモティー」は月間で1,000万人以上が利用する地域の情報サイトで、「売ります・あげます情報」「求人情報」「不動産情報」「助け合い情報」等のカテゴリー別になった情報が、都道府県別や市区町村別ごとに掲載されています。ユーザーは登録料や手数料が一切かからず無料で使用できるため、地域の情報インフラとして全国各地に広がっています。近年の事例としては、食品の譲渡や販売を通じたフードロス削減、災害時におけるボランティア情報のやり取り、ひとり親への支援活動といった用途が増加しています。
URL : (リンク »)

■株式会社ジモティーについて
所在地 :東京都品川区西五反田1-30-2 ウィン五反田ビル4階
設立日 :平成23年2月16日
事業内容:「ジモティー」の企画・開発・運営
URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]