編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

超初心者でも安心!一人ひとりに合った最適な英語学習コーチングをミライズ英会話が提供開始

MeRISE株式会社

From: PR TIMES

2020-07-01 13:14

超初心者に最適な、英語の学習方法のコーチングサービス。-世界への挑戦をもっと身近に-

日本国内で対面/オンライン型英会話スクール、フィリピン・セブ島での英語留学スクール等を運営するMeRISE株式会社(ミライズ株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役:呉宗樹 以下「当社」)は、新型コロナウイルスの感染拡大による、教育業界でのオンライン指導の重要性の高まりを鑑み、今まで在校生を対象に行っていたオンライン英語コーチングサービスを2020年7月より新たにサービスを開始致します。



[画像1: (リンク ») ]


【サービス概要】
通学不要・完全オンライン完結型の英語学習サービスで、科学的な知見をもとに英語力上達を目指すカリキュラムを2ヶ月間サポートします。
本サービスでは独自オペレーションとテクノロジーを組み合わせ、オンラインで完結する仕組みを作り、他社比較約3分1の圧倒的低価格での提供を実現しました。
英語教育の新しい在り方をテクノロジーで実現する、いわゆる「デジタルトランスフォーメーション(DX)」をミライズ株式会社が目指す第一弾のサービスです。


【サービスの特徴】
《特徴1》
日本人のパーソナルトレーナーが一人ひとりに合った学習方法をご提案します。その学習サイクルに従って学んで頂き、アプリケーションを活用して英語学習管理をすることで、自分自身にあった最適な学習サイクルを作ることができるようになります。
また、ミライズに在籍する講師とオンラインレッスンを定期的に行いながら英語コミュニケーション能力育成もプログラムの中で実施していきます。
[画像2: (リンク ») ]



《特徴2》
ミライズ英語コーチングでは教室を設置しておらず、無駄なコストカットを行い通学不要・オンラインで完結する仕組みを作りました。その結果、他社と比較して約3分1の圧倒的低価格を実現しています。
クオリティに関しても、ミライズ留学・英会話のサービスを通して、一般の生徒様、法人研修など計10,000名以上の方の英語学習をサポートした実績もあるミライズグループがカリキュラムを監修している為、自信を持って御提供出来るプログラムとなっています。
[画像3: (リンク ») ]



《特徴3》
今までは在校生を対象にクローズドで行われていた本サービスですが、自社アンケートを行った結果、3項目(トレーナー・英会話レッスン・サポート)すべてにおいて満足度90%以上という結果となりました。
[画像4: (リンク ») ]



【オンラインコーチング時使用ツール】
zoom


【申し込み方法】
以下のHPからお申込みください。
(リンク »)


■代表メッセージ

2020年に入り、世界中に猛威を奮ったコロナウィルスの影響で、人々の価値観は大きく変わりました。通勤や、通学等今まで当たり前だったものが当たり前でなくなって行くと共に、私達が携わる教育の在り方自体も今後大きく変わっていくことが予想されます。

"テクノロジーと人のチカラで語学サービスの在り方を変える”
私達はカンパニービジョン”未来図2025”として上記を掲げています。テクノロジーの力を提供する全てのサービスに加える事で、オンラインとオフラインが融合されたOMO型でサービス提供し、語学業界のデジタルトランスフォーメーション化(DX化)を進めてまいります。
ミライズオンラインコーチングはそのDX化における第一弾として、通学不要かつ業界水準の3分の1という圧倒的な低価格で提供する事を可能にしました。
新しいチャレンジを始める事に遅いという事はありません。
私達と共に世界への一歩を踏み出しましょう。

【会社概要】
会社名:MeRISE株式会社 (リンク »)
所在地:東京都渋谷区渋谷3-15-3土屋ビル8F
設立:2012年10月1日
資本金:3,100万円
代表者:代表取締役社長 呉宗樹
従業員:140名(グループ全体)
事業内容:留学事業、スクール事業、講師派遣事業
関連会社:MeRISE,INC(フィリピン法人)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]