編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

withコロナ時代のデジタル名刺アプリ「handshake」をリリース

Ruten株式会社

From: PR TIMES

2020-07-01 18:43

スマホで簡単に作成、QRコードで交換!

Ruten株式会社は、SNSやWebサイトを1ページにまとめ、リモートでも簡単に交換ができるデジタル名刺アプリ「handshake(ハンドシェイク)」をリリースしました。
URL: (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]


【handshakeとは】
handshakeは、自身のデジタル情報を 1ページにまとめて、簡単に交換ができるデジタル名刺アプリです。

見てもらいたいSNSやWebサイト、欲しい物リストなどをアイコンとしてまとめることができ、自分オリジナルのデザインでページを作成することができます。
(例) (リンク »)

【開発の背景】
1.SNSで自由に表現活動をする時代
近年、Z世代やデジタルネイティブと呼ばれる若者たちは、SNS上で自由に表現活動を楽しんでいます。

SNSのマルチホーミング(複数のSNSプラットフォームを並行して使用すること)も当たり前になってきました。若者は、Instagram、Twitter、TikTok、YouTube等で情報発信をしながらインフルエンス力を高めています。

複数のプラットフォーム上で情報を発信する若者にとって、各プラットフォーム上に散らばった情報をどのように一か所にまとめておくのか、は大きな課題でした。

handshakeはそんな課題を解決することができます。複数のSNSアカウントをhandshake上に一括でまとめておくことで、一瞬でたくさんのSNSをシェアすることができます。

また、自由にデザインすることができるので、handshake上でも自己表現が行えます。handshakeをシェアすることで、自分の世界観をまるごと伝えることができます。
[画像2: (リンク ») ]


2.活動自粛により、人と人との出会いが減少
コロナによる活動自粛により、ほとんどのイベントが中止となったため、人と人との出会いが激減してしまいました。

handshakeを使えば、オンラインのイベントであってもオフラインと同じように人と人が繋がることができます。
handshakeのQRコードをビデオ会議のバーチャル背景に貼ることで、オンラインイベント中に自分のhandshakeページを簡単にシェアできます。

このように、handshakeはリモートでの人と人との出会いを加速します。
[画像3: (リンク ») ]



【アプリの詳細】
handshakeを交換する時は右下の「QRボタン」を押してQRコードで交換ができます。
[画像4: (リンク ») ]

handshakeのリンクをSNSのプロフィール欄に貼ったり、handshakeのQRコードをビデオ会議のバーチャル背景に貼ったりすることでも交換が可能です。


アイコンのデザイン作成はデザインツールを使用することで、スマホで簡単に作ることができます。

デジタル名刺アプリ「handshake」
URL: (リンク »)

【会社概要】
会社名:Ruten株式会社
代表:代表取締役 倉岡篤志
ホームページ: (リンク »)
お問い合わせ:info@ruteninc.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]